水のコラム

便器で発生した黒ずみは普段の掃除で取り除ける?

2021年05月10日  トイレのメンテナンス

真っ白なトイレの便器内に黒ずみがあると、目立ってしまいますよね。トイレは家族が毎日使うからこそ、見た目も清潔に保ちたいもの。もしも黒ずみ汚れが発生してしまったら、普段通りのお掃除でも取り除けるのでしょうか。ここでは、トイレの便器内に生じる黒ずみのお掃除方法について解説します。

便器内の黒ずみの正体はカビ?

トイレの便器内に生じる黒ずみ。繰り返し起こる黒ずみの症状にお悩みの方も多いでしょう。このような便器内の黒ずみは、主に「カビ」や「雑菌」が原因で生じると考えられています。まず黒ずみの原因を明らかにしたうえで、適切な掃除方法をお選びください。

トイレは常に湿気の多い環境であり、カビや雑菌が繁殖しやすいといえます。具体的には、湿度が65%以上かつ室温が20~30℃になると、カビが発生するため注意が必要です。1年のうちでも、湿度の高い梅雨は特に、黒ずみ汚れがないかチェックしておきましょう。

ほかにも、「水垢」や「ホコリ」などが原因で黒ずみが生じるケースもあります。一般的に、水垢による汚れは白色をしていて、かつ水はけの良い便器内にはつきにくいと考えられます。ただし、場合によってはほかの汚れと組み合わさり、黒ずみとなってしまう可能性も。定期的なお手入れを行い、便器内を清潔に保てると理想的です。

便器の黒ずみは洗剤とブラシで取り除ける?

便器の黒ずみの原因がカビである場合、トイレ用洗剤とブラシを使えば、問題なく汚れを落とせると考えられます。黒ずみが気になる部分にトイレ用洗剤を付けたら、ブラシでこすって汚れを取り除いてください。

カビによる黒ずみが繰り返し起こっているときは、市販の塩素系漂白剤※を使用します。塩素系漂白剤には、強い漂白効果や殺菌効果が期待できるので、便器内のカビや雑菌にも有効です。黒ずみが気になる部分に漂白剤を付けたら、そのままの状態で数分ほど放置して、最後に水で洗い流しましょう。

なお、水垢が原因で黒ずみが生じているケースでは、市販の酸性洗剤※を使うと汚れを落とせる可能性があります。黒ずみが気になる部分に洗剤を付けたら、そのままの状態で数分ほど放置してください。最後にブラシでこすったら、水を流します。

※こちらでご紹介した塩素系漂白剤と酸性洗剤は、混ざると有毒なガスを発生させます。
危険なため、同時に使用するのは絶対に避けてください。

実は黒ずみは便器内以外にも発生する

ここまで、便器内の黒ずみについてお伝えしましたが、実はほかにもトイレには黒ずみが発生しやすい箇所があります。

もっとも気をつけておきたいポイントは、タンク内です。トイレのタンクには、便器内と同じように常に水が溜まっています。普段なかなかお手入れをしにくい部分であるため、タンクのフタを外して汚れを確認してみましょう。

万が一、タンク内にも黒ずみが発生していたら、薬局などで購入できる重曹を使って汚れを落とせます。お掃除では、トイレのタンクにカップ1杯程度の重曹を入れて、一晩ほどつけ置き洗いをしてください。その後、ブラシでこすって黒ずみを取り除きます。

ここで注意しておきたいのは、タンク内にカビによる黒ずみが発生している場合、前述の塩素系漂白剤が使えないことです。トイレのタンクには、ゴムや金属のような塩素に弱い素材でできた部品が入っています。塩素系漂白剤を入れると、部品の破損からトイレの故障につながるおそれがあるためご注意ください。

タンク内の黒ずみは、トイレの嫌なニオイの原因にもなるため、定期的にお手入れをしておくと安心です。

トイレの黒ずみを予防する秘訣

カビや雑菌によってトイレに黒ずみが生じている場合、黒ずみを予防するコツは、トイレを清潔に保つことです。市販の洗剤を使った日頃の便器内掃除に加えて、月に一度ほどのタイミングで、ご紹介したタンク内の掃除を行うようおすすめします。

こまめにお手入れをできないのであれば、市販の置き型やスタンプ型の洗剤を活用しても良いでしょう。トイレの使用後に水を流すだけで、洗浄成分が黒ずみや汚れを防いでくれます。

また、トイレの黒ずみやニオイが気になるときは、水道工事の専門業者によるクリーニングを利用する方法もあります。こうした専門業者に依頼すれば、業務用の洗剤や清掃用具を使った、本格的な汚れ対策が可能です。汚れの原因がわからない方や、ガンコな黒ずみにお悩みの方は、地域の信頼できる業者に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

まとめ

トイレの便器内に生じる黒ずみのお掃除方法についてお伝えしました。黒ずみ汚れは、主にカビによるものと考えられます。カビ汚れは一般的なトイレ用洗剤とブラシのみでも落とせますが、繰り返し生じる場合は特別なお手入れもご検討ください。

水道工事の専門業者によるクリーニングをご希望なら、おすすめは地域密着の弊社でございます。京都市右京区・伏見区・山科区・北区など、京都エリアのトイレのトラブルは、どうぞお気軽にご相談ください。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

きょうと水道職人 0120-492-315

きょうと水道職人 0120-492-315