水のコラム

トイレつまりをラバーカップで解消できるのはどんなとき?

2019年09月27日  つまりのトラブル


トイレつまりの解決に役立つ道具といえば、ラバーカップ。広く知られたアイテムですが、万能ではありません。どんなトラブルなら解消できるか知っておけば、より効果的に使えるでしょう。今回はラバーカップを有効活用できる代表的なケースをご紹介しますので、つまりトラブルへの対応の際に参考にしてください。

ラバーカップとは?

ラバーカップは、ゴム製のカップが柄の先端に装着されたアイテムです。便器の排水口に密着させ、真空状態を利用して排水管につまった異物を吸引します。便器の形状に合わせ、大きく和式用、洋式用、節水トイレ用の3種類に分かれます。

・和式用
和式用のカップは、お椀を伏せたような形状をしています。和式の便器は内面全体が平坦であり、きちんと密着させるためカップの縁は水平になっています。便器の排水口は広めのものが多く、カップも比較的に大きなサイズが主体です。

・洋式用
洋式の便器は、和式と異なり内面全体が丸味を帯びています。カップの縁が水平な和式用では、うまく密着しません。洋式用はカップ中央を出っ張らせることで、この問題に対処しています。カップの出っ張り部分が排水口にはまり、便器との密着度を高められるわけです。

・節水トイレ用
節水型トイレには、つば付きのラバーカップが適しています。このタイプは、和式用のカップの縁に帽子のつばが付いたような形状です。排水口が四角い場合、「パッコンバー」と呼ばれるラバーカップがフィットします。

和式用のラバーカップは、しっかり密着できればキッチンやお風呂の排水つまりにも使用可能です。洋式用のなかには、先端の出っ張りを引っ込めて和式用として使えるタイプもあります。カップのサイズは数種類あるので、購入時には使用する場所に合ったものを選んでください。

ラバーカップが有効なトイレつまりケース

ラバーカップは、排泄物やトイレットペーパーといった水に溶けるものがつまったときに有効です。

・排泄物やトイレットペーパー
排泄物やトイレットペーパーによるトイレつまりは、ラバーカップが大きな効果を発揮する典型的なケースのひとつです。

トイレを使ったとき、うっかり一度にたくさんのトイレットペーパーを流してしまうことがあります。トイレットペーパーは水溶性ですが、すぐに細かく分解されるわけではありません。上下に曲がりくねった排水管に大量のトイレットペーパーが流れ込むと、途中で引っかかるトラブルがよく起こります。

その際、水の流れが悪くなっても軽症のうちならラバーカップで異物を引き出し解消できる場合が少なくありません。

・水に流せるお掃除シートやトイレ砂
水に流せるタイプのお掃除シートやペット用トイレ砂も、ラバーカップで対処できます。

「水に流せる」と表記されていると流す量を気にしなくなりがちですが、これらもトイレットペーパーと同じく一度にまとめて流すとトイレつまりを引き起こします。排水管をつまらせたときには、ラバーカップを使うのが効果的です。ラバーカップで大半を取り除ければ多少は残っても水に溶けてくれるのでトラブルは解決します。

水溶性のものでも大量に流すのはNGです。水が流れるからと繰り返せば、症状は深刻化します。トイレットペーパーのつまりでも、重症になるとラバーカップでの解決は容易ではありません。水に溶けるから問題ないと考えず、できるだけ少しずつ流すように心がけましょう。

ラバーカップ使用の注意点

ラバーカップの使用では、いくつか事前に把握しておきたいポイントがあります。

・便器の水はカップが浸る程度
ラバーカップを使うときには、効果を高めるため少しでも真空状態に近づける必要があります。このとき、カップのなかに空気が入らないよう注意しましょう。カップが半分くらいまで浸る程度の水量を便器内に残しておくと、空気の侵入を防ぎやすくなります。

・ラバーカップは引くときが大切
ラバーカップは真空状態から生まれる吸引力を利用するので、押すときでなく引くときが大切です。最初はカップを便器に密着させ、ゆっくり押し込みます。十分にカップを押しつぶしてから、力強く引いてください。奥にある異物は1回で吸い出されるとは限らないので、何回か繰り返したほうがよいでしょう。

・水の飛散に備えて周囲は養生
ラバーカップによる吸引作業では、つまっている異物だけでなく水も一緒に引っ張られます。便器の回りへの飛散を防ぐために、トイレの壁や床は新聞紙やビニールシートで養生しておきましょう。汚れてもよい衣服にゴム手袋を装着しておくと身軽に作業できます。

・固形物が原因のときは適さない
固形物をトイレに流してしまった場合、ラバーカップは適していません。排水口付近にとどまっているなら、手を入れて取り出すほうが確実といえます。ラバーカップを使うと、さらに奥へと異物を押し込む恐れがあるのでおすすめできません。そんなときは実績豊富な修理業者を頼ってください。

まとめ

ラバーカップは、便器の形に応じて数種類あります。トイレットペーパーや水溶性のものがつまった場合なら、高い効果を期待できます。ただし万能ではなく、固形物がつまったケースには向いていません。何回か使っても水の流れが改善しない場合は、修理業者に連絡してください。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

きょうと水道職人 0120-492-315

きょうと水道職人 0120-492-315