電話して相談する

水のコラム

洗面所の蛇口が水漏れする原因や対処法を紹介

2021年03月29日  洗面所のトラブル

蛇口の種類と水漏れの原因を調べる

洗面所に使われる蛇口には、ハンドル式水栓とレバー式水栓の2種類があります。
ハンドル式水栓には水とお湯の二つのハンドルが付いており、ハンドルを回して水やお湯を出したり止めたりすることが可能です。

レバー式水栓はレバーを上下左右に動かして水量や水・お湯の切り替えを調節します。
レバー式はハンドル式に比べて構造が複雑ですが、原因によっては自分で修理することもできます。
その他にも、洗面所の鏡の下や側面に埋め込まれているタイプの特殊水栓もありますが、このタイプは自分で修理するのは難しいでしょう。
水漏れの原因として考えられるものには、ハンドル部分やパッキンの劣化・カートリッジの劣化・水栓本体の経年劣化などが挙げられます。

また、洗面所の床が濡れていてどこから水漏れしているのか分からない場合は、蛇口以外にも給水管や給湯管のつなぎ目、下水管、排水管、排水ホースに原因がある可能性も考えられるでしょう。
まずは水漏れをしているのが蛇口なのかそれ以外なのかを確認してください。

水漏れ箇所を特定する

次に、蛇口のどこから水漏れが起きているのか確認しましょう。
水漏れ箇所が特定できれば、どのような不具合が起きているのか分かるはずです。

水を出してみたときに蛇口の根本から水が出てくる場合は、パッキンの劣化が原因と考えられます。
スパウト部分からの水漏れは、内部のゴムパッキンが劣化しているか、バルブカートリッジが破損している可能性があります。

吐水口からの水漏れはケレップと呼ばれるコマパッキンの劣化、ハンドルからの水漏れはパッキンやバルブカートリッジが主な原因です。
ハンドルは使っているうちに固くなったりがたついたりすることもありますが、これも経年劣化の症状といえます。
放置すると水漏れを引き起こす可能性もあるため、定期的にメンテナンスをしておくとよいでしょう。

洗面所の水漏れは自分で直せるのか?

洗面所の蛇口から水漏れしているのを発見したとき、すぐ業者は連絡せず、自分で直せないか考える人もいるでしょう。
水漏れ箇所と原因が特定できていれば、自分で修理できる可能性はあります。
ゴムパッキンの交換程度なら、ホームセンターで新しいものを購入してくれば比較的簡単にできるはずです。

しかし、失敗するリスクはあります。
部品を破損してしまったりナットを締め過ぎたりして事態を悪化させてしまう可能性も高いのです。
そうなると、さらに大がかりな修理が必要になり、高額な費用がかかってしまうことになります。
そのため、経験や知識がない人や自信がない人は自分で修理しないほうがよいでしょう。
また、無理に原因を特定しようとして、問題のない部分まで壊してしまうことのないよう気をつけてください。

洗面所の水漏れを放置するリスクと応急処置

洗面所の水漏れに気付いたら、すぐに応急処置をしましょう。
業者が到着するまでそのままにしておくと、床が水浸しになるだけでなく、床下にも水が染み込んでカビが生えたり腐食したりする原因になってしまいます。
賃貸物件だと退去する際に原状回復費用を支払うことになるでしょう。

また、マンションやアパートのような集合住宅だと下の階まで水漏れの影響が及び、多大な迷惑をかけることになってしまう可能性もあるのです。
そうならないためにも、まずはすぐに洗面所下にある止水栓を閉め、水の流れを止めてください。
止水栓が見つからない場合は、水道メーターの横にある元栓を閉めるとよいでしょう。
家中の水が止まってしまいますが、ひとまず被害を食い止められます。

賃貸物件の場合は、水を止めた後すぐに大家さんや管理会社に連絡してください。
使い方が悪かったわけではなく経年劣化による水漏れと判断されれば、修理費用を負担してもらえるはずです。

修理を業者に依頼する際の注意点

洗面所の水漏れ修理を業者に依頼する際の注意点をご紹介します。
まず、修理費用の大まかな相場を知っておきましょう。
複数の業者に無料見積もりを依頼して比較することで相場を把握できます。
相場を把握しておけば、業者から提示された金額が妥当なのか判断できるはずです。

また、業者を選ぶ際は創業年数や実績件数だけでなく、料金体系は明確か、24時間いつでも対応してくれるか、アフターフォローは充実しているかなどをチェックしてください。
見積書に詳細が記載されていない業者や、すぐに対応してくれない業者は利用しないほうがよいでしょう。

洗面所の水漏れトラブルはきょうと水道職人までご連絡ください
きょうと水道職人は京都市、亀岡市、舞鶴市、長岡京市、福知山市など京都府全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。
トイレや浴室や洗面所、キッチンでのつまりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にきょうと水道職人にお問い合わせください。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

きょうと水道職人 0120-492-315

きょうと水道職人 0120-492-315