水のコラム

蛇口の水漏れは自分で直せる?業者に頼むと良い理由

2019年11月29日  水漏れトラブル


みなさんは、蛇口から水漏れが起こったとき、どのような対処をしますか?
蛇口の水漏れは、意外と多い水トラブルのひとつです。まだ蛇口の水漏れの経験がない方でも、年数とともに水道周りも劣化し、水漏れをする恐れがあります。

そこで今回は、蛇口の水漏れが起こった時の対処法についてご紹介します。

蛇口の水漏れトラブルはなぜおきるのか

蛇口をしっかり閉めていても、水がポタポタ落ちて止まらないということはありませんか?
ハンドルタイプの蛇口の水漏れが起こってしまうのは、ハンドルに関わるスピンドル部分が破損、もしくは劣化していることが主な原因です。蛇口のスピンドル部分は、長い年月が経つとどうしても劣化してしまうものです。そのたびに新品に交換する必要があります。
一方で、レバータイプの蛇口の場合は、レバーの中のカートリッジやパッキンなどのゴム部分の劣化・バルブの劣化、故障が原因であることがほとんどです。

どちらの蛇口のタイプであっても、水漏れは部品の劣化・損傷が主な原因です。部品の劣化による水漏れトラブルは蛇口だけではなく、トイレや洗面所、お風呂なども部品の損傷・劣化による水漏れのリスクがあります。水漏れを未然に防止するためには、こまめなメンテナンスとチェックが重要といえるでしょう。

自分で直せる?簡単対応方法

蛇口の水漏れを確認したとき、まずは自分で直そうと試みる方が多いでしょう。
その際は、まず「どこから水漏れが起こっているのか」を把握することが大切です。原因を特定したうえで、必要な工具を用意して修理をはじめましょう。

□蛇口の水漏れで準備しておくべき4つの工具
蛇口の水漏れの際に活躍する4つの工具アイテムをご紹介します。

① モンキーレンチ…ボルトを回すときに必要な工具です。ボルトを締めたり緩めたりするときに使い、ボルトをつかむアゴ部分の幅をウォームギヤで自由自在に調整して変えることができます。また、トルクレンチという力の締め付け具合がわかるようにメモリがついた工具もあるため、必要に応じて用意しましょう。

② 精密ドライバー…ネジを外すときに使う工具です。ハンドルの形状やネジの大きさによってさまざまな種類があるため、該当の精密ドライバーを準備しておきましょう。

③ ピンセット…内部の細かい部品を取り出す時に便利な工具です。安いものは100円前後で手に入るため、手軽に用意ができます。

④ 水栓レンチ…蛇口そのものを外すときに使う工具です。水栓は手で回すことで取り外すことも可能ですが、うまく回せなかったり、無理やり外そうとすることで水栓に傷をつける可能性もあります。水栓レンチは水栓にあたる部分がゴムか樹脂に包まれているため、水栓を傷つけずに蛇口を外すことができます。

□蛇口の水漏れがわかった時の対処法
蛇口の水漏れの原因はさまざまで、その原因にあった対処をしていく必要があります。
こちらでは、蛇口の水漏れのきっかけとして多い、パッキンの劣化の場合の対処法についてご紹介します。

●パッキンの劣化が原因の場合の対処法
水を出しているときに蛇口周りから水漏れする場合に多いのが、パッキンの劣化による水漏れです。このケースでは、パッキンを新品に交換する必要があります。

手順1.水道の元栓を閉める
作業途中に水が飛び散ってしまうことがあるため、水道の元栓を閉めましょう。

手順2.レバーを外す
ドライバーを使って固定されたネジを外しましょう。

手順3.レバー下の部品を外す
レバー下の部品を取り外します。その際、モンキーレンチを使って反時計周りに回して緩めると外しやすいでしょう。

手順4.パッキンを新品に交換する
シングルレバー混合水栓の部品を外したら、2か所のパッキンを両方とも交換しましょう。

手順5.部品を元に戻して元栓を開ける
パッキンの交換作業が完了したら、すべての部品を元に戻します。水道の元栓を開けて水の出具合を確認しましょう。

水道修理のプロを呼ぶ場合
蛇口の水漏れが発生して水道周りの修理をするとき、自分で対処できる場合もありますが、専門業者への依頼が必要な場合もあります。
数ある水道修理業者のなかで、どの業者に依頼すべきか悩むという方は多いでしょう。
信頼できる水道業者を選ぶため、次の点に注意しましょう。

①複数業者から見積もりをとる
業者によって料金が変わるのはよくあることです。1社のみで判断するのではなく、3社ほどから見積もりを取ることで、料金相場を確認しましょう。そのうえで、見積もりに来た作業員の対応や説明に納得がいった業者に作業の依頼をするのがおすすめです。

②見積もり依頼は「出張・見積もり無料」の業者へ
見積もりをとる際に費用が発生する業者もありますが、あまりおすすめできません。見積もりの時点で費用がかかると、そのままの流れで他社と比較することなく依頼をしてしまうケースが多くあります。無料で見積もりを取ってもらえる業者に依頼し、しっかり業者の比較をしましょう。

③深夜と早朝の依頼は避ける
多くの業者の場合、「夜間・早朝料金」を設定しているため、本当に緊急時以外の場合は依頼を避けたほうが良いでしょう。夜間・早朝料金はおおよそ3000~1万円といわれており、業者によって違いますが、21時~8時の時間帯は追加料金がかかるケースが多くあります。
夜間・早朝料金を事前にしっかりと確認しておきましょう。

京都での水道修理はきょうと水道職人へ

京都で蛇口の水漏れにお困りの方は、ぜひお気軽にきょうと水道職人へご相談ください。
蛇口の水漏れの原因はさまざまで、自分で直せない場合も中にはあります。間違った対処法で事態を悪化させないためには、専門のプロに頼むほうが安心です。

きょうと水道職人では、京都密着型の企業として、蛇口の水漏れはもちろん様々な水回りのトラブルに対処することができます。24時間365日対応で、いつでもご相談いただけます。
出張でお見積りを無料でだすことができますので、水トラブルにお悩みの方はお気軽にご連絡ください。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

きょうと水道職人 0120-492-315

きょうと水道職人 0120-492-315