電話して相談する

水のコラム

キッチンの水圧が弱い。考えられる原因と対処方法

2021年02月07日  キッチン

「キッチンの水圧が弱くて使いづらい……」と悩んでいる方は少なくありません。その場合、水道の流れを阻害する何らかの要因があると考えられます。今回は、キッチンの水圧が弱くなる原因と対策をご紹介するとともに、個人できる対応と、プロに任せるべき対応の違いについても触れていきます。

ストレーナーがつまっている場合は取り外して掃除をしよう

ストレーナーとは、吐水口にある水栓金具の一種です。日本語で「漉し器(こしき)」を意味し、水の不純物を取り除くフィルターのような役目を果たします。万が一、ストレーナーに異物が溜まっていたり、汚れ・ヌメりが堆積していたりする場合、水の流れを阻害。結果的に水圧が弱まります。

ストレーナーは、個人でも分解・取り外しが容易な部品です。内部につまっている汚れやヌメリを掃除し、水圧が改善するか確認してみましょう。ただし、ストレーナー本体の場所は水栓ごとに異なります。日ごろから水栓内部のどこにストレーナーがあるのか、確認しておくと安心です。

なお、ストレーナーの具体的な清掃方法は、製品ごとに異なります。水栓の取扱説明書にストレーナーの場所や清掃方法が記載されているため、事前に確認してください。製品によりますが、半年に一度のメンテナンスが必要とされます。

住宅密集地や高台の家では水圧が弱くなることも

キッチンの水圧には、自宅の立地が影響するケースも考えられます。団地などの住宅密集地や、高台の家に住んでいる場合は、注意しましょう。以下、各ケースにおいて水圧が弱まる原因と、考えられる対策をご紹介します。

・住宅密集地に住んでいる場合
水道は、利用者の数に比例して水圧が弱くなります。これは地中に埋められている水道管を、その地域全体で共有するためです。自宅付近に繁華街や商店街があったり、団地などの住宅密集地に住んでいたりする場合、水圧の弱さに悩まされる可能性があります。

本ケースにおいて、個人レベルでの対策は難しくなります。水道管の利用者数の問題、ひいては自治体レベルの問題であるため、水道局の対応を待つほかありません。水道局では地域住民の依頼により、水道管の拡張工事を行っているため、現在お住まいの地域の水圧が弱い場合は、拡張工事の予定がないか確認してみましょう。

なお、早急な改善を望むなら、水回りの専門業者に相談するのも手です。抜本的な解決は難しいですが、水栓メンテナンスといった「今できること」による対応で、水圧問題を改善できる可能性があります。

・高台の家に住んでいる場合
高台の家や高層マンションなど、水道管と距離のある住宅は、水圧が弱くなる傾向にあります。これは住宅密集地のケース同様、個人で解決できる問題ではありませんが、水圧を高める蛇口などに交換することで、解決する可能性があります。詳しくは、水道工事の専門業者にお問い合わせください。

お湯のみ水圧が弱くなるときは給湯器が原因の可能性大

水圧が弱くなる要因として、「給湯器関係のトラブル」が挙げられます。とりわけお湯の水圧の弱さが気になる場合は、給湯器に問題がある可能性が高いです。

確認すべきポイントは2つ、給湯器本体の「号数」と「種類」です。給湯器には、「出湯量」を表す「号数」が決められています。家庭用給湯器の場合、14号・20号・24号が主に使われており、数字が大きくなるほど、一度にたくさんのお湯の給湯・出湯が可能です。

たとえば、16号の給湯器は比較的「出湯量」が少なく、給湯とシャワーの同時使用が難しくなります。これを複数人で同時使用した場合、給湯器のパワー不足から水圧が低下。給湯器の交換または号水変更を行い、お湯自体の供給量を増やしましょう。

また、貯湯タイプの給湯を使っている場合も注意が必要です。お湯の使用量が貯湯量を超えると、必然的に水圧が弱まります。機種によりますが、貯湯量は給湯器の設定で調整可能。お湯をたくさん使う冬場などは、通常よりも多めに貯湯しておくと安心です。

キッチンの水圧調整の方法を理解しておこう!

キッチンの水圧調整は、個人でも行えます。ただし、自宅の水栓の「水圧調整機能の有無」により、具体的な手順が異なります。

まずは水栓の種類を確認してみましょう。水圧調整機能のある水栓には、本体の付け根に溝があります。そこをマイナスドライバーで回し、水圧を調整します。

溝を確認できない場合、シンク下の元栓を操作します。ハンドルタイプの蛇口なら調節ひねり、溝がある場合はマイナスドライバーで調節してください。原則、元栓は反時計回りに回すと水圧が強くなり、時計回りだと弱くなります。

水圧調整のポイントは、水の流れをみながら少しずつ操作することです。元栓に動かしても水圧が改善されなければ、水道管の専門業者に相談してください。自宅の立地や給湯器のトラブル、水道管トラブルなど、何らかの原因があるかもしれません。

まとめ

毎日立つ場所だからこそ、水圧の良し悪しが使い勝手に影響するキッチン。キッチンの水圧が気になる方は、弊社をはじめとする専門業者にご相談ください。弊社は京都市や舞鶴市、宇治市をはじめ、京都府内全域をカバーする水道工事のプロフェッショナル集団です。長年培ってきた水道工事の知見・ノウハウ、そして熟練スタッフの手腕を活かし、お客様のお悩みを早期解決いたします。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

きょうと水道職人 0120-492-315

きょうと水道職人 0120-492-315