水のコラム

寒い京都の冬に備えて水道管の凍結防止を図ろう

2021年01月21日  水道管のトラブル

寒さが厳しい京都の水道管を守る

京都は舞鶴市や京丹後市などの日本海側だけでなく、京都市中心部でも冬の寒さは厳しいものです。
山間の大原や嵐山に限らず、市街地でも雪が積もることは少なくありません。
金閣寺や銀閣寺の雪景色はとても美しい1枚の絵のようですが、生活面では注意する必要があります。

特に気を付けたいのが水道管の凍結です。
気温が零度以下に下がると水道管や水栓金具にヒビが入るリスクが高まり、マイナス4℃以下になると水道管の凍結や蛇口の破裂リスクが高まるので注意しなくてはなりません。

特に水道を利用しない夜間の間に水道管が凍結して、朝起きたときに水が出なくなったり、破裂したりなどの大きなトラブルを引き起こすことがあるので、事前に凍結防止策を講じておくことが大切です。

寒さが厳しくなる前に対処しよう

水道管が凍結しないようにするための対処策のポイントは保温です。
保温するための方法は大きく二つあります。

一つは水道管や蛇口を布などでくるんで温めてあげることです。
もう一つは水道管に常に水を流して、凍結しないようにすることです。

水道管が凍結した経験がある方は、朝起きたときに水が出ないとわかることでしょう。
これは人が起きている間は、頻繁に水道を使ったり、お風呂を沸かしたりするので凍結せずに済んでいます。
これが夜間、就寝して利用しなくなると、外の気温が一気に下がるのと相まって凍結しやすくなってしまうのです。

そこで、人が常に使っているような状態を作りだすために、蛇口を極わずかに開けっぱなしにし、水をポタポタと出しっぱなしにすることで凍結防止につながります。

保温しておきたい場所

北側にあるトイレや洗面所の水道管をはじめ、屋外にある水道管や立水栓の蛇口を中心に、ホームセンターなどで手に入る発泡スチロール付きの保温テープなどを貼るか、安上がりで家にある使い古しの布などを巻き付けて保温しましょう。
毛糸やフリース布製の使い古した帽子などの頭部を抜いて、蛇口にかぶせるとカバーしやすいです。
アパートなど見た目もきれいにしたいなら、専用のパイプカバーを購入して取り付けましょう。

屋外に設置したガス給湯器の凍結防止

屋外に設置しているガス給湯器やボイラーとつながる給水管や排水管などが凍結しないようにするには、風呂水を循環口より少し高い位置まで排水したうえで一晩中、追い焚きにしておくことが考えられます。
お湯がぐらぐら煮立たないよう、温度設定は35度など最低の温度設定にしましょう。

なお、新しいタイプのガス給湯器なら、外気温が低下すると自動的に凍結防止ヒーターが作動するものもあるので取り扱い説明書を見直しておきましょう。
蛇口を開いて浴槽にお湯をはるタイプの場合は追い焚きができません。
給水管や給湯管が凍ってカランが破損するリスクが高いので、出しっぱなしの方法がおすすめです。
寒波の襲来や雪の予報が出ている晩は、お風呂に入った後、浴槽の水を抜いたうえで、給水栓と給湯栓の両方を少し開き、ポタポタと水を流しっぱなしにすると凍結防止ができます。

家を長期で留守する場合

寒い時期に出張や入院、旅行や帰省などで自宅に誰もいなくなる場合、気温の低下に加えて、室内で暖房なども使わない状態が続くため、室温も大きく低下して、水道管が凍結するリスクが高まります。
京都の寒い冬場に長期で留守をする場合には、水道管内の水抜きをしてからお出かけください。

まず、水道メーターボックス内にある元栓を閉めます。
次に一番高い位置にある蛇口と、一番低い位置にある蛇口を開き、水を抜きましょう。
一般的なお住まいの構造の場合、2階にある蛇口、1階にある洗面所、キッチン、風呂、そして屋外の庭の立水栓や散水栓の順に行っていきます。
また、ガス給湯器などの設備の水抜きは、取り扱い説明書に従ってください。

水道管が凍結してしまったら

対策を講じないうちに寒波が訪れ、事前の防止策をしても水道管が凍結するほどの寒波が襲来した場合、どうすればいいのでしょうか。
まずは、水道管の金具や蛇口などにヒビが入って水漏れなどしていないかを確認しましょう。

凍結により水が出ないだけで、水道管や水栓金具が破損しているわけではないなら、ぬるめのお湯をかけるか、タオルなどをあてた状態で少しずつお湯をかけて溶かします。
この時、直ぐに水を出したいと焦って、熱い熱湯を一気にかけないでください。
急激な温度変化により、水道管が一気に膨張して破損してしまう恐れがあります。
万が一、凍結や熱湯をかけたことで水道管が破裂してしまったら、まずは冷静になって元栓を閉めたうえで、水道修理業者に連絡をしましょう。

水道管の凍結にお困りなら

きょうと水道職人は京都市、福知山市、舞鶴市、宇治市、亀岡市、京丹後市など京都府全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。
水道管の凍結をはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、きょうと水道職人にお気軽にご相談ください。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

きょうと水道職人 0120-492-315

きょうと水道職人 0120-492-315