水のコラム

トイレタンクから水が漏れたときの対処法

2019年04月26日  水漏れトラブル

トイレタンクから水が漏れたとき、整流スポンジが原因であれば大して手間をかけずに解決できることがあります。とはいえ、状況によっては専門業者への修理依頼が必要になるかもしれません。そこで今回はどんな場合に整流スポンジが原因でトイレタンクの水漏れが起きるかご説明し、その対処法と業者への修理依頼が必要となるケースについてご紹介します。

タンクから水が漏れる原因

トイレタンクから水が漏れたとき、整流スポンジが原因になっている場合が少なくありません。

・整流スポンジがつぶれているケース
トイレタンクの水漏れでは、まずタンクのふたを開けてタンク内の状況を確認するのが一般的です。その際、備え付けの樹脂カバーの上に水が溜まっているか、その痕跡がみられるなら、タンクが水漏れする原因は整流スポンジにあることが少なくありません。多くの場合、タンクのふたを裏返すと中央部分に取り付けられた整流スポンジがつぶれています。整流スポンジがこの状態では、ふたの上面に設置された手洗い用の金具から出てくる水はタンク内にうまく運ばれません。トイレを使って水を流したとき、本来であれば手洗金具からタンク内へ流れ込むはずの水は横へはみ出してしまいます。

・整流スポンジがタンクのふたから外れているケース
整流スポンジがタンクのふたから外れている場合も、基本的な症状は同じです。トイレの使用後に手洗金具から出てくる水は、流れる方向を整流スポンジで調整できずタンク内にうまく収まりません。それでも、最初のうちは水量が少ないので樹脂カバーのなかに溜まる程度で済みます。しかし、水漏れの量が増えれば樹脂カバーだけでは受け止めきれません。そのままトイレを流し続ければ、やがて水は樹脂カバーの容量も超えてトイレタンクの外へあふれ出します。トイレのタンクから水漏れがみられるときは、樹脂カバーの状況とともにタンクのふたの裏面にある整流スポンジも忘れずチェックしてください。

タンクからの水漏れはこれで直る

タンクから水漏れする原因が整流スポンジの劣化であれば、基本的に部品交換で問題は解決します。

・作業をはじめる前に
作業をはじめる前には、まず道具をそろえます。少なくとも、マイナスドライバーと交換用の部品は必要です。交換部品はホームセンターで購入可能ですが、最近は多くの店舗で整流スポンジがみられなくなり代わりに整流ジャバラが販売されています。交換作業そのものは難しくありませんが、添付の取扱説明書に目を通しておくとスムーズに部品を付け替えられるでしょう。作業中、何かの拍子にトイレの水が飛び散る可能性もあるので、万一に備えて便器回りの床にはビニールシートや新聞紙を敷いておくと安心です。衛生面を考えて、ゴム手袋も用意しておくことをおすすめします。

作業の進め方

実際の作業では、最初に止水栓を閉めてください。マイナスドライバーで、止水栓のネジを右に回すと閉まります。止水栓を閉めたら、タンク内の水を流します。止水栓を開けたまま作業をはじめると途中で水が噴出することもあるので、くれぐれも閉め忘れないようにご注意ください。次はタンクのふたを外して、裏面の劣化した整流スポンジを取り除きます。通常、タンクのふたは垂直に持ち上げれば外れます。整流スポンジを除去した後は、はがし残しがないように気を付けてください。整流ジャバラはタンク内のカバーに取り付けるので、カバーも外して水気や汚れを落とします。きれいになったカバーに整流ジャバラを貼り付け、すべて元に戻したら作業完了です。

最後に止水栓を開け、水漏れしないか確認してください。

こんな場合は、業者へ修理依頼を

トイレタンクの水漏れが見つかったときには、ほかにもトラブルが起きているかもしれません。場合によっては、整流スポンジの状態に関係なく専門業者に修理を依頼してください。

・いつも床が濡れている
いつもトイレの床が濡れている場合、タンクでなく給水管や排水管からの水漏れが考えられます。ゴムパッキンの劣化やパイプ接続部分の緩みであれば、自分でも直せるでしょう。しかし、床下あるいは床と便器のすき間からの水漏れは簡単に修理できません。これらの症状は、通常、床下にある配水管の劣化やトイレの建て付けの悪さによって引き起こされるためです。問題の解決には、専門家の力が欠かせません。

・便座の温度調節ができない
便座が温度調節できなければ、便座そのものに問題が起きていると考えられます。トイレタンクからの水漏れにより便座が故障していたとしても、便座を修理・交換しなければ解決しません。現在、便座はいろいろなタイプが市販されているので、一般の人でも交換は可能です。とはいえ、慣れていなければ何かと手間取るものです。新しい便座を正しく設置するなら、専門業者に任せたほうが確実といえます。

・便座や便器本体にひび割れ
便座や便器本体にひび割れが見つかったら、製品の修理・交換が必要です。小さなヒビでも、トイレを使っているとき思わぬ事故を招くかもしれません。ウォシュレットや温度調節機能のある製品であれば、一般の人が不用意に解体・修理すると感電する危険もあります。トイレの使用中や修理作業中のトラブル発生を避けるためには、専門業者への修理依頼が望まれます。

まとめ

トイレタンクの水漏れは、整流スポンジを整流ジャバラに交換すれば直ることがあります。それでも、床が濡れるほど水漏れしている場合や便座・便器に不具合があるときには、それだけで解決するとは限りません。トイレを安全に使うためにも、修理や部品交換は専門業者に依頼しましょう。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

きょうと水道職人 0120-492-315

きょうと水道職人 0120-492-315