水のコラム

トイレタンクが故障した!修理はどうする?

2020年02月28日  トイレのトラブル

トイレは、水回りのなかでも故障の多い場所です。とくに、トイレタンクが故障すると部品の交換が必要なケースもあり、事前知識がないと対応できません。そこで今回は、トイレタンクが故障した場合の修理方法、業者に修理を依頼する際の流れや注意点などをご紹介します。

症状で分かるトイレタンク故障

まずは、トイレタンクの故障の原因を明らかにしなければ、適切な修理を行えません。ここでは、トイレタンクの故障状況から原因を調べます。事前にトイレタンクのフタを開けておきましょう。

・タンクの水位が通常より高い
まずは、トイレタンクの水位が通常より高い、または実際にタンクから水があふれているケースです。タンク内の正常な水位は、オーバーフロー管と呼ばれる部品の先端から2~3cm程度といわれています。タンク内の水位が標準水位より高い場合は、タンク内の水の出入りを調整している「ボールタップ」が原因と考えられます。

・タンクの水位が通常より低い
次は、タンク内の水位が通常より低い、またはタンク内に水が溜まっていないケースです。先ほどの標準水位に照らし合わせてみてください。タンク内の水位が低い場合は、鎖やフロートバルブ、レバーなどが原因と考えられます。

【症状別】修理方法

トイレタンクの修理は、症状によっては自分でも可能です。ここでは、上記の症状別にトイレタンクの修理方法をご紹介します。

・タンクの水位が通常より高い場合
タンク内の水位が通常より高い場合、ボールタップが原因と考えられます。ボールタップとは、タンク内の水の出入りを調整する部品で、水面に浮かぶ浮き球の先に取り付けられています。まずは、この浮き球を持ち上げてみましょう。浮き球を持ち上げると水が止まる場合、ボールタップを調整することで症状が改善します。

具体的には、ボールタップの付け根部分にある「調節リング」を左に回して、標準水位になるよう調整しましょう。調節リングは、右に回すと水位が高くなる、左に回すと水位が低くなると覚えておくと便利です。

浮き球を持ち上げても水が止まらない場合、ボールタップ内の給水弁が故障している可能性があります。そのため、ボールタップの交換が必要です。ボールタップはホームセンターなどで販売されているため、トイレタンクに設置できるタイプを選んでください。交換の手順は下記の通りです。

1. 新しいボールタップ、ドライバー、モンキーレンチ、ゴム手袋を用意する
2. トイレのフタ、カバーを外す
3. レバーを回してタンク内の水を抜く
4. ボールタップを固定しているふたつのナットをモンキーレンチで外し、古いボールタップを取り出す
5. 新しいボールタップを反対の手順で取り付ける

どちらも、作業前に必ず止水栓を閉じてから行ってください。作業後は止水栓を開き、水を流した後にタンク内の水位が標準水位となるか確認しましょう。

・タンクの水位が通常より低い場合
タンク内の水位が通常より低い場合、鎖やフロートバルブ、レバーなどが原因と考えられます。レバーを回して水が流れ終わったにもかかわらず、レバーが元の位置に戻らない場合はレバー本体の故障、元の位置に戻る場合は鎖やフロートバルブが故障していると考えてください。

フロートバルブの故障は、新しいものへ交換することで解消できます。フロートバルブは鎖とセットで販売されているため、ぜひ探してみてください。交換手順は以下の通りです。

1. 新しいフロートバルブ、レンチ、ドライバー、ゴム手袋を用意する
2. トイレのフタとカバーを外す
3. レバーを回してタンク内の水を抜く
4. 持ち上げて鎖とフロートバルブを取り外す
5. 新しい鎖とフロートバルブを反対の手順で取り付ける

レバーを交換する際の手順も下記でご紹介します。

1. 新しいレバー、ドライバー、レンチ、ゴム手袋を用意する
2. トイレのフタとカバーを外す
3. レバーを回してタンク内の水を抜く
4. レバーにつながっている鎖と、根元を固定しているナットを外し、古いレバーハンドルを取り外す
5. 新しいレバーを反対の手順で取り付ける

レバーには取り付ける向きが存在します。部品を取り外す前に、どんな向きで取り付けられているか、写真を撮っておくと便利です。

修理を業者にお願いする場合の流れと注意点

トイレタンクの故障は、自分でも対応できるものの、業者に依頼したほうが安心かつスムーズです。実際に業者に依頼する場合は、下記のような流れで進みます。

1. 電話やインターネットなどでの申し込み
2. スタッフが訪問し、作業説明と見積もりの提示
3. トイレタンクの修理作業
4. 作業料金のお支払い
5. アフターフォロー

会社によっては見積もりまで無料のところもあれば、一定の料金が必要なケースもあります。出張料の有無なども異なるため、修理業者の選定は慎重に行いましょう。

・最低3社から相見積もりを取ろう
トイレタンクの修理を業者に依頼する場合は、最低でも3社から見積もりを取りましょう。前述の通り、見積もり料や主張の有無などが会社によって異なるためです。また、「他の業者の料金を見てから」値下げに応じる業者もあります。本命の業者は最後に見積もりを取ることで、値下げを実現できるかもしれません。

まとめ

トイレは毎日使用するため、タンクの故障で1日でも使えないと不便に感じます。もちろん、自分で修理を行うこともできますが、少しでも不安を感じたら業者に依頼し、スムーズに解決するのがおすすめです。

舞鶴市や亀岡市の水道修理業者であるきょうと水道職人では、トイレタンクの修理も実施しています。24時間365日電話対応しているため、少しでも異変を感じたらすぐにご連絡ください。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

きょうと水道職人 0120-492-315

きょうと水道職人 0120-492-315