電話して相談する

水のコラム

トイレの詰まり、自分で対処する場合は?排水管の修理・交換費用は?

2021年02月25日  トイレのトラブル



急に起こると困るのは、トイレの詰まりは、自分ですぐ対処し解決できれば一番ですが、場合によっては業者による排水管の交換が必要になることもあるのです。自分で対処する場合の原因別対処法から、業者に頼む場合の費用の目安までご紹介します。

自分ですぐなんとかしたい!トイレの詰まりの対処法は?

トイレの詰まりはできればすぐ解消したいもの。自分で対処できれば速いですし、費用もかかりません。詰まりの原因は大きく分けて2種類です。トイレットペーパーのなどの水溶性の紙を使い過ぎたときと、プラスチックなどの水に溶けないものをうっかり便器に落としてしまったことによる詰まりです。もしものときのために、まず主な2種類の原因について対処法をご紹介します。

ティッシュペーパーやトイレクリーナーなどが詰まった場合

一番多い詰まりの原因は、ティッシュペーパーや流せるトイレクリーナーなどです。これらは通常の使用でも流せるため、つい使い過ぎて詰まってしまうというケースがほとんどです。流せる紙類などの水溶性の紙が内部で引っかかっていると思われる場合は、まず40~60度ぐらいのお湯をゆっくり流してみましょう。詰まりが軽い場合はそれだけで解決します。

それでも流れない場合は、紙類以外にも排泄物などの汚れが固まっている可能性があります。トイレ用液体洗剤などの薬品、重曹やお酢を便器に入れ、しばらく待ってからお湯を入れてみましょう。さらにラバーカップを使って、排水トラップ等に引っかかったものを押し出すと大抵の詰まりは解消します。

ラバーカップがうまく使えないという方は、真空式パイプクリーナーなど使いやすいアイテムがあります。ハンドルを上下させるだけで、しっかり水や詰まりの原因を押し出してくれる便利アイテムです。あまり市販のラバーカップではうまく詰まりを直せない方は、検討してみてはいかがでしょうか?

子どものおもちゃ・プラスチックなどが詰まった場合

プラスチックなど、通常トイレに流してはいけない固形物を落として詰まってしまった場合です。お子さんがおもちゃを流してしまったり、掃除中に消臭剤やトイレの洗剤の蓋や容器を誤って落としてしまったりなど、こちらも家庭内でよく発生するトラブルです。

ポケットに入れていたスマホを、便器に座る際にうっかり落としてしまったというケースも最近よく見られます。スマホ他にも、ハンカチ・ライター・自宅や自転車、車の鍵など、普段ポケットに入れて持ち歩くものの落下には十分注意しましょう。この場合は、先ほどのトイレットペーパーの詰まりのようにお湯や水を流してはいけません。

水溶性の紙類であれば、途中で詰まっていても溶けて流れていきます。しかし、プラスチックなどの水に溶けないものが原因の場合は、下手にお湯や水を流すと汚水の逆流の原因となります。その奥の排水路や排水管を詰まらせる原因にもなり、最悪の場合は業者による排水管の交換ということにもなりかねません。

どうしてもトイレが詰まった場合は焦って水を連続して流してしまいがちですが、水に溶けない固形物が詰まっている可能性がある場合はむやみに水を流さないようにしましょう。

この場合は、最初からラバーカップや真空式パイプクリーナーを使用し、原因となっている固形物を取り除くようにしましょう。排水路や排水管の途中で再度詰まる危険性がありますので、できれば詰まっている固形物はそのまま流さず回収することが望ましいです。

排水管の修理・交換の費用の目安は?

さて自分でできる対処法をご紹介しましたが、それでも詰まりが直らない場合、原因はどこにあるのでしょうか?その場合、原因は排水口より奥の排水路・排水管にあると考えられます。排水口は自分で掃除することはできますが、その奥の排水路・排水管の汚れや詰まりは取りきることはできません。

戸建ての場合、屋外にある排水溝やマンホールに落ち葉やゴミが詰まっても、開けて掃除することで改善する可能性がありますが、その途中で詰まっている場合は自力での解決は困難です。またマンションやアパートなど、集合住宅の場合は構造上自分で排水路・排水管の掃除はできません。

最悪、排水管が破損している可能性もありますので、無理に自分でなんとかせずに専門家の業者さんに任せましょう。修理方法はさまざまな方法がありますが、主な修理・清掃方法は下記の通りです。

・ワイヤー式管清掃機:ワイヤーの先端についたアタッチメントで詰まった汚物を直接的に破壊し、詰まりを解消します。
・高圧洗浄機:ポンプで加圧した水をホースで送り強く噴射させ、排水管内の汚れを落とします。
・排水管交換:詰まった排水管を交換する方法です。1メートル以内で20,000円程度。それ以上の長さの場合は、1メートルごとに5,000円程度が加算されます。

また費用目安ですが、排水管清掃の料金はだいたい15000~30000円と幅があります。建物の構造によってはまず給水管を取り外してからの作業になる場合もあり、トラブル状況や依頼内容によって見積もり金額が異なります。まずはお電話にてご相談ください。

水まわりのトラブルはきょうと水道職人へ!

京都市を始め宇治市、亀岡市、舞鶴市などで水回りのトラブルで悩んだ時には、きょうと水道職人までお任せください。洗面所でのトラブルはもちろんですが、他にもトイレや台所などでも水回りに関しての相談を受けております。

お話を伺い現場を確認した後、まずはどのくらいの料金になるのか見積もりを取り説明いたします。決してお客様が納得しない状態で作業は進めませんので、ご安心ください。急に発生してしまうトラブルだからこそ、いつでもお電話していただけるよう年中無休で営業しております。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

きょうと水道職人 0120-492-315

きょうと水道職人 0120-492-315