電話して相談する

水のコラム

トイレから水漏れで水道代が上がった!全額払わなきゃいけないの?

2020年02月04日  トイレのトラブル


トイレの水漏れは、気づかないまま放置すると水道代が大幅に上がり大変です。高額料金を請求されたら、全額を払わなければいけないか不安に感じるでしょう。そんな場合、有効活用したいのが、水道料金の減免制度です。水漏れの状況によっては、水道代を減額してもらえます。そこで今回は、水漏れしやすい場所と原因をご紹介した後、減免制度の概要や専門業者に相談したい水漏れのケースを解説いたします。

気をつけたいトイレの水漏れ

トイレで水漏れした場合、水が流れた分だけ水道代は加算されるので気をつけなければいけません。

・トイレで水漏れしやすい場所と原因
トイレで水漏れしやすい場所は、配水管、床回り、トイレタンク、便器本体、ウォシュレットの5カ所です。

トイレの配水管にはゴムパッキンが取り付けられており、劣化が進むと金具部品とのすき間から水が漏れます。接続部分のナットのゆるみも、水漏れを招きます。床回りで水が漏れている場合、配水管の結露や劣化あるいは便器の設置不良が主な原因です。

トイレタンクの水漏れでよく見られるのは、器具の破損です。便器からの水漏れなら、便器本体のひび割れや配水管と接続する部分の劣化・破損が疑われます。ウォシュレットが水漏れする原因は、ノズルの劣化や給水ホースの破損です。

・水漏れを発見したら早めに対処
水道メーターは、通常使用か水漏れかを問わず回り続けます。トラブルを発見したら、水道代への上乗せを避けるため早めの対処が望まれます。

古くなったパッキンや部品の交換は、比較的に簡単です。配水管やタンク内の器具はドライバーやレンチで分解可能であり、たいてい劣化品を新品に取り替えるだけで作業は終わります。交換部品の多くはホームセンターやネットショップで販売されており、自分で交換すれば出費を抑えられます。ナットのゆるみも締め直せばよいので、手間はかかりません。

ただし水漏れの原因や場所によっては、簡単な処置で済まないことがあります。手間取っていると、その間も水道代が増えていきます。手に負えないと判断したら、早めに専門業者に相談しましょう。

知っておきたい水道料金の減免制度

トイレの水漏れにより水道代が上がったときに備え、あらかじめ知っておきたいのが水道料金の減免制度です。

・水道料金の減免制度とは
水道料金の減免制度とは、その名の通り上下水道の利用料金が安くなる制度を指します。減免対象者として条件を満たせば、地域の自治体に申請できます。

・トイレで水漏れした場合の条件
トイレの水漏れは、発生場所によっては気づきにくいといわれます。知らないうちに漏水していた場合、減免制度が適用される主な条件は以下の4つです。

・トイレの使い方には問題がない
・発見しにくい場所で水漏れ
・漏水が連続している場所ではない
・適切に修繕が施されている

あくまで水道代の減額措置であり、無料にはなりません。具体的な金額は、トラブルが起きる前の料金を参考に決まります。通常時の2~4カ月の利用状況をふまえ、どれくらい漏水したか推測します。減免を見込める金額は、総額のおおよそ50~70%です。

・減免申請は修繕を済ませてから
水道代の減免措置を申請できるのは、上記の条件にも示した通り漏水場所の修繕を済ませた後です。

敷地内の水道設備は、利用者に管理責任があります。漏水が見つかったら、利用者自身が修理業者に工事を依頼することになります。どこにでも頼めるわけでなく、地元の水道局が工事を担当できる業者を指定しているケースが一般的です。

工事を終えたら、申請手続きに移ります。水道局が発行する申請書に必要事項を記入し、受付窓口に提出。その際、修理完了の証明となる領収書や書類を添付する必要があるので事前に工事業者から受け取っておきましょう。

詳細は自治体によって異なるので、管轄部署に問い合わせておくと安心です。

水漏れの相談は必ず指定業者へ

トイレの水漏れは、簡単に解決できるものばかりではありません。問題が起きた際には、水道局の認定を受けた指定業者に相談すると安心です。

・処置が難しくなるケースとは
トイレで水漏れしたとき処置が難しくなるケースは、便器・配水管の劣化・破損やウォシュレットの電子部品の故障です。

便器が破損した場合、メーカーは安全面に考慮して交換を推奨しています。多少のひび割れであっても、補修は一時しのぎと考えるのが妥当です。根本的に解決するには、便器本体を取り替える必要があります。

配水管は、トイレの壁や床下へ伸びています。目に見えない場所の漏水は、発見するのが困難です。ウォシュレットの電子部品は、専門的な知識がないまま取り扱うと被害を拡大する恐れがあります。

いずれのケースでも、適切に処置してトイレの水漏れを止めるには専門業者に修理を依頼するのが確実です。

・相談は指定業者に
すでに述べた通り、水漏れの修繕工事は水道局から認可された業者でないと引き受けられません。何か相談する際には、指定業者に連絡しましょう。とはいえ顔なじみの指定業者がいないと、どこに相談するか迷うかもしれません。

京都にお住まいであれば、水のサポ―ト京都にお電話ください。ご依頼があれば、京都市右京区や京都市伏見区の現場に素早く駆けつけます。水道局指定店であり、確かな知識・技術をもったスタッフが修理を担当いたします。

まとめ

トイレの水漏れは、発見が遅れると水道代に大きく影響します。異変に気づいたら地域の指定業者に相談し、早めに対処しましょう。減免制度の条件を満たしている場合には、工事終了後に申請することをおすすめします。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

きょうと水道職人 0120-492-315

きょうと水道職人 0120-492-315