水のコラム

外置きの洗濯機は凍結防止が必要不可欠!

2020年09月30日  洗濯機

外置きの洗濯機は、屋外の水道管と同様に外気温の影響を大きく受けます。とくに注意したいのが、気温が下がったときに生じる凍結です。凍結して蛇口から水が出ないと、洗濯できなくなります。また、そのまま放置していると洗濯機本体の故障につながる可能性もあり、事前の対策が必要不可欠です。
今回は、外置きの洗濯機における凍結防止策についてご紹介します。

洗濯機が凍結する理由

外置きの洗濯機は、外気温の影響を大きく受けます。とくに、マイナス4度以下まで下がると、洗濯機も含めて屋外にある水道管は凍結しやすいといわれています。日中は普段通り使用できていても、夜中に急激に空気が冷え込めば、洗濯機の給水管は凍結してしまうでしょう。

給水管が凍結すると、蛇口から水は出なくなり、洗濯機は使用できません。通常通りに使用するには、日中の太陽光で水道管が解凍するのを待つか、他の方法を試す必要があります。

・本体内部と給水、排水ホースはとくに注意
洗濯機の凍結では、本体の内部や給水、排水ホースにとくに注意が必要です。洗濯をすると、少量ですが本体内部や給排水ホースに水が残ります。屋外の洗濯機では、外気温の影響により、その水が凍結してしまうのです。

水は凍結すると膨張するため、洗濯機やホースの破損につながる危険もあります。水道管だけでなく、本体やホースも凍結防止策を施しておくことが大切です。

洗濯機を凍結させないための予防策

洗濯機の凍結予防には、本体やホースの水抜きが効果的です。こちらでは、作業の手順や注意点を解説します。

・水抜きの手順
洗濯機の水抜きは、洗濯物が残っていないか確認したうえで行いましょう。まず、給水側の蛇口を閉めた状態で運転ボタンを押し、洗濯機を動かします。これによって給水用のホース内にある水を洗濯槽へ排出することができます。次は、脱水モードで洗濯機を動かし、洗濯機本体と排水ホース内の水抜きを行いましょう。

水抜きをしたとしても、給排水ホースに水が多少残っている可能性はあります。作業を終えたらホースを取り外し、完全に水を取り除いておくと安心です。

・作業時の注意点
作業時は水がこぼれる可能性があります。タオルや拭き取るための雑巾を準備しておくと良いでしょう。また、洗濯機の水抜きは、必ず給水側の蛇口を閉めた状態で行ってください。蛇口を閉めないで運転をスタートさせるといつも通り洗濯が開始され、蛇口からホースを抜くと水があふれてしまいます。蛇口の閉め忘れには注意しましょう。

また、洗濯機の内部や給排水ホース内に水が残っていると、作業中に周りが水浸しになる可能性も考えられます。万が一に備えて、洗濯機の周りに置いてあるものを片づけておくと安心です。

洗濯機が凍結した場合の対処方法

洗濯機が凍結して動かなくなった場合は、どこで問題が生じているか確認するのが先決です。こちらでは、場所別に洗濯機が凍結した場合の対処方法をご紹介します。

・水道管が凍結している場合
水道管が凍結している場合は、40度以下のぬるま湯とタオルを使って対処します。凍結が発生している部分にタオルを巻き、上からゆっくりとお湯をかけましょう。何度か繰り返しているうちに、少しずつ改善するはずです。

・給排水ホースが凍結している場合
給排水ホースが凍結している場合も、40度以下のぬるま湯を使用します。ホースを取り外して、上からゆっくりとぬるま湯をかけましょう。

古くなった給排水ホースは、何かの拍子に破れたり亀裂が入ったりする可能性があります。ホースを動かす際は、慎重に作業しましょう。

・洗濯機本体が凍結している場合
洗濯機本体の凍結にも、40度以下のぬるま湯が効果的です。2~4リットルほど準備し、洗濯機に注ぎ込んだ状態で放置します。30分程度経過したら脱水し、お湯をすべて取り除きましょう。

困ったときは専門の水道修理業者へ連絡しよう!

外置きの洗濯機は、とくに冬の寒い季節になると凍結の可能性が高まります。軽度の症状であれば上記の方法で解決できますが、重度の凍結となると解消しづらく、水漏れなど二次的なトラブルを招く危険もあります。

上記の方法を試しても、全く症状が改善されないようであれば、専門の水道修理業者へ連絡するのが安心です。迅速かつ丁寧に対応してもらえるだけでなく、パーツの交換が必要な場合にも対処してもらえます。

まとめ

洗濯機を外に置いている場合は、気温が氷点下になるといつ凍結してもおかしくありません。たとえ都市部であっても、冬の早朝には氷点下になることもあり、注意が必要です。この機会に凍結防止策を施しておき、万が一凍結した場合の対象方法も理解しておきましょう。

「きょうと水道職人」では、外置きの洗濯機の凍結を含め、あらゆる水道トラブルに対応しています。もちろん、住居内の水回りで発生したつまりや水漏れなども迅速に解決しますので、お困りの際はぜひご連絡ください。舞鶴市や城陽市、長岡京市、福知山市、八幡市など、京都府内全域に出張可能です。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

きょうと水道職人 0120-492-315

きょうと水道職人 0120-492-315