電話して相談する

水のコラム

トイレの便座を自分で交換するときの注意ポイント

2019年11月07日  トイレのトラブル


トイレの便座は、自分で交換すると費用の節約になります。交換作業ではアクシデントが起きる可能性もあり、簡単に済むとは限りません。作業の前には、どんな点に気をつける必要があるか確認しておくとよいでしょう。そこで今回は、便座の交換方法や作業時の注意ポイント、プロにお願いしたほうがいいケースをご紹介します。

トイレの便座は自分でも交換できる

トイレの便座を交換する大まかな手順は次のとおりです。

1. 止水栓の閉鎖と給水ホースの取り外し
2. 古い便座の除去
3. 新しい便座の設置
4. 給水ホースの接続と試運転

・最初に止水栓を閉め、周辺器具を除去
便座の交換作業をはじめるときは、必ずトイレの止水栓を閉めてください。続いて、便座に伸びている給水ホースの取り外しです。接続部分の袋ナットを緩めるかクイックファスナーと呼ばれる部品を開けると、ホースを外せます。

・古い便座の除去
古い便座の多くは裏からボルトで固定されているので、まずボルトを緩めます。これで便座を取り外せますが、その前に温水洗浄便座であれば水抜きしてください。洗浄機能をもった便座は内部にタンクがあり、水がためられています。水抜きが済んだら、便座を外します。

・新しい便座の設置
新しい便座を設置するときには、先に付属の分岐金具とフレキシブル管を取り付けておきます。便座は、ベースプレートにセットするかボルトで固定します。前者なら、便器につけたベースプレートにカチッと音がするまで便座本体をスライドさせはめ込みましょう。うまく押し込めない場合には、ベースプレートをつけ直してください。

・給水ホースの接続と試運転
最後は、給水ホースの接続と試運転です。袋ナットやクイックファスナーで給水ホースを分岐金具につないだら、電源を入れてください。トイレタンクやウォシュレットを操作して水を流し、水漏れがないか一通りチェックします。何も問題なければ、作業終了です。

交換する前にすべきこと
自分で便座を交換する場合、事前にすべきことはサイズの計測と工具の準備です。温水洗浄便座の交換なら、電源の有無も確認してください。

・サイズの計測
便座を交換する際には、まずサイズを測っておきましょう。便器と同じメーカーでも、便座のサイズが合うとは限りません。いくつかの大手メーカーでは標準サイズと大きいサイズの2種類を提供している場合があり、事前確認しないまま購入してしまった便座を設置できないトラブルが実際に起きています。新しい便座を探すときには、あらかじめ使用中の便座のサイズ確認が不可欠です。

・事前に準備する工具
便座の交換作業には、いろいろな道具が必要です。とくに準備しておきたいのは、ドライバー、スパナ、モンキーレンチ、ウォーターポンププライヤー、便座締付工具です。スパナは、マイナスドライバーの機能を備えたタイプが便利です。ウォーターポンププライヤーは、さまざまなネジやナットを回すときに役立ちます。購入品に付属している工具では間に合わない可能性もあるので、自前のものがあると安心です。

・電源がなければ電気工事
新規で温水洗浄便座を導入する場合、トイレの状況を調べてください。温水洗浄便座は電化製品のため、電源につながないと使えません。室外から出入り口をまたいで電源コードを引いてくるのは、事故の原因になり危険です。トイレにコンセントやアース線端子がない場合には、業者に電気工事を頼みましょう。

プロにお願いしたほうがいいケースも

便座だけの交換なら簡単に思えるかもしれませんが、作業によっては思いのほか手間取ります。作業に不慣れであれば、無理せずプロにお任せください。

・意外に手のかかる便座の交換作業
便座の交換作業は、意外に手がかかります。まずトイレは、あまり広くありません。狭い空間で自由に身動きがとれず、作業に何時間も費やすケースが少なからずみられます。これまで作業経験がないと、ハプニングに見舞われることも。止水栓を閉めたから水は流れてこないと思い、安心して給水ホースを外したら残っていた水がこぼれ水浸しになる、などの例もあるため注意してください。

・とくに難しいのは温水洗浄便座の交換
とくに難しいといわれるのが、温水洗浄便座の交換です。このタイプは昔からある普通の便座と異なり、止水栓に分岐金具を取り付け水の流れをトイレタンクと便座の2方向に分ける必要があります。部品を正しく接続しないと、止水栓や給水ホースからの水漏れを防げません。人によっては、壁にリモコンを設置するのも苦労しています。自分には難しいと感じたら、無理をせず修理業者に頼みましょう。

・不慣れな作業は事故のもと
工具の扱いや交換作業に慣れていないと、事故を招く恐れがあります。止水栓の閉め忘れでトイレに大量の水があふれた話は、少なくありません。工具に不慣れな場合、よく発生するのが部品の破損です。ナットを締めるとき力の入れ過ぎによりパッキンを傷めることが多く、誤って給水管ごと破損するトラブルも起きています。事故防止を考えるなら、便座の交換はプロにお願いしたほうが安全・確実といえるでしょう。

弊社でも便座交換に関する相談を受け付けております。京都市右京区など京都市域でお困りの際はぜひご連絡ください。

まとめ

トイレの便座は自分でも交換できますが、事前のサイズ計測は大切です。作業をスムーズに進めるには、工具も一通り準備しておくとよいでしょう。ただ、作業自体は思っているほど簡単ではないかもしれません。無理するとアクシデントを招くので、うまく設置できないときはプロに依頼しましょう。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

きょうと水道職人 0120-492-315

きょうと水道職人 0120-492-315