電話して相談する

水のコラム

あなたの家のお風呂は大丈夫?水漏れの恐ろしさ

2021年03月29日  お風呂

お風呂も水漏れすることがある

毎日使用するお風呂ですが、経年劣化などによって水漏れを起こすことがあります。
お風呂を使用するときは風呂場に水があるため、気付きにくいこととありますが放っておくと大きなトラブルに発展することもあるため注意が必要です。
定期的に点検を行い、水漏れがないかどうかのチェックを行うようにしましょう。

お風呂で水漏れが多い箇所は大きく分けて3箇所あります。
それはシャワー、蛇口、浴槽です。
それぞれどのようなところから水漏れを起こす可能性があるのかについて解説を行います。
それらを参考に自宅のお風呂もチェックしてみてください。

・シャワーからの水漏れ
シャワーから水漏れを起こすことがありますが、主な原因はシャワーヘッドかシャワーホースです。
シャワーヘッドの噛み合わせが悪くなり、使用していくにつれて回転し緩んでしまうこともあるのです。
シャワーホースの場合は経年劣化によってホース自体が傷み、ひび割れなどを起こしてしまうことがあります。

シャワーヘッドの交換の場合は自力でも可能であり、ホームセンターなどで節水タイプのものも多く販売されています。
シャワーホースの交換の場合は水道の元栓を止めるなど大がかりな作業となるため、業者に依頼するといいでしょう。
 
 
・蛇口からの水漏れ
蛇口から水漏れを起こすことがありますが、多くの場合蛇口の付け根に問題が発生しています。
付け根のボルトが緩んでしまい、経年劣化によってパッキンなどに傷みが生じている場合に噛み合わせが悪くなり水漏れが発生してしまうのです。
蛇口の交換も配管をいじり水道の元栓を止める作業が必要になるため、業者に依頼し安全に施工してもらうことをおすすめします。
 
 
・浴槽からの水漏れ
浴槽には多くの水が溜められているため、その重量も大きく、浴槽にかかる負担も過度なものとなります。
そのため、経年劣化によって浴槽にヒビが入ってしまい、そこから水が漏れることがあります。
浴槽の水が減っていることで気付くこともあり、大きな問題となることもあるので注意が必要です。

水漏れを放置しておくと危険

お風呂の水漏れを放置しておくことは非常に危険です。
最初は小さな水漏れであっても、時間の経過と共に大きな問題へと発展してしまうケースも珍しくないからです。
そのため、水漏れを発見した際は小さな水漏れであっても無視せず、できるだけ早めに対策をとるようにしましょう。

・床下に浸水することもある
お風呂から水が漏れることによって床下に浸水することがあります。
シャワーや蛇口からの水漏れであれば、排水溝から流れ出るため、床下へ流れることはありませんが、浴槽からの水漏れの場合は床下に浸水してしまうこともあります。
浴槽の底面から水漏れが発生している場合は水漏れに気付きにくいため、床下浸水にも注意が必要です。
 
 
・下の階に浸透してしまうこともある
マンションなどにお住まいで、水漏れがひどい場合には下の階に浸透してしまうことがあります。
下の階に浸透してしまうと、賠償問題などご近所トラブルに発展してしまうケースもあるため注意が必要です。
不要なトラブルを避けるためにも、水漏れは早急に対処しましょう。

水漏れを発見したらすぐに応急処置が必要

前述のとおり、水漏れは発見したらすぐに対処することが必要です。
まずは自力で応急処置を行い、必要であれば業者に修理や交換を依頼しましょう。
ここでは、水漏れを発見した際に自力でできる応急処置について解説を行います。

・防水テープを使った応急処置
シャワーホースからの水漏れの場合は防水テープが有効です。
防水テープをシャワーホースに巻きつけることで、その部分からの水漏れを抑えられます。
小さな漏れであれば十分に対応可能なため、まずは試してみることをおすすめします。
防水テープがすぐに用意できない場合はビニールテープでも代用可能です。
 
 
・レンチなどでボルトを締め直す
蛇口からの水漏れの場合は蛇口の付け根に問題があることが多いため、レンチを使用してボルトを締め直すことで状況が改善されることがあります。
パッキンに傷みが生じていて水漏れが発生している場合は、業者に依頼して部品の交換をしてもらうことが必要です。

部品の修理や交換が必要な場合もある

お風呂の部品はどうしても経年劣化によって傷みが生じてしまいます。
傷んだ部品をそのまま使用していると大きなトラブルにつながってしまうため、部品の交換が必要になります。
自力でできるものもあれば、業者に依頼しなくてはならないものもあります。
費用が気になる方はホームページなどで大体の相場を調べられます。

お風呂の水漏れでお悩みの場合はきょうと水道職人にお電話ください
きょうと水道職人では、京都市の他、宇治市、亀岡市、舞鶴市、城陽市など京都府全域で水まわりのトラブルの解消をお手伝いしています。

24時間365日年中無休でお電話を受け付けており、迅速にスタッフが現場に駆けつけ、原因に応じて適切に対応します。
水回りでお困りであれば、お気軽にお電話ください。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

きょうと水道職人 0120-492-315

きょうと水道職人 0120-492-315