水のコラム

台所の床まで広がる水漏れは早急な対応を!原因と対策を大公開

2021年03月26日  キッチンの水漏れ

台所の床まで広がる水漏れは早急な対応を!原因と対策を大公開
台所(キッチン)は毎日の生活の中で使用頻度が高いので、蛇口やシンク下などからも水漏れしやすい場所です。
特に、シンク下には排水管や排水ホースなどがあり、排水口パッキンをはじめとするそれぞれの部品の劣化や破損のために、キッチン床まで水漏れが広がることもあります。
今回は、キッチン床まで広がるような水漏れの原因と、対処法を紹介していきます。

台所の床まで広がるような大規模な水漏れの原因について

水漏れといってもシンクの下にしみ出ている程度なら軽度といえますが、キッチンの床まで広がっている場合は大規模な水漏れといえます。
知らずに通りかかったなら、足でその水たまりを踏んでしまうこともあるでしょう。
はじめに、この大規模な水漏れの原因をチェックしていきます。

・排水トラップの接続の不具合
キッチンの水漏れの原因として代表的なのが、排水トラップの接続部分の劣化や破損です。
排水トラップはシンクとつながっていて、その接続部分にゴムパッキンが使用されています。
このゴムパッキンの劣化や破損、ナットの緩みがあると、比較的水量が多い水漏れが発生しやすいので注意してください。

・排水パイプや排水ホースの劣化
シンクの下には排水パイプや排水ホースが設置されていて、それぞれの劣化やひび割れ、排水口パッキンの劣化などでも水漏れが発生します。
それぞれの部品の寿命は10年前後とも言われ、経年劣化は避けられない部分です。
そのため劣化によるひび割れが進んでいくと、床まで広がるような水漏れを引き起こします。

・排水管に至るまでの間に詰まりがある
そのほか水漏れする原因で良くあるのは、排水管に至るまでの間に詰まりがある場合が挙げられます。
台所の排水口では油汚れや食べ物カスなども流すため、ヘドロ状の汚れがたまりやすく、これを定期的に掃除しないと、詰まりの原因になります。

台所で水漏れしたときにやるべき応急処置

台所で床一面が水浸しになるような水漏れをしたときは、できるだけ早めに応急処置をしなければなりません。
はじめに水栓を締めて水を流すのを止めて、それから次のようにチェックしていきましょう。

1.排水トラップのナットの確認や必要に応じたゴムパッキンの交換
排水トラップのナットの緩みや各接続部分のゴムパッキンの劣化がないか確認して、必要に応じた修理や交換をします。
ゴムパッキンの交換の際には貯まっていた水が流れることもあるので、ぞうきんやぼろ布、新聞紙などを用意しておくと良いでしょう。

2.排水パイプのナットの確認と排水ホースの交換
水漏れ箇所が排水パイプや排水ホースの場合は、それぞれのナットの緩みを確認し、必要に応じた修理や交換をしてください。
排水ホースに穴やひび割れがあるなら、新しいものと交換しなければならないので、ホームセンターなどで同じ型番のものを購入して交換しましょう。

3.市販品のパイプクリーナーで詰まり解消を試してみる
排水管までの間が詰まっている可能性があるときは、市販のパイプクリーナーを使用してみてください。
排水口にパイプクリーナーを流し込んで15~30分放置し、その後十分な水で洗い流すだけの簡単な作業です。
パイプクリーナーに加えてラバーカップを使用すると、より詰まりを解消することができます。
ただし、台所の詰まりは排水管の中の1ヶ所のみとは限らないため、根本的な解決には至らないこともあります。
そんなときは、水トラブルの専門家に修理を依頼することも考えておきましょう。

台所の床まで水漏れしたときは、どんなリスクがあるのか

台所で床まで広がるような水漏れは、どの部分からの水漏れだとしても、漏れた水をそのまま放置しておくのは絶対に避けてください。
床の腐敗や黒カビ発生の原因になります。
これは、マンションや戸建て、賃貸などに関係なく床が腐ったり、カビのリスクが高まるもので、最悪の場合、床板を交換するような大掛かりな修理になることもあります。
また、悪臭や害虫の発生の原因になり、賃貸住宅の場合は階下や近隣の方に迷惑をかけることにもなるので、できるだけ早めにプロの修理業者に相談するようにしましょう。

自力での水漏れ対応に限界を感じたら早めにきょうと水道職人に連絡しよう

台所からの水漏れは、水漏れした分の水道代がかかるばかりか、建物自体に黒カビを発生させる原因になりかねません。
気づいたときにすぐ解決するのが望ましいですが、自分の力だけでは難しい、不安だという場合はぜひ、水回りのトラブルの専門家に相談してみてください。

きょうと水道職人は、京都市・木津川市・京田辺市・向日市・京丹後市・長岡京市・舞鶴市・京都市など京都全域を含むエリアで水のトラブルをサポートしています。
ささいな水漏れから詰まり・階下への影響も心配な大規模な状態まで、電話1本で現場に駆け付けて迅速丁寧な修理を行います。
応急処置はしたけどやっぱり水が漏れてくるというときは、焦らずきょうと水道職人にご連絡ください。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

きょうと水道職人 0120-492-315

きょうと水道職人 0120-492-315