水のコラム

洗面台の故障はこうして起きる!修理方法は?

2019年04月26日  水漏れトラブル

洗面台でよく故障が起きる場所は、「排水パイプ」「蛇口」「洗面ボウル」の3カ所です。それぞれトラブルが発生する原因や対処法は異なりますが、早急に対処すれば問題の悪化を防げます。いずれの場合でも、修理方法を知っておいて無駄にはなりません。そこで今回は洗面台の故障がどのように起きるかご説明し、各トラブルの解決策もご紹介します。

排水パイプからの水漏れ

洗面台の排水パイプから水漏れしている場合、主な原因は内部パッキンや排水パイプの劣化です。

・内部パッキンや排水パイプが劣化する原因
洗面台はいろいろな用途で使われるため、排水パイプにかかる負担が小さくありません。朝は家族みんなが洗面に使い、日中も何回となく手を洗います。最近は食後に歯を磨くことも多く、場合によっては洗濯物を予洗いします。そのたびにある程度の水や洗剤が洗面台に流され、日々、排水パイプは負担を受けているのです。負荷の量は台所より大きいともいわれ、内部パッキンの劣化は避けられません。さらに洗面台を掃除するとき強力な薬品を使うとパイプ自体が傷み、ひび割れて穴が開いてしまうこともあります。洗面台の排水パイプから水漏れするときは、まずパッキンの劣化とパイプ本体の損傷を疑ってみてください。

・劣化したパッキンの交換方法
排水パイプのパッキン交換は、それほど難しくありません。事前に、新しいパッキンと排水パイプのナットを回すモンキーレンチやスパナを用意します。ナットが素手で回せる程度なら、工具類はなくても大丈夫です。作業前に新聞紙やビニールを床に敷いておくと、洗面台の周りを汚す心配がありません。準備を終えたら、ナットを回してパイプを外します。古くなったものを新品のパッキンに付け替えれば、交換作業は完了です。最後は、排水パイプを元通りに取り付けてください。排水パイプのなかが汚れていたら掃除が必要ですが、洗面台で洗うとパイプの外れたところから水が床にあふれるので注意してください。

蛇口からの水漏れ

蛇口から水が漏れるパターンは、大まかに「蛇口の先端から水がポタポタと落ちる」と「蛇口の根元から水がにじみ出る」のふたつです。

・蛇口から水漏れする主な原因
蛇口が水漏れする場合、いずれのパターンでも主な原因はパッキンの劣化です。蛇口の先端からポタポタと水が落ちるならケレップ(コマパッキン)に、蛇口の根元から水がにじみ出ていれば三角パッキンに問題があると考えられます。洗面台では、排水パイプと同じく蛇口への負担も小さくありません。1日に何回となく蛇口のハンドルをひねれば、どうしても各パッキンは傷んでいきます。そのまま放置していても、パッキンは元の状態に回復しません。時間が経つほど症状は悪化し、その間に余計な水道料金も発生してしまいます。蛇口の水漏れに気づいたときは、速やかに部品交換することをおすすめします。

・自分でできる対処方法
蛇口のパッキン交換では、あらかじめ新しい部品、レンチ、プラスとマイナスのドライバーを用意します。ピンセットや割りばしもあると、細かい作業では便利です。作業前には、必ず止水栓を閉めてください。閉め忘れると、作業中に水があふれて大変です。作業は、蛇口ハンドルの分解、内部部品の取り出し、パッキンの交換という流れで進めます、ハンドル部分は、ドライバーやレンチで上面キャップやネジを取り外すと分解可能です。内部部品を取り出したらピンセットや割りばしを使って古いパッキンを除去し、新しい部品に取り替えます。あとは、各部品を元通りに戻せば作業終了です。

洗面ボウルからの水漏れ

洗面ボウルは素材によって大きく「陶器製」「樹脂製」「ホーロー製」の3種類に分かれ、陶器製とホーロー製は破損すると水漏れにつながります。

・陶器製とホーロー製が破損する原因
陶器製の洗面ボウルは、何かがあたったときの衝撃や急激な温度変化に弱いという特徴を持っています。洗面ボウルに硬いものを落とすとひび割れる恐れがあり、熱湯がかかって傷んでしまうケースも知られています。ホーロー製は、金属の土台にガラスの釉薬をかけたものです。洗面ボウルの表面に鋭利な物体がぶつかるとガラス釉薬がひび割れ、そのまま使っていると下地の金属にサビが出てきます。徐々にサビの範囲が広がれば穴が開き、水漏れを招きます。最初は小さな傷みでも時間とともに傷口は大きくなるので、何か異変を見つけたら早急な対処が必要です。

・ひび割れたときの応急処置
陶器製とホーロー製ともに、洗面ボウルがひび割れた場合にはホーロー用補修材で応急処置できます。用意するものは、主にホーロー用補修材、ゴム手袋、耐水ペーパーです。まず耐水ペーパーでひび割れ部分の周囲を削り、滑らかな状態にします。削りカスや汚れはきれいに拭き取り、十分に乾いたら補修材でひびを埋めます。はみ出した補修材は取り除き、全体を均一にします。補修材が固まり、表面に目立った凹凸もなければ作業終了です。ただし、この方法はあくまで一時しのぎに過ぎません。本格的に修理するには高度な技術が必要ですので、専門業者にご依頼ください。

まとめ

洗面台は、いろいろな場所から水漏れします。排水パイプ、蛇口、洗面ボウル、それぞれ原因に合わせて対処しなければいけません。パッキンの交換くらいであれば自分でも処理できますが、洗面ボウルが破損したら修復は難しくなります。そんなときは決して無理せず、専門業者へ依頼すると安心・確実です。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

きょうと水道職人 0120-492-315

きょうと水道職人 0120-492-315