電話して相談する

水のコラム

トイレのタンクから水漏れがある場合の修理法

2021年03月29日  トイレのトラブル

トイレの水漏れは決して見過ごせない、家庭の一大事と言えます。
トイレがしばらく使えなくなること自体も問題ですし、床などが汚い水でいっぱいになってしまうこともかなり厄介です。
しかし、水のトラブルはどんなに注意していても、部品の劣化などで起きる可能性をゼロにはできません。
万が一トイレタンクの水漏れに遭遇してしまった際は、慌てず対処できるようにしたいものです。
トイレタンクの水漏れに気付いた際の修理・交換方法について紹介します。

トイレのタンクの構造や部品

一般的なトイレタンクの中を覗いて、どんな仕組みなのか確認したことがある方はそれほど多くないのではないでしょうか。
一般的なトイレタンクの構造や部品について、簡単に紹介します。

水を流すレバーを回すと水が流れるのは、レバーを回すことでゴムフロートが上げられ、ゴムフロートがふさいでいた水の通り道が開くことでタンク内の水が便座に流れていくという仕組みです。
給水栓からはピストンバルブ・ボールタップといった部品がつながっており、これと浮き球が連動しタンク内の水量を調整する役割を担っています。

またタンク内の水が止まらなくなって無限に溢れてくるという事故を防ぐためにオーバーフロー管という部品も設置されており、水がタンクの規定水位を超えた時も余分な水が便座に流れていき水漏れ事故を防ぐ仕組みです。
トイレのタンクで水漏れなどのトラブルがあった際は、今まで紹介したオーバーフロー管・ボールタップといった細かい部品の劣化・老朽化が原因であることが多いです。

オーバーフローの交換方法

オーバーフロー管が故障しており交換している時は、まず止水栓を閉めて水の流れを止めることが第一です。
もちろん、タンク内の水をしっかり抜いてから作業しなければなりません。
タンクと給水栓をつないでいるナットをレンチで取り外すのですが、重量があるタンクを足に落とすといった事故には十分気をつけてください。
タンクの下のほうに取り付けられているオーバーフローを交換したら、レバーと連動するかどうか水を流す前に確認する必要があります。
挙動がおかしい際はチェーンの長さを調整し、フロートバルブがきちんと動くようにしてください。

交換作業が済んだ後の確認も重要で、水を流して水位が通常通りの高さになるか、おかしい音がしないか、水の勢いは正常かといった点をチェックします。
タンクをもう一度取り付けた際に止水栓やナットの緩みがある可能性もあるので、念入りに確認しましょう。

ボールタップの交換方法

ボールタップの交換もオーバーフロー管とほぼ同様の手順で可能ですが、ボールタップはさまざまな種類があるので注意が必要です。
従来型のトイレタンクは浮き球とつながっているタイプが多いのですが、浮き球なしのタイプもあります。
ボールタップはトイレタンク内の管と接続する部品なので、タンク内の構造によっては交換用のボールタップを買っても給水管とうまく接続できない場合もあるので注意しなければなりません。

万能型のボールタップも販売されているので、気になる方は通販サイトなどで確認なさってみてください。
ボールタップの交換手順も、レンチやマイナスドライバーといった工具を用いタンクの水を抜く・部品を交換する・動作を確認するといった流れに変わりありません。
止水栓を開いてタンクに水を溜めた際、浮き球ありのタイプはしっかり浮き球が浮くことを確認しましょう。

タンクレストイレの場合は対処が困難

一般的なタンク式のトイレは、部品がホームセンターなどでも販売されているので工具をお持ちでDIYの得意な方なら自力で修理することも可能です。
ただ、最近増えているタンクレストイレの場合水漏れが起きた際の修理は非常に難しいと言えます。

水漏れの原因のほとんどが、自分では手の届かない場所にあり専門業者を呼ばなければいけないケースがほとんどです。
メンテナンスがしやすくメリットも多いタンクレストイレですが、水漏れトラブルなどに見舞われた際は修理にどうしても専門的なスキルが必要となることは仕方ないでしょう。

もちろん、タンクレストイレでなくても水漏れトラブルが思ったよりも厄介で自力で解消できないというケースはたくさんあります。
一人暮らしの方などは、そもそも工具を常備していないことも珍しくありません。

タンクの修理・交換作業に少しでも困難を感じる方や故障の原因がわからないという方はすぐ専門業者を呼ぶことをおすすめします。
トイレの水漏れの最初は些細なものでも、放置しておくと大きなトラブルにつながる恐れもあるので早期解決が大切です。

トイレの水漏れでお困りのお客様をきょうと水道職人がお助けします

きょうと水道職人は京都市、舞鶴市、宇治市、城陽市、亀岡市、長岡京市、福知山市など京都府全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。

トイレや浴室や洗面所、キッチンでのつまりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にきょうと水道職人にお問い合わせください。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

きょうと水道職人 0120-492-315

きょうと水道職人 0120-492-315