水のコラム

防水パンの交換はDIYでも可能?

2021年03月14日  DIY

洗濯機を買い換えるタイミングで、「防水パン」について悩んだことがある方もいるのでは?防水パンとは、洗濯機の下に設置する排水口がついたプラスティック部品のことです。これは水漏れ防止を目的に設置するもので、防水パン本体の破損や、ドラム式洗濯機の購入時に合わせて交換するのが一般的です。

そこで今回は、防止パンの基礎知識と交換の必要性、DIYでの交換について詳しく解説していきます。防水パンをDIYで交換する予定の方は、ぜひ最後まで一読ください。

防水パンの役割とは?なぜ必要なのか

防水パンとは、洗濯機本体の下部に設置するトレイ型のプラスティック部品です。「洗濯機パン」や「洗濯パン」とも呼ばれ、一昔前の住宅においては、当たり前のように設置されていました。

防水パンの目的は文字通り、洗濯機の「水漏れを防ぐ」ことにあります。防水パンを介して排水ホースと排水口を接続することで、仮にホースから水漏れしても、床が水浸しになりません。また、洗濯機の振動を抑制し、床へのダメージを減らす役割もあります。

一見必須に思える防水パンですが、最近はあえて設置しないケースも増えました。洗濯機の高性能化にともない、以前よりも漏水しにくい製品が増えたためです。

一方、洗濯機そのものが故障したり、排水ホースが劣化・破損したりすると、いとも簡単に水は溢れます。さらに排水ホースが詰まって水が漏れる、冬場においては、洗濯機の裏側が結露して水垂れする、といったことも考えられます。いずれにしても、防水パンは洗濯機を安全かつ快適に使うために欠かせません。

防水パンの交換が必要になる2つのシーン

ここでは、防水パンの交換が必要になるシーンを2つご紹介します。

シーン1:防水パンが破損した
一般的な防止パンには、防水効果のある樹脂や強化プラスティックが使われています。比較的頑丈ではあるものの、思い切り足で踏んだり、洗濯機を無理に動かしたりすると、本体が割れるかもしれません。破損した防水パンは修理できないため、基本的に交換となります。

シーン2:ドラム式洗濯機を購入した
ドラム式洗濯機を購入した場合、防水パンを通常よりも高さのある製品に交換することがあります。これは洗濯機のメンテナンスの観点から、必要なプロセスです。

洗濯機のメンテナンスにおいて、まずは本体下部の排水口から確認します。しかし、ドラム式洗濯機は重量・サイズともに大きく、排水口の確認ひとつにしても、人手が必要です。そこで、高さのある防水パンを設置し、洗濯機を持ち上げることなく排水口を確認できるようにします。

一方、そのような防水パンを使うと、洗濯機本体の位置も高くなります。場合によっては洗濯機の専用蛇口が引っかかり、スムーズに設置できない可能性があります。サイズに問題がある場合は、新たに洗濯機を買い直すか、専用蛇口の位置を変える工事が必要です。いずれも大がかりな対応が求められるため、ドラム式洗濯機を購入する際は注意してください。

防水パンの交換はDIYでも可能?

結論からいって、防水パンをDIYで交換するのはおすすめしません。交換を検討する際は、水道修理業者などに相談しましょう。DIYをすすめない理由は、大きくわけて3つあります。

1.交換手順を間違えると水漏れなどの被害に繋がる
2.交換には専門知識と技術が必要
3.作業そのものが大変

防水パンには、下水に繋がる配水管とゴミ・ホコリを取り除く排水トラップが接続されています。これら全て一度取り外し、接続し直すには専門知識と技術が必要です。見た目以上に複雑な構造であるため、素人の交換作業はおすすめできません。

作業手順をひとつでも間違えると、水漏れや排水の逆流が懸念されます。賃貸住宅に住んでいる場合、階下漏水が原因でクレームに繋がるかもしれません。また、一度設置すると移動・交換が大変なのもネックです。どのようなケースにおいても、防水パンの交換はプロに頼るのが無難です。

自分では交換が難しい場合は水道修理業者に任せよう

防水パンの交換は、洗濯機や配管構造を理解しているプロに任せましょう。先述した通り、DIYでの交換はおすすめしません。作業手順ひとつ間違えると、思いがけない被害に繋がる恐れがあるためです。なお、防水パンの交換を水道修理業者に依頼する場合、費用相場は2万円前後です。

まとめ

「DIYで交換できる!」という声も聞かれる防水パンの交換。DIYはコストを抑える上で有効ですが、万が一手順を誤ると、想定以上の被害に遭う可能性があります。そこでお役に立つのが、私ども弊社のような水道修理業者です。

当社は八幡市や長岡京市をはじめ、京都全域で水道修理を請け負うプロ集団です。洗濯機の防水パンを交換する際は、ぜひ当社にご依頼ください。専門知識と高いスキルを持つ専属スタッフがご自宅を訪問し、迅速かつ丁寧に作業を行います。まずは当社公式サイトからお問い合わせください。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

きょうと水道職人 0120-492-315

きょうと水道職人 0120-492-315