水のコラム

洗濯機の水漏れはどこから?原因を特定し早めの対処を

2020年02月04日  水のトラブル


洗濯機は、自宅にある水道設備のなかでも使用頻度が高く、水漏れのリスクが高い場所です。とくに、蛇口・給水ホース・排水口からの水漏れが多く、対処法を知っておくと被害の拡大を最小限に抑えられます。今回は、洗濯機の水漏れについて3つの原因別に対処法をご紹介します。修理業者を依頼する前に応急処置を行う際にも活用可能です。

蛇口からの水漏れ

蛇口は、外部の水道管と洗濯機の給水ホースをつなぐ役割を果たします。壁と直接つながっており、接続部が多いため水漏れも起きやすい場所です。

蛇口周りの水漏れには4つのタイプがあります。具体的な事例と解決法は以下の通りです。

壁との接続部分
壁との接続部分である蛇口の根元は、経年劣化や壁の腐食によって水漏れが発生します。この場合、蛇口本体を交換して水漏れを解消します。ただし、壁の奥にある配管と蛇口をつなぐには、専門知識と部品が必要です。経験がない場合は、水道業者に依頼するのがおすすめです。

ハンドル部分
ハンドル内部にあるパッキンの劣化、根元にあるナットの締まりが悪いなどの原因で水漏れが発生します。この場合、ナットの締め直しやパッキンの交換で水漏れが解消可能です。新しい部品とモンキーレンチがあれば自分でも難しくありません。少しでも不安のある方は専門業者へ連絡しましょう。

ナット
蛇口の先端部分についたナットの締まりが悪くなることで、水漏れが発生するケースもあります。ハンドル部分のナットと同様、ゆるんだナットを締め直せば水漏れは解消されます。

ニップル
蛇口と給水ホースをつなぐニップルの劣化や、固定しているネジがゆるむことで水漏れが発生します。ネジがゆるんでいるのであれば、締め直せば水漏れは直るでしょう。ただ、ニップルそのものや内部のパッキンが劣化した場合は、ニップル本体を交換する必要があります。ニップルはホームセンターなどで購入可能です。

給水ホースからの水漏れ
給水ホースは、蛇口から出てきた水を洗濯機本体へ運ぶ役割を果たします。勢いよく水が流れる分、ホースや接続部分の劣化が見られ、水漏れにつながるケースも少なくありません。

給水ホースを原因とする水漏れにはふたつのタイプがあります。それぞれの対処方法は以下の通りです。

給水ホースの両端
給水ホースと蛇口の接続部分、洗濯機との接続部分は、汚れのつまりやパッキンの劣化によって水漏れが発生しやすい場所です。汚れがつまっている場合は、洗濯機から給水ホースを取り外し、内側を洗浄しましょう。この際、給水ホース内の残留水が出てくる可能性があるため、作業前にバケツや雑巾を用意してください。

給水ホース自体
劣化や裂傷によりホースに穴が開くと、給水ホースから水漏れが発生することもあります。損傷が見られる場合には、給水ホース自体を交換する必要があります。ホームセンターやインターネットで購入できるため、ご自宅の環境に合ったサイズのホースを選びましょう。

排水口からの水漏れ

排水口は、洗濯に使用した水を外部の排水管へと流す役割を果たします。水量を調整できず、一度に大量の水が流れるため、水漏れが発生しやすい場所のひとつです。

排水口を含めた排水部分の水漏れには4つのタイプがあります。それぞれの対処方法は以下の通りです。

排水ホース自体
給水ホースと同様、排水ホースの劣化や裂傷によって穴が開くと、その部分から水漏れが発生します。排水ホースは、水だけでなく洗剤なども流れるため、給水ホースと比べて劣化が早いといわれます。定期的に状態を確認し、補修や交換を行いましょう。排水ホースは、給水ホースと同様ホームセンターやインターネットで販売されています。

排水ホースの両端
排水ホースと洗濯機、排水口の接続部分も水漏れが発生しやすい場所です。つなぎ目がしっかりとはまっているか確認し、汚れはきれいに取り除きましょう。耐久性に不安がある場合は、つなぎ目をビニールテープで補強するのがおすすめです。

排水ホースと延長ホースのつなぎ目
洗濯機は、設置場所によっては排水ホースが排水口まで届かず、延長ホースが必要な場合もあります。延長ホースを使用すると接続部分が増えるため、水漏れのリスクが高まります。排水ホースと同様、つなぎ目部分をきれいに掃除し、ビニールテープで補強すると安心です。

排水口
排水口に汚れが溜まると、水の通り道がなくなり水漏れにつながります。フタや排水エルボなどの部品を取り外し、排水口の清掃を行いましょう。汚れた部分に重曹をふりかけ、水に溶かしたクエン酸を流し込むと、汚れやカビが落ちやすくなります。

まとめ

洗濯機の水漏れは、自分で直せるケースもあります。原因が目に見えている場合など、対応できそうなものは挑戦してみましょう。被害を最小限に抑えるには、早めの対応が必要不可欠です。ただし、原因が判然としない、自分では直せそうにない場合には、きょうと水道職人までお問い合わせください。京都市・宇治市・舞鶴市など、幅広い地域の水道トラブルに年中無休でご対応いたします。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

きょうと水道職人 0120-492-315

きょうと水道職人 0120-492-315