水のコラム

お風呂場や洗面台の流れが悪い!排水口詰まりの原因別対処法

2021年02月25日  つまりのトラブル


毎日家族みんなが使うお風呂場や洗面台は、急に流れが悪くなったり詰まってしまったりすると困るものです。詰まってしまう前に予防できたり、自分でさっと対処できれば…と思いますが、意外にきちんとした対処法を知らないものです。

詰まりの原因によっては、間違った対処法で余計に詰まらせてしまったり、最悪排水管が破損してしまう可能性があります。ここでは、あれ?これはつまりそうかな?という予兆から、原因とその対処法をご紹介します。

あれ、これは詰まったかな?詰まりの予兆は?

どうしてお風呂や洗面台などの水回りは詰まってしまうのでしょうか?特に大きな原因となるのは、排水トラップです。ほとんどの住宅や賃貸物件の洗面台や流しの下の扉を開けると、大きくカーブした排水トラップが付いています。下水道の悪臭や硫化水素などのガスを遮断し、屋内へ侵入するのを防ぐ器具や装置が排水トラップです。

しかし、カーブしている構造上、ゴミが溜まりやすく詰まりの原因になります。また、お風呂場は身体を洗ったり髪を洗ったりするときに出る、石けんカスや髪の毛が毎日蓄積しています。お風呂場の排水管は床下や手の届きにくいところに配管があり、普段の掃除では気づかないところにトラブルが発生しがちです。この流しや洗面台の下にある排水トラップや、お風呂場の排水口や排水管にゴミが溜まっているのが、大きな原因です。

また、水回りの排水口や排水管が詰まった際の予兆は下記の通りです。このような現象が出てきたら、排水口や排水管の詰まりを疑ってみたほうがよいでしょう。
・お風呂の栓を抜いても、流れが悪くなかなか水が減らない
・洗面台の水の流れが遅く、洗面ボウルから水があふれそうになる
・洗面台を使うと、足元の床に水たまりができる
・トイレや台所の流しを使うと、お風呂場の排水口に汚水が逆流してくる

もしも詰まってしまったら?自分でできる対処法は?

ではもしも詰まってしまったとき、流れが悪くなって詰まりを疑ったときには、どう対処したらいいのでしょうか?よくある詰まりの原因別に、自宅でできる対処法をご紹介します。

・髪の毛が詰まった時
お風呂場で良くあるつまりの原因は、髪の毛。特にロングヘアの方がいるご家庭では、小まめに掃除や点検していないと詰まりやすくなります。

まず市販のパイプユニッシュを排水口に流してしばらく時間をおき、一気に水を流します。詰まりの予防法としては、排水口や排水トラップにヘアキャッチャーを付けておくのが有効です。100円ショップなどで使い捨てのヘアキャッチャーが売っておりますので、ご自宅の排水口のサイズに合わせて設置してみてはいかがでしょうか?

・皮脂や垢が溜まった場合
毎日身体を洗っているお風呂場や洗顔・歯磨きで使用している洗面台。当然、皮脂汚れや垢などの汚れが貯まりやすく、それが詰まりの原因になってしまいます。そんな場合は、重曹を使ってみましょう。排水口に重曹を200mlほど入れお湯をかけた後、30分ほどおいてから水を流します。

重曹を流した後に、真空式パイプクリーナーなどを使用してこびりついた汚れを押し出すとさらに効果的です。シャンプーや石けんカスがこびりついているとき、シャンプーや石けんカスも、知らず知らずのうちにまたっている厄介な汚れ。浴槽や洗面器の内側などにあるざらざらしたあの汚れです。

放置していると層になって積み重なり、カチカチに固まって取れにくくなるので注意が必要です。これにはクエン酸が有効です。重曹と同じように、クエン酸を100mlほど入れお湯をかけ、30分おいたら水で洗い流します。(※重曹やクエン酸を使用する際、強力な塩素系洗剤も同時に使用すると有毒ガスが発生してしまいますので、使用する際には十分気を付けましょう。)

・プラスチックなどの固形物が詰まってしまったとき
シャンプーや洗顔料のキャップなど、プラスチックを落としたときは要注意です。そのまま流してしまうと排水管の途中で詰まってしまいます。さらにそこに髪の毛や石けんカス・皮脂などの汚れが蓄積すると、頻繁に詰まるばかりか最悪排水管の破損につながります。

万が一、プラスチックや水に溶けない固形物を落としてしまった場合は、すぐに水を止めてそれ以上奥に流れないようにしてください。排水口から見えている場合は、割り箸やピンセットなどを使ってすぐに固形物を回収しましょう。固形物が排水口のさらに奥に入り込んで取れなくなってしまった場合には、無理せず専門の業者にお願いしましょう。

上記に挙げた対処法を試しても詰まりが解消しない、直ったと思ってもまたすぐ詰まってしまう。そんな時は、排水口の奥の排水路や排水管に原因があるかもしれません。手の届かない部分の修理は個人では対処できませんので、そんな時には水回りの専門家に任せましょう。

最悪、排水管が破損している可能性もありますので、その場合は排水管の交換が必要になります。無理に自分でなんとかしようとせずに専門家の業者さんに任せましょう。トラブルの原因や依頼内容によって見積もり金額が異なりますので、まずはお電話にてご相談ください。

お風呂や洗面所のトラブルはきょうと水道職人へ

きょうと水道職人(プロ)は、京都市の他に舞鶴市、福知山市、宇治市、城陽市、亀岡市、長岡京市、京田辺市など京都府内全域で、風呂場や洗面所をはじめとするキッチンやトイレなどの水まわりトラブルを数多く解決している水まわりのプロです。

当店では京都の水道局指定工事店が対応しておりますので、ご安心ください。夜中や休日のトラブルでも迅速な対応をしております。24時間365日年中無休で対応しておりますので、お困りのことがあれば京都府内どこでも駆け付けます。お気軽にきょうと水道職人へぜひお問い合わせください。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

きょうと水道職人 0120-492-315

きょうと水道職人 0120-492-315