電話して相談する

水のコラム

洗濯機排水口がつまって使えない!原因と対策、予防法を知ろう

2020年02月28日  つまり

洗濯機は、日常生活に欠かせない家電のひとつです。しかし、使用頻度が高いため故障することも珍しくありません。とくに、排水口のつまりに悩まされたことのある方も多いでしょう。今回は、洗濯機の排水口つまりの原因や対策、予防法についてご紹介します。

洗濯機排水口つまりの原因は?

「水しか流れていない洗濯機の排水口がなぜつまるのか?」と考える方もいるでしょう。しかし、実際に洗濯機の排水口を流れているのは水だけではありません。

 洗剤の残りカス
 髪の毛
 紙くず
 糸くず
 ほこり
 衣服に付着した土や泥

洗濯機の排水口のつまりは、水に混ざった上記のような不純物が固まることで生じます。レシートやティッシュなどをポケットに入れたまま洗濯した、といった経験がある方も多いでしょう。自宅でペットを飼っている場合、その毛が排水口につまるケースも考えられます。

また、「排水口の掃除のしにくさ」もつまりを引き起こす原因のひとつです。浴室やキッチンの排水口は、ふたを開けてすぐに掃除ができるため、比較的つまりにくいといえるでしょう。しかし、洗濯機の排水口は洗濯機の真下に取り付けられているケースも多く、簡単に掃除ができません。洗濯機を移動できても、排水エルボを取り外さなければ掃除ができず、普段からこまめに掃除できていない方も多いでしょう。長い期間放置してしまったことで汚れが蓄積し、排水口のつまりにつながるのです。

・実際にはつまっていないケースもある
洗濯機にエラー表示が出ていても、排水口のつまりが原因とは限りません。実際には、以下のような可能性も考えられます。

 洗濯機本体の故障
 排水ホースが折れ曲がっている
 排水ホースやトラップの凍結
 洗濯機の設置場所が不安定

洗濯機が正常に動かない場合は、焦らず落ち着いて原因の究明に力を注ぎましょう。自力で解決するのが難しい場合は、専門業者へ依頼すると安心です。

有効な対処方法について

洗濯機の排水口のつまりは、軽度であれば自力で解決可能です。ここでは、排水口のつまりに有効な対処方法について、具体的な手順をご紹介します。

1.洗濯機を移動して溜まった水を捨てる
まずは、洗濯機のコンセントを抜き、作業がしやすいように移動させましょう。漏電や感電に十分注意してください。その後、排水しきれずに溜まってしまった水を取り除きます。

2.排水エルボやトラップを取り出す
排水エルボや排水トラップを取り出すことで、異物が排水口へ流れるのを防げます。排水エルボとは、ホースの先端についている管のことで、排水トラップは下水のにおいが外部へ漏れるのを防ぐ機構です。

3.パイプクリーナーや重曹でつまりを解消する
排水口のつまりは、パイプクリーナーで解消できます。軽度のつまりであれば、市販品で十分対応可能なため、用法・用量を守って使用しましょう。パイプクリーナーを準備できない場合は、重曹とクエン酸でも代用できます。つまり部分に重曹1カップを振りかけ、そこにぬるま湯1カップとクエン酸小さじ2杯を混ぜ合わせたものをかけましょう。その後、30分ほど放置します。

4.排水口を水で洗い流し、部品や洗濯機を元に戻す
排水口を水で洗い流します。水があふれないよう、何回かに分けて水を注ぐと安心です。最後に取り外した部品を洗濯機に取り付け、洗濯機を元の場所に戻したら完了です。

次からつまらせないためにはこうして予防!

洗濯機の排水口をつまらせないためには、日ごろの対策が重要です。ここでは、排水口のつまりを防ぐ予防法をご紹介します。

・定期的に排水口や洗濯槽の掃除をする
洗濯機の排水口をつまらせないためには、排水口や洗濯槽の定期的な掃除が効果的です。排水口のつまりは、汚れや不純物の蓄積によって発生します。定期的に掃除しておけば、通常の使用方法でつまることはないでしょう。

また、排水口や洗濯槽を常に清潔な状態に保っておくことで、異臭の発生も防ぐことができます。掃除の目安は月に1回程度で十分です。

・外置きの洗濯機には専用カバーをかける
洗濯機を屋外に設置している物件もあります。外置きの洗濯機は、ちりやほこりによって不具合を起こしやすいといわれています。そこで、外置きの洗濯機には専用のカバーをかけるのがおすすめです。洗濯機カバーは、表面をすっぽりと覆うことができるため、不純物が入るのを防げます。

まとめ

排水口がつまると洗濯機が正常に動かないだけでなく、最悪のケースでは故障してしまう可能性もあります。洗濯機にエラー表示が出たら、落ち着いて原因を突き止め、排水口がつまっている場合はパイプクリーナーや重曹で対応しましょう。軽微なつまりであれば十分取り除けるはずです。

市販の薬剤では取り除けないつまりは、専門業者へ依頼するのが安心です。きょうと水道職人では、京都市伏見区や山科区など、京都府全域の水に関するトラブルの解決に尽力しています。お困りの際は、ぜひお問い合わせください。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

きょうと水道職人 0120-492-315

きょうと水道職人 0120-492-315