水のコラム

ウォシュレットの寿命はどれくらい?交換する方法

2020年07月01日  トイレ

ウォシュレットに故障や不具合があるときは、修理をするよりも新しい製品へ交換したほうが好ましい場合があります。ウォシュレットを使用している年数をご確認のうえで、交換をご検討ください。ここでは、ウォシュレットの寿命や交換方法をご紹介します。

トイレのウォシュレットの寿命

多くの家電に寿命があるのと同じように、トイレのウォシュレットにも寿命があります。一般的に、ウォシュレットは使用開始から7年程度で故障や不具合が起こりやすくなるといわれます。場合によっては、10年程度使い続けられることもあるようです。目安としては使用開始から7年が経過していれば、交換を検討しても良いでしょう。寿命を迎えたウォシュレットによくある故障や不具合として挙げられるのは、以下の症状です。

・電源が入っているのに動かない
・水漏れが起こっている
・ノズルが出る/戻る動作をしない
・設定しても温水が出ない

これらのなかには、修理により改善される症状もあります。ただし、寿命を迎えたウォシュレットを修理しても、再度同じような故障や不具合が生じるリスクがあるでしょう。そのため、多くのケースでは修理よりも新品への交換が推奨されます。

ウォシュレットを自分で交換するときの手順

ウォシュレットの交換は、専門業者に依頼するほかに、自分で作業する方法があります。作業には工具が必要で、やや難易度が高いといえます。時間はかかりますが、業者に依頼するより費用を抑えられる場合があるため、まずは手順を確認してみましょう。

ウォシュレットの交換作業では、最初に止水栓を閉めて水を止めることから始めます。作業中の水漏れトラブルを防ぐため、必ず水を止めましょう。止水栓は、基本的にトイレのタンクの横に設置されています。ハンドルが付いていれば、そのまま手で右方向へ回します。ハンドルがない場合は、マイナスドライバーを使用して、右方向へ回しましょう。

次に、古いウォシュレットの給水管と分岐金具を取り外します。ナットを緩めるためには、モンキーレンチなどの工具が必要です。取り外しが完了したら、新しいウォシュレットの分岐金具とフレキシブル管を取り付けましょう。古いウォシュレットの本体を固定しているナットを緩め、本体とベースプレートを取り外していきます。

新しいウォシュレットのベースプレートを取り付け、さらには本体を取り付けたらナットを締めて固定します。新しい給水ホースを取り付け、ウォシュレットと分岐金具が接続されたら完成です。この状態でウォシュレットの電源プラグをコンセントに差し込んで、試運転を行いましょう。ウォシュレットに水漏れやガタつきなどがないことをご確認ください。

ウォシュレット交換は専門業者に依頼すると安心!

ウォシュレット交換は、DIYでも対応できます。自分で交換すれば、業者に依頼した場合の作業費用を節約できます。ただし、作業には専用の工具が必要です。また、正しく取り付けできない場合には、温水便座からの水漏れや、故障につながるおそれがあります。作業に慣れていない方や、ご自宅に専用の工具がない方は、専門業者に依頼したほうが安心です。

ウォシュレットに対応しているのは、水道工事の専門業者です。お住まいの地域に出張できえる業者を探してみましょう。その際は、信頼できる水道局指定店へ依頼していただくことをおすすめします。ご自宅のウォシュレット交換には、たしかな知識と技術をもつスタッフを派遣できる専門業者をお選びください。

ウォシュレット交換の費用相場

ウォシュレット交換を専門業者に依頼した場合、作業にかかる費用の相場は2万円前後といわれます。ただし、取り付けるウォシュレットの種類により、追加で費用が発生することがあるため、あらかじめ確認しておきましょう。また、交換により古いウォシュレットを処分する場合には、処分の費用が発生することがあります。

専門業者にウォシュレット交換を依頼する場合には、まず見積もりを依頼して、費用の詳細をチェックしてみましょう。このとき、可能であれば複数の業者から見積もりをとり、相場を把握することが大切です。見積もりでは金額が相場に適しているか、詳細に納得できるかを確認し、対応が良く信頼できる業者を見極めましょう。

水のサポート京都は、現地までプロのスタッフがお伺いし、無料でお見積もりをいたします。お見積もりの内容に納得していただいたうえで作業を行います。
内容にご納得いただけない場合、無理に作業はいたしません。京都府京都市・宇治市・舞鶴市・亀岡市・福知山市のウォシュレット交換は、水道局指定店の「きょうと水道職人」にお任せください。

まとめ

ウォシュレットの寿命は、一般的に7年程度といわれます。ウォシュレットに故障や不具合があれば、交換をご検討ください。交換作業はDIYでも行っていただけますが、難易度はやや高いといえます。
専門業者にご依頼いただければ、ウォシュレットの種類や現場の状況にもよりますが、2万円前後で対応可能です。

京都府京都市を中心とした地域のお客様は、24時間受付のきょうと水道職人までお気軽にお問い合わせください。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

きょうと水道職人 0120-492-315

きょうと水道職人 0120-492-315