水のコラム

シャワーヘッドが故障? 自分で交換する方法

2019年09月27日  水のトラブル


シャワーヘッドの不調でシャワーが使いにくくなると、せっかくのお風呂もくつろげません。そんなときヘッド部分の交換方法を知っていると、快適な入浴環境を維持するのに役立ちます。そこで今回は、シャワーヘッドが不調になる原因や自分で部品交換する方法をご紹介し、水漏れが起きた場合に望まれる各種の対処法も解説いたします。

シャワーヘッドが不調となる原因

シャワーヘッドの調子が悪くなる原因としては、ヘッド部分の汚れの蓄積や破損といったトラブルが挙げられます。

・ヘッド本体が汚れると水つまり発生
シャワーの使用時に水が思わぬ方向に飛び出したときや水圧が普段より弱いと感じた場合、ヘッド本体が汚れていないか確認してください。

毎日のようにシャワーを使っていると、ヘッド部分にはさまざまな汚れが付着します。汚れの主だった正体は、水に含まれるカルシウム分やシャワーを浴びたときに飛び散ったシャンプー、石鹸、整髪料、化粧品の成分です。これらがシャワーヘッドの穴をふさぐと、うまく水が出なくなります。

最近は、節水あるいは浄水タイプのシャワーヘッドも装着可能です。節水タイプは穴が小さいため汚れがつまりやすく、浄水タイプはフィルター清掃を怠ると汚れがたまりトラブルにつながります。

・経年劣化や強い衝撃により破損
シャワーヘッドは、耐用年数が8~10年前後と考えられています。あまりメンテナンスしていない場合、5年くらいを過ぎたら汚れが目立ちはじめるといわれ劣化により破損する可能性も低くありません。

寿命を迎えていなくても、うっかり手を滑らせて落とすなど強い衝撃を与えれば亀裂が入ることもあります。

いずれにしてもシャワーヘッドが傷めば、なかなか通常通りには使えません。水が均等に出なくなるだけでなく、場所によって勢いも変わってくるでしょう。割れ口が大きければ、シャワーを使っていないときでも水が止まらなくなります。

自分で交換する方法

シャワーヘッドに各種のトラブルが起きた場合、新しい部品を用意すれば自分で交換できます。交換方法はそれほど難しくありません。

・作業前の注意事項
最近のシャワーヘッドには、いろいろな種類が見られます。どのタイプでも、すぐ交換できるとは限りません。使用中のシャワーヘッドのメーカーにあらかじめ問い合わせ、アダプターも取り替える必要があるかといった点を確認しておく必要があります。通常、メーカー名はヘッドとホースの接続部分を見れば分かります。

とくに気をつけたいのは、シャワーヘッドにストップシャワー機能が備わっている器種です。このタイプはホースと内側でつながっており、ヘッド単体では交換できません。混合水栓本体との接続部分から取り外さなければいけないので、注意してください。

・交換手順
特殊なケースを除けば、交換手順は大まかに次のとおりになります。

1. 古いヘッドをホースから取り外す
2. 必要に応じてアダプター交換
3. 新しいヘッドをホースに取り付ける

シャワーヘッドとアダプターの多くは、ねじ回しの要領で簡単に脱着できます。

いずれの部品も正しく装着しないとトラブルの原因になるので、付属の説明書は事前にきちんと読んでおきましょう。古いヘッドが硬化して動きにくいときは、強めに力を入れて回してください。作業中に水があふれないよう、止水栓や蛇口レバーは閉めておきましょう。

シャワーヘッド、アダプター、ホースの各部品が適合し、水の流れも元通りになっていれば問題なく使用できます。

水漏れが原因なら修理専門業者に相談を

シャワーヘッドから水漏れが続いている場合、ヘッド本体の故障以外にも原因が考えられます。症状によっては、専門業者に相談してください。

・まずは症状を確認
シャワーヘッドからの水漏れは、いくつかの原因で発生します。ひとつは、シャワーヘッドのなかに水が残っているケースです。これは器具の異常ではなく、修理する必要はありません。しばらくヘッドの吐水部分を上に向けておき水漏れが止まれば残り水による水漏れと判断できるので、心配しなくて大丈夫です。

ヘッドが上向きでも水があふれる状態なら、シャワー本体やバルブの故障、各部品の劣化が疑われます。この場合、どこに原因があるか発見するのは容易でなく劣化部品を交換しただけでは解決しないこともあります。

・原因究明が難しければ業者に連絡
いろいろ調べても原因が分からなければ、業者に問い合わせるのが確実でしょう。自分でバルブを交換すると、細かい部品を紛失する恐れがあります。本体の交換となれば浴槽の点検口や配管を外すことになるので、自力での修理作業は避けなければなりません。

修理業者は専門知識をもっているので、何が原因であるか速やかに把握できます。技術と経験もあり、修理作業にも長い時間を要しません。シャワーヘッドからの水漏れが手に負えないときは、専門業者に相談することをおすすめします。

まとめ

シャワーヘッドは、汚れつまりや破損により故障します。交換作業に大きな手間はかからないので、自分でも修理可能です。シャワーヘッドから水漏れが止まらずシャワー本体やバルブに問題が起きていると、原因の究明は難しくなります。適切な対処法が分からずお悩みのときは、いつでも遠慮なく専門業者にご連濁ください。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

きょうと水道職人 0120-492-315

きょうと水道職人 0120-492-315