水のコラム

キッチンシンクの水漏れはどうして?正しい対処方法をご紹介!

2021年06月04日  キッチンの水漏れ

キッチンを使うときに床が水浸しになっていたり、シンク下の収納に水が溜まっていたりしたら焦ってしまうと思いますが、焦らず対処しましょう。まずは止水栓を閉めて、水を拭きとります。その後、どこから水漏れしているかを確かめてそれに合った修理や交換の対応をしてください。自力でできるものもありますが、不安があれば無理をせず業者へ依頼しましょう。

排水溝部分からの水漏れ

流し台に備えられている排水溝のゴムパッキンが劣化している場合があります。シンクの下からポタポタと垂れているようなことがあったら、パッキンを交換しましょう。大きさを測り、ホームセンター等で購入します。

排水管部分からの水漏れ

シンクの下にある排水管には排水トラップというものが設置されています。排水トラップには水が溜まっており、下水からの悪臭や虫の侵入を防ぐことが目的です。

・ナットを締めなおす
排水トラップのつなぎ目のナットが緩んでいることが水漏れの原因かもしれません。ナットを締めて水漏れが直るか確認しましょう。

・ホース等がずれてしまっている
排水ホースは、キッチンの床下に埋まっている排水管に差し込まれるように取り付けられています。ホースがある部分はシンクの下で、収納になっていることが多く物でよく見えなくなっていることが多いです。収納をいじっているうちにいつの間にかホースをずらしてしまい、排水管から抜けてしまっていてシンク下が水浸し状態とであることも考えられます。

排水ホースが抜けている場合は入れなおすだけで問題ありません。しかし、ホースが破損しないように丁寧に入れなおしましょう。

・ホース本体をチェック
水漏れは排水ホース自体の破損も原因として考えられます。ビニール製の排水ホースは経年劣化によって破れるトラブルが起こることもあります。ホースが破れてしまうと水を使う時に毎回水漏れを起こしますので対処が必要です。

応急処置としては防水テープを貼っておくことも可能ですが、排水ホース自体もパッキンと同じくホームセンターで手に入れられます。早めに交換をしましょう。

・排水管がつまっている
ナットの緩みやホースのずれ、破損がない場合は排水管内部のつまりが原因かもしれません。食材カスや油などの異物が排水管内に固まってしまうことでつまってしまうことがあります。排水管を掃除し、つまりを解消しましょう。

掃除をするときには、市販のパイプクリーナー等で掃除をします。それ以外にもいくつか方法があり、重曹とお酢を使う方法やお湯とタオルを使う方法等もありますので簡単に掃除ができます。つまっていて、かつ水漏れしている場合はそのまま水や洗剤を流してしまうとそれもシンク下を水浸しにしてしまう可能性があるため、排水管を外して掃除しましょう。

排水管を外すには管の接続部分のナットを緩めていきます。溜まっている水がこぼれることが考えられるため、作業をする前にあらかじめ荷物を移動させておき、水受けを用意しておきましょう。外したら詰まっている部分をクリーナー等で掃除します。掃除を終えて取り付ける時にはナットをしっかりと締め、水漏れしていないことを確認してください。

給水管や止水栓、給湯管からの水漏れ

給水管や給湯管、止水栓が破損していることで水漏れする場合もあります。ここから水が漏れているときは業者に修理を依頼しましょう。近くの止水栓を止めても水が漏れ続ける場合は家全体の止水栓を止めます。家全体の止水栓は家の外にある場合が多いです。

シンクの破損による水漏れ

洗い物をしていて手が滑り、物を落としてしまうことでシンクに穴が開くことも考えられます。包丁やフォークなどの先がとがったものを落とした時に起こりがちです。業者に依頼することになりますが、シンクの天板を交換する対応が主になります。オーダーメイドや海外輸入品などで取り換えられる天板がない場合はキッチン丸ごと交換することもあり得るようです。

キッチン丸ごとの交換対応ができないときには応急処置を試しましょう。穴の大きさにもよりますが防水テープとパテを使って穴をふさぎます。両方ともホームセンターで手に入ります。パテは水回りに使えると表記があるもの、もしくはエポキシ樹脂が多く入っているものを選んでください。シンクの下からパテを穴に埋め込み、完全に固まったことを確認したら、その上から防水テープを貼ります。

水道修理はきょうと水道職人へお電話ください

水道修理でお困りの際には、きょうと水道職人までお電話ください。きょうと水道職人は舞鶴市、綾部市、長岡京市、向日市、宮津市、宇治市、精華町など京都府全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。トイレや浴室や洗面所、キッチンでのつまりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にきょうと水道職人にお問い合わせください。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

きょうと水道職人 0120-492-315

きょうと水道職人 0120-492-315