電話して相談する

水のコラム

ティッシュペーパーを流してもつまる?トイレ使用の注意点

2019年08月30日  トイレ


本来トイレに流してはいけないものを流し、それがトイレつまりの原因になるケースも少なくありません。トイレに流しても良いものと悪いものを理解しておく必要があります。そこで今回は、トイレに流してはいけないものについてと、トイレを使用する際の注意点をご紹介します。

意外?トイレに流してはいけないもの

トイレは「トイレットペーパー」「水」「人の便」のみを流すことを想定して作られています。そのため、基本的には上記以外のものはトイレに流してはいけません。トイレに流すとつまりの原因になりかねないものをいくつかご紹介します。

・ティッシュペーパー
「トイレットペーパーを流せるならティッシュペーパーも大丈夫だろう」と考える方は少なくないでしょう。しかし、ティッシュペーパーもトイレに流してはいけません。理由は「水に溶けにくいため」です。

ティッシュペーパーは、トイレットペーパーと違い細い繊維が複雑に編み込んで作られています。編み込みが多いため、水に溶けにくくなります。また、トイレットペーパーは水溶性の紙で作られているのに対して、ティッシュペーパーは普通の紙が使用されています。

このように、ティッシュペーパーはトイレットペーパーより水に溶けにくいため、トイレに流すものではないとの理解が大切です。同様の理由でウェットティッシュも流さないようにしましょう。

・ペットの糞
ペットの糞もトイレに流してはいけません。ペットの糞には毛が多く含まれており、つまりの原因となるためです。ペットの糞は燃えるごみとして処理しましょう。

・食べ残し
食べ残しや残飯などもNGです。食べ物には油分が含まれており、排水管の内側に付着することでつまりの原因となる可能性があります。食材に含まれる油分は、一般的に販売されているパイプクリーナーでも除去が難しく、程度によっては業者でも処理できないものがあります。

トイレだけでなく排水管まで使えなくなる可能性があるので、油分を含むものはトイレに流さないようしましょう。ちなみに、これはキッチンでも同様です。

軽微のつまりなら、お湯や薬品で解消も

トイレがつまった場合、手元に道具がなく業者に依頼するのも難しいケースがあるでしょう。つまり具合が軽微であれば、お湯や薬品で解消できるかもしれません。具体的な方法をご紹介します。

・お湯とバケツでトイレつまりを解消できるケース
つまり具合が軽微で、つまりの原因が紙類による場合はお湯とバケツで解消できる場合があります。紙類以外のものがつまっている場合、お湯でふやかすことができないのでこの方法は使えません。

まず、なるべく多くの水を流すために、便器内にある水を取り除きます。そこにバケツにくんだ水を流し込み、つまりが解消されるか確認しましょう。あまり勢いよく流しすぎると、便器から水があふれる可能性があるので注意が必要です。

また、あまり高温のお湯で行うと陶器でできた便器が破損するおそれがあります。50度前後のお湯を使うと良いでしょう。

・薬品を使ってつまりを解消できるケース
お湯を使ってもつまりが取れない場合、髪の毛がつまっている場合などは、専用の薬品の使用がおすすめです。ご家庭でも入手しやすいものは、液体タイプのパイプクリーナーでしょう。ドラッグストアやスーパーなどで販売されています。

パイプクリーナーの使用方法は、便器の排水部分に直接注ぎ、数十分放置した後、水を流すだけです。製品に記載されている容量や時間を守りましょう。

排水管に直接薬品が届くように、事前に便器内の水を取り除いておくとより高い効果を発揮します。

トイレつまりはプロの業者に頼むのが無難

上記のように、軽微のトイレつまりであれば自分で解消することもできます。しかし、長年蓄積した汚れが原因でつまったケースや、異物を流したことによるつまりなどは、プロの業者に依頼するのが賢明です。トイレつまりをプロの業者に依頼するメリットをご紹介します。

・トイレつまりは早急に対応する必要がある
トイレは日常的に使用しますし、つまりを放置しておくと悪臭が充満する可能性もあります。トイレつまりには迅速に対応し、いち早く解消しなければなりません。

プロの業者は24時間365日対応しているところもあり、特殊な工事が必要にならない限り、当日中に完了します。すぐに解決できるのは、大きなメリットです。

・つまりの原因が別のところにある可能性
トイレつまりの原因がトイレットペーパーや髪の毛によるものなら、個人で解決することもできるでしょう。しかし、実際は排水管など個人では対応できない場所に原因があり、結局業者を呼ぶことになるケースも少なくありません。

最初から業者に依頼することで、つまりの原因を的確に特定でき、最低限の処置で終わらせられます。

まとめ

トイレつまりは、自分で対応できる場合もありますが、原因究明が難しく業者に依頼しなければならないケースもあります。自分では手に負えないと感じたら、すぐに業者に依頼しましょう。また、トイレつまりを起こさないように、「トイレットペーパー」「水」「人の糞」以外のものを流さないことも大切です。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

きょうと水道職人 0120-492-315

きょうと水道職人 0120-492-315