電話して相談する

水のコラム

トイレタンクに水がたまらない!原因と対処方法

2019年06月27日  水道修理


トイレを使っていると、時々、タンクにきちんと水がたまらなくなる場合があります。放置しているとトイレに水を流せなくなるので、衛生的ではありません。なぜトラブルが起きるか理解しておけば、適切に対処できるでしょう。そこで今回は、トイレタンクに水がたまらないケースの主な原因と効果的な対処法についてご紹介します。

止水栓やタンク内トラブルが原因の対処法

トイレタンクに水がたまらない主な原因としては、止水栓の開き忘れ、浮き球の不具合、フィルタートラブルが挙げられます。それぞれの症状に応じて、適切な対処が必要です。

・止水栓の開き忘れ
止水栓の開き忘れは、トイレタンクに水がたまらないトラブルでもっとも多いといわれる原因です。以前に自分でトイレを修理したときやタンク掃除の際、止水栓を閉めたままにしているかもしれません。トイレを流してもタンクに水が補充されなければ、止水栓が開いているか確認してください。止水栓の多くは突端にマイナスの溝があり、マイナスドライバーで反時計回りに動かせば開くので操作は難しくありません。

・浮き球の不具合
通常、トイレタンクには水量を調節する浮き球が備わっています。水に浮かんで上下に動けば大丈夫ですが、どこかに引っ掛かると正しく動作しません。部品の劣化も、トラブルを招きます。止水栓を開いても水がたまらないときは、浮き球をチェックしてください。変なところに引っ掛かってうまく動かなければ、本来の位置に戻します。古くなった部品は、新しいものに交換しましょう。

・フィルタートラブル
いずれの方法でも問題が解決しない場合、フィルターのトラブルかもしれません。フィルターは、タンクに注がれる水と一緒にサビや砂が入るのを防ぐための設備です。長く使い続けていればフィルターは徐々に目詰まりし、水が流れにくくなることも少なくありません。そんなときは、フィルターを掃除してください。止水栓を閉めてタンクの水を抜けば、フィルターを取り外して掃除できます。

タンク内メンテナンスを心がけよう

トイレタンクのトラブル予防には、タンク内のメンテナンスが効果的です。劣化した部品は適宜交換し、定期的なタンク内の清掃も心がけましょう。

・古い部品は速やかに交換
トイレタンクは、いろいろな部品から構成されています。トイレを使うたびにタンクには水が運び込まれるので、各部品は1日のうちでも何度となく水の流れにさらされます。それが何年も続けば、水から受けるダメージは小さくありません。大切に扱っていても、経年劣化は避けられないといえます。そのまま放置していればタンクの故障につながるので、古い部品は速やかに交換するのが無難です。多くの部品は、ホームセンターなどで簡単に購入できます。ほとんどの場合、交換作業も大して手間をかけずに進められます。時間に余裕があるときには、経費節約もかねて自分で交換してみるとよいかもしれません。

・タンク清掃の方法
トイレタンクを掃除するとき、まず用意したい道具は中性洗剤、柄の長いブラシ、耐水性のサンドペーパーです。ブラシは、細いタイプのほうが細部の汚れ落としに適しています。歯ブラシはあまり長くないので、奥まで十分に届かないかもしれません。止水栓を閉めてタンクの水を抜いたら、基本的に洗剤とブラシを使ってタンク本体、タンクのフタ、タンク内の各部品を清掃していきます。しつこい汚れには、サンドペーパーが力を発揮します。最後に全体を水で洗い流し、きれいになったら作業完了です。止水栓が閉まっていると水が出ないので、開け忘れには注意してください。

水道管破裂に注意

きちんとタンクを手入れしていても、給水管に水が送られてこない場合があります。そんなときは、水道管がどこかで破裂しているかもしれません。

・水道管破裂の代表的な原因
水道管破裂を引き起こす要因としては地震、凍結、老朽化が挙げられます。地震の揺れは地上では小さく感じられても、地中ではかなり大きくなっているケースが少なくありません。小規模な地震でも、地下に埋設された水道管は破裂する可能性があります。冬の寒さが厳しいときには、早朝の冷え込みに注意が必要です。しっかり寒さ対策しておかないと水道管内の水が凍結し、水道管を破裂させる恐れがあります。水道管は、長く使っていれば経年劣化も避けられません。部品の老朽化によっても、場合によっては水道管破裂を招きます。

・破裂したときの対処法
いずれの要因でも、どこかで水道管が破裂していると一般的にトイレ以外からも水は出てきません。トイレタンクに水がたまらないだけでなく家全体で水が止まっていたら、タンク周りのトラブル以外に水道管破裂も疑ったほうがよいでしょう。目に見える範囲で破裂した場所が分かれば、補修用のパテやテープを使って応急処置が可能です。ただし根本的な解決にはならないので、改めて専門業者に修理を依頼してください。地中の水道管は、簡単には確認できません。トラブルの原因が見つからないときは、水道局に問い合わせるといった方法もあります。

まとめ

トイレタンクに水がたまらない原因の多くは、タンク内の故障です。日頃から定期的にタンクの状態を確認し、こまめな清掃も心がけるとトラブル防止につながります。家中で水が流れず水道管の破裂が疑われる場合には、スムーズに問題解決するためにも何が原因か水道局に問い合わせてみることをおすすめします。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

きょうと水道職人 0120-492-315

きょうと水道職人 0120-492-315