水のコラム

お風呂で水漏れが発生!自分で直せる?

2021年05月06日  お風呂のメンテナンス



お風呂など水回りの場所では、年数が経つとどうしても水漏れなどのトラブルが発生してしまいます。この水漏れを自分で直すことができれば、修理費用も安く上がるのではないでしょうか。簡単な水漏れなら自分で直してみましょう。ここでは自分でできるお風呂の水漏れへの修繕方法を説明します。

お風呂でありがちな水漏れ

風呂場で起きる一般的な水漏れには以下のものがあります。

・蛇口
蛇口からの水漏れは水が常に流れている状態となるため、水量にもよりますが水道代にも影響が出てしまいます。早めの対処が必要ですが、原因によっては自分で対処ができることも多いです。

・シャワー
シャワーヘッドの水漏れには対処が必要なものとそうでないものがあります。シャワーの使用後には、シャワーヘッド内に水またはお湯が溜まっているため、それがポタポタと垂れている場合は、水漏れではないので、対処は必要ありません。

・浴槽
浴槽からの水漏れは、お風呂に溜めた水が漏れることになるので、緊急事態と言えます。浴槽に溜めたお湯が漏れてしまうということは、お風呂が使えないため、早急な対処が必要です。浴槽からの水漏れは業者に依頼するのがベストですが、原因によっては簡単に対処ができる場合もあります。

・排水口
排水口からの水漏れは、厳密には水漏れではなく、詰まりということになります。排水がきちんと行えないため、浴室の床に水が溜まっていくことになり、最終的には浴室からお触れ出てしまうことも考えられます。マンションやアパートといった集合住宅で2階以上にお住いの場合は、最悪の場合、下の階にお住いの方に迷惑をかけてしまうこともあるので、早急な対処が必要になります。

水漏れ箇所ごとの対処方法

・蛇口
蛇口はいくつかのパーツで構成されていて、ゴムパッキンを使用してナットで締め付ける形で、水が漏れないようになっています。ナットの緩みであれば、ナットを閉めることで改善されます。

また、ゴムパッキンの劣化による水漏れの場合は、ゴムパッキンを新しいものに交換します。ゴムパッキンは一般的には10年が寿命と言われているので、寿命を迎えたゴムパッキンをそのまま使用していると、少しずつ水漏れが起きるようになってしまいます。蛇口の部品が壊れている場合は、蛇口の部品の交換だけでなく、状況によっては蛇口そのものの交換も考えてみましょう。

・シャワー
シャワーの使用後にシャワーヘッドに溜まった水が溢れている分には問題ありませんが、シャワーを止めてしばらくしても、ずっと水がポタポタと垂れているようであれば、シャワーの水を止める箇所で完全に止水できていないことが考えられます。

止水する箇所にはゴムパッキンが使用されているので、劣化状態を確認して、必要に応じて交換を行いましょう。シャワーヘッドで水を止められるものの場合は、シャワーヘッドの故障も考えられます。シャワーヘッドだけの交換も可能なので、DIYで交換してみましょう。自信がなければ業者に依頼することをおすすめします。

・浴槽
浴槽からの水漏れは、止水栓の部分と、浴槽本体からの水漏れが考えられます。浴槽の止水栓はゴムでできているため、どうしても劣化してしまいます。止水栓の劣化や変形による水漏れであれば、止水栓を新しいものと交換します。止水栓の構造によっては、使用されているゴムパッキンのみを交換するケースもあります。その場合は、止水栓は真上に引き抜ける構造になっているので、止水栓を取り外してからゴムパッキンの交換を行いましょう。

浴槽にひびが入ったり、割れたりすることで、その箇所から水漏れが発生することがあります。補修材を使用して応急処置をすることも可能ですが、完全な修理ではないので、浴槽を新しいものにすることも検討してみてください。

排水口の詰まりへの対処

排水口の詰まりによる水漏れは、詰まりへの対処となります。排水口には、排水トラップがありますが、排水トラップでの詰まりであれば、自分で対処することも可能です。排水トラップより先の排水管など配管部分での詰まりの場合は、自分でも対処は可能ですが、高圧洗浄機や専用のノズルといった特殊な道具が必要になるため、プロの業者に依頼するのがよいでしょう。

・排水トラップの分解洗浄
排水トラップはねじ式で固定されているので、外す方向に回して取り外します。排水口が詰まるほど汚れている場合は、かなりの汚れが考えられます。溜まっている汚れをポリ袋などに取り出して大まかに汚れを取ったら、重曹やクエン酸、また、カビ取り用の洗剤などを使用して、きれいに洗います。使い古した歯ブラシなどを使用して、細かな部分を掃除しましょう。頑固な汚れの場合はカビ取り用の洗剤をつけた後、ラップ等でくるんでしばらく置いておけば、簡単に汚れを落とすことができます。

・配管部分の清掃
自分でできる対処としては、市販のパイプクリーナーを使用する方法があります。また、重曹、クエン酸を振りかけた後、水を流すことで発泡効果による洗浄も可能です。ちょっとした詰まりであればこれで解消できますが、解消できない場合は業者に依頼をしましょう。排水トラップは毎日の掃除は必要ありませんが、清掃しておくことで詰まりを予防することができます。月に1度くらいは清掃しておきましょう。

自分で修理できない場合は水道修理業者へ連絡しよう

水漏れや詰まりは自分で対処できるものも多いのですが、中には難しいものや、原因が分からないものもあります。そういった場合は、すぐに水周りの専門業者に依頼しましょう。

きょうと水道職人は京都市、福知山市、舞鶴市、京都市、下京区など、京都府全域で水回りのお悩みを解決するプロの業者です。お風呂以外にもいろいろな水回りのトラブルに対処可能ですから、京都府で水周り全般のトラブルは、きょうと水道職人にご依頼ください。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

きょうと水道職人 0120-492-315

きょうと水道職人 0120-492-315