電話して相談する

水のコラム

キッチンの床に水が!もしかして水漏れ?

2021年05月06日  キッチンの水漏れ

キッチンは毎日使うところですし、水漏れが起きてしまうとすぐに修理する必要があります。本来ならすぐに業者に連絡したいところですが、ちょっと待ってください。水漏れの原因によっては自分で直すことも可能なのです。自分で直すことができれば、修理費用も安く済ませることができますよね。今回は、キッチンの水漏れが起きたときに自分でできる対処法をご紹介します。

水漏れの原因は?

台所で起こる水漏れはいくつかに分けることができます。床まで水が漏れているケースは、シンクより下の部分に問題があります。大まかには以下の通りとなります。

・パッキンの劣化
水回りでは、配管やホースなど部品のつなぎ目のほとんどで、ゴム製のパッキンが使用されています。ゴムパッキンはおよそ10年ほどで寿命を迎え、劣化が始まります。劣化したパッキンは弾性が失われる、変形するといった問題が発生し、密閉できなくなり、水漏れが発生します。

・取り付けのナットの緩み
水回りの水の流れる箇所の部品同士の接続は、密閉させるためにほとんどの箇所でナットなどが使用されて締め付けるようになっています。長期間の使用によって、振動や水圧等が原因となってナットが緩んでしまうことがあります。緩んだナットは密閉することができなくなるので、そこから水漏れが発生します。

・排水ホースの破損
排水ホースが破損することで、破損した箇所から水が漏れることがあります。素材はビニール系のものが使用されていることが多いので、熱湯を流すと破損することがあります。また、シンク下は調理器具を置いていたり、キッチン用の物置として使用しているケースも多く、排水ホースに引っかかったりすることで破損することもあります。

・シンクの破損
シンクはステンレス製で錆びにくいですが、正しく使用しなければ、サビが発生することもあります。そのままにしておくとサビが進行し、そこから水漏れが発生することがあります。

原因ごとの対処方法

水漏れの原因が分かれば、簡単なものであれば自分で対処が可能です。ここからは対処法をご紹介します。

・パッキンの劣化
水回りではいろいろな箇所でゴムパッキンが使用されています。ゴムパッキンの劣化による水漏れであれば、ゴムパッキンを交換することで、水漏れは解消します。ゴムパッキンにはサイズがあるので、同じサイズのものを購入する必要があります。

・取り付けのナットの緩み
取り付けナットが緩んでいるようであれば、締め直すことで水漏れは解消されます。締め直してもその場所から水漏れが続いているようであれば、内部のパッキンを確認してみましょう。パッキンではなく、ナットの破損も考えられます。その場合は、ナットを含めたパーツごと交換が必要となる場合もあります。よく分からない場合は、専門の業者に相談してみましょう。

・排水ホースの破損
排水ホースが破損している場合は、排水ホースの交換が必要となります。破損の箇所や状態によっては、補修用テープなどを使用することで応急処置をすることも可能です。

・シンクの破損
シンクに穴が空いてしまった場合の対処法としては、補修用のパテを使用しての応急処置、シンクの交換、キッチンごとの交換があります。シンクやキッチンごとの交換はすぐにはできないので、キッチンを使用する場合は、まず、補修用パテで応急処置をしましょう。シンクの交換や、キッチンごとの交換となると個人でするには難しく、DIYというわけにはいかないので、業者に相談するほうがよいでしょう。

排水周りの詰まりによる水漏れ

厳密には水漏れとは異なりますが、排水周りが詰まってしまうと、蛇口から出た水、シンクに流した水が排水できなくなり、最悪の場合、シンクから溢れ出してしまいます。詰まりを放置するわけにはいきませんから、詰まりの箇所に応じた対処が必要になります。

・排水口の詰まり
排水口にはゴミ受けやネットがありますが、そこに食材のカスが溜まったり、ヌメリが網目を塞ぐことによって詰まりが発生します。ゴミ受け内のゴミを取り除き、ヌメリを取り除けば、詰まりは解消されます。日頃から食材のカスは流さない、まめに汚れを掃除して詰まりを防ぐようにしましょう。

・排水ホースの詰まり
排水口で全ての汚れやゴミを受け止めることはできません。ゴミ受けに引っかからないサイズのものや、ネットの網目より小さなものは、排水口から排水ホースに流れていきます。そのまま排水管まで流れてしまえばよいのですが、キッチンの汚れは油汚れも多く、いろいろな汚れと結合し大きな塊となってしまうこともあります。市販のパイプクリーナーなどで洗浄するか、ワイヤのついたブラシ等であれば、手の届かない奥まで洗うことができます。排水ホースを交換してしまうのもひとつの方法です。

・排水管の詰まり
排水管はキッチン以外からのさまざまな排水が流れる場所です。この汚れが累積することで詰まりが発生します。簡単な詰まりであればパイプクリーナーなども有効ですが、うっかり固形物を流してしまい配水管が詰まった場合など簡単に対処できない場合は、床下を剥がしての作業が必要になるため、個人での対処は難しいので業者に相談しましょう。

解決できないトラブルは業者に相談

水回りのトラブルは自分で対処できるものもあれば、そうではないものもあります。自分で対処できない場合は、早めに業者に相談しましょう。

きょうと水道職人は宇治市、亀岡市、城陽市、長岡京市、福知山市など、京都府内全域で水回りのトラブルを解決している業者です。キッチンに限らず、水回りのトラブル全般は、ぜひ、きょうと水道職人にご依頼ください。迅速な対応を行います。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

きょうと水道職人 0120-492-315

きょうと水道職人 0120-492-315