水のコラム

洗面所の水漏れはなぜ?DIYで自力修理のやり方をご紹介!

2021年06月04日  DIY

洗面所の水漏れが起きてしまった場合、焦らず正しく対処して放置をしないようにしましょう。水漏れなどの水回りトラブルは古い物件に限らず新築に近い物件も起こり得ます。自力での修理は難しいと思いがちですが、洗面所の排水溝まわりの水漏れは修理が可能です。下記で、対処の仕方をご紹介します。

給水管や止水栓の接続部分で水漏れしている場合

洗面所で水漏れしている原因で最も多いものがこちらの給水管や止水栓の部分です。接続部分のナットの緩み、もしくはパッキンの劣化や破損がないかを確かめてみましょう。ポタポタと垂れるようなそこまで多い水漏れではなくても、水道代が余計にかかってしまうため放置してはいけません。パッキンの劣化の場合は交換しましょう。

・給水管接続部のパッキン交換方法
まず止水栓を閉めて水を止めます。次に止水栓側のナットを緩めてから蛇口側のナットを緩めます。そして給水管を外し、古いパッキンを取り外して新しいパッキンと交換しましょう。後は緩めた順と逆につけてナットがしっかり締まっていることを確かめてください。止水栓を開けて水漏れがなくなっているかを確認したら終了です。

排水パイプにつながるS字トラップ辺りで水漏れしている場合

S字トラップには排水溝につながっている上管部とU部分にパッキンがあります。どちらかで水漏れが起こっている場合は自力で交換が可能です。ナットは前述した2箇所に加え、パイプ下部の床下へつながる部分にもついています。

・S字トラップ部のパッキン交換方法
交換をする際には、床下へつながるパイプのナット、U字のナット、排水溝接続部のナットと、下から外していきます。該当する部分のパッキンを新しいものへ交換したら外した順とは逆に、上からナットを付けていきましょう。しっかり取り付けたら、水漏れがしないか洗面台の水を流して確かめてみましょう。

・排水管と床下排水管へつながる部分からの水漏れの場合
洗面台下を収納として使う構造になっている場合、誤って排水管を持ち上げたり物で押してしまったりして防臭ゴムが動いてしまうことがあります。

床下の排水管接続部で水漏れをしているとき、原因は主に3つ考えられます。一つめは排水の時に防臭ゴムがつっかえて溢れてしまっていることが原因です。三そうなっていた時にはゴムの位置を正しく設置しなおしてあげましょう。二つめは下水管内でのつまりです。つまりの原因を確認して取り除くなどの対処をし、水漏れを解消させます。そして三つめの原因は排水管自体が下水管から外れている場合です。この場合、下水からの臭いが気になることが多いため異臭に気が付いたら排水管の接続を確認しましょう。

洗面ボウルやシャワーヘッド、シャワーホースなどから水漏れしている場合

洗面ボウルやシャワーホース、シャワーヘッドなどそのものから水漏れをしていることもあります。経年劣化や破損により水が漏れてしまっていると考えられるため、詳しい場所を特定し交換などの対処をしましょう。

・洗面ボウルからの水漏れ
洗面ボウルの底から水漏れをしている場合、なかなか気付くのが難しいです。洗面ボウルからすぐ下の排水パイプへ接続されている部分のパッキンが劣化して水漏れしていることも考えられます。詳細な水漏れ場所を特定するため、一度洗面台の中を拭いてから蛇口の水を出して水漏れ場所を探しましょう。パッキンを交換したり、傷が付いているようであれば穴を修復したりという対応をします。

・シャワーヘッドやシャワーホースからの水漏れ
シャワーヘッドやホースは部品の交換をします。自力で交換可能ですが、水栓の品番から適合する部品を見つけて取り付けないとなりません。どの部品でも合うというわけではないため、見た目が似ているからと選ばないようにしましょう。部品は「シャワーヘッド」「シャワーホース」「カプラ(接続部品)」を用意してください。部品交換はメーカーにより違いがあるため、詳細は施工説明書を確認します。

今回は主な交換方法をご紹介しましょう。まず水と湯両方の止水栓を止め、シャワーホースを外します。この時、一定量水が出るため注意しながらホースと本体を接続しているカプラを外し、ホースからも外します。

シャワーホースを引き抜いていくとホースを固定している突起があるため、これをガイドごと取り外せるようにマイナスドライバー等で慎重に押しながら外してください。シャワーヘッドやホースを接続し、ホースをケースに差し込み、ガイドを取り付けます。ホースを差し込めたらカプラを取り付け、本体の給水管に接続しましょう。

シャワーホースを引いてスムーズに出し入れが行えるかを確認したら止水栓を開きます。水漏れの確認をして問題がなければ完了です。一連の作業はせっかく交換するパーツを破損させないよう、無理に挿入しようとせず慎重に行いましょう。

水道修理はきょうと水道職人へお電話ください

水道修理でお困りの際には、きょうと水道職人までお電話ください。きょうと水道職人は舞鶴市、宇治市、亀岡市、向日市、綾部市など京都府全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。トイレや浴室や洗面所、キッチンでのつまりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にきょうと水道職人にお問い合わせください。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

きょうと水道職人 0120-492-315

きょうと水道職人 0120-492-315