電話して相談する

水のコラム

紙おむつをトイレに流していけないのはなぜ?

2019年07月30日  つまりのトラブル


紙おむつは、トイレに流してはいけないものです。知らずに捨てると、遅かれ早かれトイレをつまらせます。紙おむつの仕組みを理解すれば、トイレに流せない理由にも納得できるでしょう。そこで今回は紙おむつを流すとどんな事態が起きるか解説し、トイレをつまらせたときの対処方法もご紹介します。

水を吸った紙おむつはパンパンに膨れ上がる!

紙おむつは吸水性が高い材料でできているため、水に流すと膨張して便器内や排水管につまります。

・紙おむつの素材
紙おむつには、尿や水分を吸い取るための材料である「吸水性ポリマー」が使われています。とくにアクリル酸を結合したポリマーは、水との相性が非常によいことで有名。最近の紙おむつはこの特性を生かしたものが多く、ポリアクリル酸ナトリウムを顆粒状に加工した製品が主流です。

まだトイレを使えない乳幼児が紙おむつに排泄すると、ゲル状のポリマーが吸水機能を発揮し、肌や衣類が濡れて不快になるのを防ぎます。高性能の吸水性ポリマーは水を吸収した分だけ膨張する特徴をもち、そのスピードは急速です。たくさん水を吸った紙おむつは、短時間のうちに大きく膨れ上がります。

・紙おむつをトイレに流すと・・・
紙おむつをトイレに流した場合、トイレの排水を吸い込んですぐに膨らみはじめます。その後もトイレで水を流し続ければ、紙おむつの膨張は止まりません。最初のうちは水の通れるすき間が残っていても、やがてパンパンに膨れ上がり、便器や配水管をふさいでしまいます。

1枚でも便器に捨てれば、つまりの原因になります。重症化すると、つまりを解消するのは困難です。場合によっては、大がかりな作業も避けられません。

トイレに流した場合は、すぐに取り出す!

トイレに誤って紙おむつを流したら、トイレの使用を中止し、すぐに紙おむつを取り出します。初期の段階なら、手作業でも対処可能です。

・便器に落として間もない場合
紙おむつを便器に落とした直後には、「1枚くらい流しても問題ないだろう」と考えるのは危険です。面倒でも水は流さず、その場で拾い上げましょう。初期の段階であれば、簡単な作業で済みます。

うっかり水を流してしまっても、紙おむつが排水口に見えているなら慌てる必要はありません。ゴム手袋をはめてから排水口に手を伸ばし、紙おむつを回収してください。排水口から見えなくても、まだ諦めなくて大丈夫です。排水口付近の手の届く範囲に留まっていれば、取り出せる可能性は十分にあります。

・トイレがつまった場合の対処法
紙おむつでトイレをつまらせた場合も、すぐに取り除けば早期解決を望めます。作業前に用意するのは、ゴム手袋、バケツ、柄杓など水を汲み出せる道具です。作業中に水が流れると厄介なので、止水栓は最初に閉めておきましょう。

便器に水があふれていたら、先に柄杓でバケツに汲み出しておきます。作業に差し支えない水量まで減らしたら、ゴム手袋をはめて便器の排水口に手を差し込みます。紙おむつを引き出してつまりが解消されれば、作業完了です。

排水口が狭くて手が入らないときには、無理せず業者に連絡してください。ラバーカップを使うと紙おむつをさらに押し込む危険性が高いので、この方法も控えましょう。

水を流した後は、排水桝をチェック!

流した紙おむつが便器内で確認できない場合は、排水枡をチェックしましょう。

・便器や排水管を通過している場合あり
紙おむつは、すぐに膨らんでも便器や排水管に留まるとは限りません。水の勢いに押されて排水管を通過していれば、トイレはしばらく通常通りに使えるケースがあります。この場合、紙おむつは下水道の手前に埋まっている排水桝にたどり着いていると考えられます。

排水桝に流れ込んだ紙おむつも時間が経てばトイレをつまらせる原因になるので、放置できません。排水桝のフタを開けて、桝内に浮いていないか確認してください。紙おむつが見つかったら必ず拾ってゴミ箱に廃棄し、排水桝のなかを掃除しましょう。何も処置しないまま、桝の中身を下水道に流すのは厳禁です。

・何度も繰り返すと大量につまる
トイレに紙おむつを流し続けると、排水管や排水桝で大量につまります。たっぷり水を含んだ吸水性ポリマーは、もとの体積の倍以上に大きくなります。少し除去したくらいでは、つまりは解消しません。

大量の紙おむつがつまった排水管や排水桝をもとに戻すのは、非常に手間がかかります。専門業者にとっても、容易な作業ではないといわれています。そもそもトイレは、紙おむつを流せる構造になっていません。紙おむつはトイレに流してはいけないものと認識し、使用後は適切に処分してください。

まとめ

紙おむつをトイレに流す習慣はNGです。便器に落としたら早急に取り出し、必要があれば排水桝も点検しておきましょう。とはいえ手の届かない便器の奥や排水管まで流れている場合、一般の人が解決できるレベルではありません。作業に手間取っていると、紙おむつは体積を増します。つまり対処が難しいのなら、できるだけ急いで水道修理専門業者に依頼してください。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

きょうと水道職人 0120-492-315

きょうと水道職人 0120-492-315