水のコラム

お風呂の排水口つまりは何が原因?

2019年05月29日  つまりのトラブル


多くの人が経験していらっしゃるであろう、お風呂排水口のつまり。毎日シャンプーをする以上は、流れ込んだ髪の毛を定期的に除去するための対策が不可欠です。

今回は、お風呂の排水口つまりの原因および対策をご紹介しますので、トラブルを抱えている方は参考にしてください。

髪の毛や皮脂、シャンプーなどがつまりの原因

お風呂の排水口つまりの原因でもっとも多いのが、髪の毛です。人間は1日100本程度、多い人は200本以上も脱毛しているといわれます。そのなかでもっとも抜けやすいのが入浴中のシャンプー時です。泡立てて頭髪をゴシゴシとするとき、古い髪の毛や抜け毛などが大量に排水口へと流れていきます。1日1回の洗髪だけでもその数は少なくありません。それが毎日続いて、蓄積され、そのうち「排水が悪くなった」などのトラブルにつながるのです。

髪の毛だけでなく、皮脂や垢、石鹸カスも排水口つまりの要因です。これらは髪の毛ほどのボリュームではありませんが、微小でも毎日の洗い流しで確実に溜まっていきます。シャンプーやボディソープも排水管内に残留してヘドロ化し、髪の毛などに付着してつまりの原因となるのです。

そのほか、詰め替え用シャンプーの袋の切れ端、ボトルキャップ、カミソリ、歯ブラシなどの固形物が流れてしまうと、簡単につまりを引き起こします。固形物はパイプクリーナーなどでは溶けないため、場合によっては大がかりな作業が必要かもしれません。

原因別解消方法

つまりを解消するには、その原因に応じた対策が求められます。

・髪の毛が原因のつまりはパイプクリーナーで
お風呂の排水口の流れが悪いと感じたら、まずはパイプクリーナーを試しましょう。この製品は髪の毛の主成分であるアミノ酸を溶かす性質を持ちます。パイプクリーナーには液体タイプと粉末タイプがあり、家庭用で用いられる市販品は前者のほうです。スーパーやドラッグストアなど、身近なお店で買い求めることができます。

目盛りのついたキャップ容器に、適量を注ぎます。どれくらいの量が必要かは、つまりの程度で決まります。適量を排水口に流して、15分~30分程度放置してください。その後、水を流すだけで完了です。髪の毛が原因のつまりであれば、これで解消するでしょう。

・皮脂や垢には重曹クリーナーで
パイプクリーナーを注いでもつまりが解消されない。そんな場合は、皮脂や垢などの不純物が堆積してつまりを引き起こしているのかもしれません。皮脂は油と同じく、ぬめりの原因で水に溶けにくい性質です。ぬめり解消に役立つ重曹クリーナーで退治しましょう。

ゴミ受けをとり、その中に重曹クリーナーを振りかけます。5分~30分ほど置いて、お湯を流してください。重曹が残ると排水管に白い粉が付着したままとなるため、しっかり洗い流しましょう。なお、一緒にお酢やクエン酸を混ぜる方法も有効です。

・シャンプーや石鹸カスにはクエン酸で
酸性のクエン酸は、アルカリ性である石鹸カスを溶かす成分があります。クエン酸は柑橘類や梅干しに含有される有機化合物で、トイレや洗面所などの汚れ除去・臭い消しにも有効です。化学成分配合の洗剤と異なり、体にやさしい成分だから小さな子どものいる家庭でも安心です。

解消されない場合は業者に依頼しよう

カミソリの刃やボトルのキャップなど固形物が排水口に流れてしまったら、対象物を取り出さないことにはつまりも解消しません。湯水の流れは問題なくても、排水管を損傷する恐れがあるため、早急に取り出すことが重要です。

ラバーカップを使って取れる場合もありますが、うまくいかないときは水道修理の専門業者に連絡しましょう。あきらかに固形物が流れてつまりを引き起こしている状況なら、解消されるまでお風呂の使用を控えるのが無難です。

・お風呂つまりの修理業者の選び方
水回りトラブルの修理は、水道局指定の工事店のみ引き受けることができます。資格のない業者が請け負うと、条例違反に問われる恐れがあり、修理代金の助成がある場合はそれも除外となります。お風呂つまりの解消を業者に頼む際は、必ず有資格の工事店に依頼しましょう。

オーダーする場合は、「電話で相談」→「点検」→「見積もり」→「作業」の流れになるかと思われます。誠意ある業者であれば、電話相談の段階で大まかな作業の流れや費用の詳細、作業別料金の内訳、支払い方法など丁寧に説明があるはずです。説明不足だったり、見積もりも出さず作業に入ったりする業者は信用できません。このあたりも重視して信頼できる業者を選びましょう。

日々の汚れが排水管内に蓄積されるとヘドロ状態となり、こうなるとお湯や水で流し切るのは困難です。パイプクリーナーや重曹クリーナー、クエン酸などを使って溶かしましょう。なお、固形物を流してしまった場合は化学洗剤では解決できません。専門業者に頼んで、余計なものを取り出してもらってください。
水道局指定の水道工事業者であるきょうと水道職人は、つまりによる水トラブルに対応しております。365日24時間受け付けておりますので、急な水トラブルにも迅速かつ丁寧に対応致します。お困りの際はお気軽にお電話ください。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

きょうと水道職人 0120-492-315

きょうと水道職人 0120-492-315