電話して相談する

水のコラム

便器の接地面から水漏れが!困ったトイレトラブルの解決法

2019年08月30日  トイレ


トイレには、水漏れやトイレつまりなどのトラブルがつきものです。トラブルが発生したとき、原因と解決方法が分かれば、自分で対応できる可能性も高まります。今回は、トイレの水漏れについて原因別の解決方法を紹介するとともに、業者に修理を依頼するメリットや自分で修理する際の注意点をご紹介します。

原因別解決方法

便器の接地面からの水漏れを発見後、すぐに対応しなければ家具や床に被害が及びます。アパートやマンションに住んでいる場合は、階下の住人にも迷惑をかけるかもしれません。以下、原因別の解決方法をご紹介します。

・トイレの設置不良
トイレの設置不良によって便器と排水管にずれが生じ、水漏れが発生しているケースです。トイレを買い替えたタイミングや、修理で便器を取り外した際に起きる傾向にあります。

排水管との接続部位を見直す必要があるので、トイレの設置を依頼した業者、もしくは水道設備の修理専門業者に連絡してすぐに対応してもらいましょう。

・給水管やタンクの故障
トイレの後ろに設置してある給水管やタンクから水漏れが見られる場合は、給水管やタンクの接触不良や故障の可能性があります。

ナットやネジが緩んでいるだけなら締め直すことで解決します。締め直しても水漏れが収まらない場合は、パッキンが劣化している可能性が高く、業者に依頼して交換してもらうのが無難です。

・温水洗浄便座からの水漏れ
温水洗浄便座の不良によって水漏れするケースもあります。温水洗浄便座が原因と考えられる場合は、元栓を確認して開きすぎて水量が多くなっていないか調べましょう。

元栓に異常がない場合、本体の不良、もしくは接続部分のパッキンの劣化である可能性が考えられます。パッキンの劣化であれば交換で直りますが、本体の不良の場合は取り換える必要があります。温水洗浄便座の耐用年数は約10年といわれているので、実際の使用期間と照らし合わせたうえで判断してください。

・便器のひび割れ
便器のひび割れ部分から水があふれだしているケースです。便器は頑丈に作られているものの、耐荷重を超える重さや強い衝撃を加えれば割れる可能性もあります。便座の蓋を強く閉めすぎて割れることもあるので注意しましょう。

便座は、サイズや部品を間違えなければ自分でも交換できますが、難しいと感じた場合は業者に依頼するのがおすすめです。また、温水洗浄便座の場合は、電気工事が必要になるケースもあります。

・排水管の劣化
便座の下から水が漏れている場合、トイレとつながっている排水管の劣化が原因かもしれません。排水管の修復を自分で行うのは不可能なので、すぐに業者へ連絡しましょう。

・結露
冬に少量の水が漏れている場合、便器に発生した結露が原因かもしれません。室温と便器の温度に差が生まれると、便器内の水が水滴に変わります。換気扇を回し便器を温め温度差を小さくすることで、結露が発生しにくくなります。

トイレトラブルは業者に任せれば安心

トイレトラブルは、程度によっては自分で修理できるものもあります。ただし、少しでも不安があれば水道修理業者への依頼がよいでしょう。費用はかかりますが、安心して任せることができ、安全性や確実性も高いためです。トイレトラブルを業者に任せるメリットは次のとおりです。

・費用対効果が高い
水道修理業者を利用する最大のデメリットは、一定の料金がかかる点でしょう。確かに、費用の面で見ると、自分で修理したほうが安く済みます。しかし、修理道具を一からそろえ、慣れない作業に追われることなどを考慮すると、業者に依頼したほうが費用対効果は高くなる可能性もあります。

特に、トイレトラブルは、はやめに直さないとその後の使用もままなりません。業者に依頼することで、今すぐ確実に直してもらえるというのは大きなメリットです。

・ほかの不具合に気付く可能性もある
トイレトラブルは複雑な原因が絡み合って発生しているケースが多く、ひとつの原因を取り除いても別の場所で不具合が起きることもあります。そのような場合、素人では対応できず、業者に依頼することになり二度手間です。

一度ですべての不具合に対応するためにも、最初から水道修理業者に依頼するのがおすすめです。

トイレトラブルが起こった場合の注意点

トイレトラブルへの対処方法を誤れば、被害の拡大につながります。以下、対処時の注意点をご説明します。

・賃貸住宅に住んでいる場合
賃貸住宅に住んでいる場合は、トイレトラブルが発生したらまず大家さんに連絡をしましょう。大家さん自身、もしくは管理会社が提携を結んでいる水道修理業者がいる場合、格安で直してもらえるケースもあります。また、水漏れによって住宅に被害が出る可能性があることを大家さんに伝えられる点でも有益です。

・自分で修理をして原因が特定できない場合は修理業者に相談
ネジが緩んでいる、パッキンが劣化しているなど、分かりやすい原因なら自分で修理するのも良いでしょう。しかし、原因不明にもかかわらず自分で修理しようとすると、ほかの部分に影響が出る可能性もあります。一見して原因が分からないときは、すぐに水道修理業者に連絡をしましょう。

・水道費用が高額になる可能性
水漏れが発生したことで水道代が高額になる場合があります。水道局に「水漏れしたため使用量以上の水道代がかかりました」と連絡をしておけば、水道代を減額してもらえる可能性があります。

まとめ

水漏れなどのトイレトラブルは、まず原因を把握することが大切です。上記を参考に原因を探り、もし分からない場合はすぐに水道修理業者に連絡して対応してもらいましょう。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

きょうと水道職人 0120-492-315

きょうと水道職人 0120-492-315