水のコラム

知っておきたいシャワーの水漏れ対処法~お風呂場でのトラブル解決~

2021年06月04日  お風呂のトラブル

これからの季節、暖かくなってくると徐々にシャワーで済ませるという方も増えてくるのではないでしょうか。お風呂場は、意外と水漏れに関して普段は意識をしないかもしれませんが、気付いたらシャワーからポタポタと水が滴り落ち続けていた、という経験をされた方もいらっしゃると思います。今回は、そんなシャワーから水漏れが起きた際、自宅でできる対処法を中心にご紹介いたします。

シャワーのどこから水漏れが起こるのか?

まず、シャワーと一言で言ってもパーツはいくつかにわかれており、水漏れ箇所についても起こり得る部分は複数あります。どの部分からどのように水漏れが起きていくかをそれぞれ見ていきましょう。

・シャワーヘッド
経年劣化により、水栓内部のバルブが故障してしまうとシャワーヘッドから水漏れが起こります。また、シャワーホースとの接続部から水が漏れてくる場合も、パッキンやヘッド本体の不具合などが起きているでしょう。

ただ、どちらの原因でもなさそうな場合は、シャワーヘッド内に残っている水が出てしまっている状態と考えられます。通常であれば、表面張力によりこの残留水が漏れることはありませんが、もしそういった場合は残留水を出し切れば解決するので特に修理などは必要ありません。一度水を抜くなどといったことがあると、空気がヘッド内部に入り残留水が出てしまうという構造上の仕組みによって起きる事象です。

・シャワーホース
ヘッドより下のホース部分も、経年劣化により穴が開いたりヒビ破れてしまったりすることもあるでしょう。防水テープなどで応急処置が可能です。しかし、劣化状況にもよりますが、場合によってはホースだけでなくシャワーヘッドと一緒に交換が必要なケースもあります。ヘッドとの接続部分が錆びているとホースだけを取り換えることが難しいので、状況をよく確認してからどう対処するか決めましょう。

・シャワー水栓の本体
シャワー水栓には大まかに3種類、ハンドル混合水栓・シングルレバー混合水栓・サーモスタッド混合水栓があります。これらのタイプや状況によっても変わってはきますが、水漏れが起こりやすいのは、ハンドル部分やシャワーと蛇口の切り替え部分、給水栓のあたりです。それぞれ内部のバルブやパッキンといった部品の損傷や不具合が原因のため、部品交換で改善することが多いでしょう。

自宅でできる応急処置方法

これらの水漏れ箇所に応じて、自宅でできる応急処置方法があります。部品交換など、ご自分で行えそうな方は参考にしてみてください。なお、こういった作業が得意ではない場合は、状況を悪化させては大変なので気軽に専門業者へ相談してみることをおすすめいたします。

・シャワーヘッドとホースの接続部分の場合
はじめに、どの箇所においてもですが、作業を始める前はしっかりと止水栓を閉め切りましょう。次に、固定しているナットを外すものや手回しで外せるものなど、タイプは多種ありますが、ヘッド部分とホースを取り外します。水漏れの原因となっている内部のパッキンを新しいものに交換し、逆手順で元の形に戻したら改善しているかどうか確認をして完了です。

シャワーヘッド本体に原因があり交換が必要な場合も、パッキンの交換と同様に進めていき、分解したら新しいシャワーヘッドを取り付けて改善の確認できれば完了です。

・ホースの根元の金具から水漏れが起こる場合
ホースの根元を接続しているエルボという金具があります。ここから水漏れが起きている場合は、自分でエルボを交換することで対処可能です。エルボにはカギ爪式とねじ込み式の2種類あるので、事前に確認しておきましょう。シャワーホースを外すとエルボが取り外せるようになるので、新しいものに付け替えます。作業が難しい場合は遠慮せず業者へ相談してみてください。

・混合水栓からの水漏れの場合
お湯と水を混ぜて、温度や水量を調整できる水栓を混合水栓と言います。
ほとんどのお風呂では、カランと呼ばれる吐水口とシャワーの両方から水が出るシャワー付きの混合水栓が使用されているのではないでしょうか。

混合水栓は前述の通り3種類あり、どれも吐水口の付け根から水漏れする場合は、ナットを締め直すか、内部のパッキンやケレップという「こま」を新しいものに交換しましょう。簡単な応急処置であればこのようなことが自宅で行えます。この他の箇所が原因の場合でも自力で対応可能なケースはありますが、いずれにせよ作業が難しく感じる方は無理をせず、専門業者へ連絡してみましょう。

水まわりのトラブルはきょうと水道職人へ!

きょうと水道職人は、京都市、宇治市、亀岡市、舞鶴市など京都府全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。

お客様が安心してご利用いただけるように、スタッフは専門的な教育制度を経たものばかりです。教育を受けた後現場で勤務するようになってからも、知識や技術のスキルアップを図っておりお客様に丁寧な対応ができようにも指導しております。迅速にお伺いし、しっかりと現場を確認した後、まずは無料でお見積もりを出します。浴室やトイレや洗面所など、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にきょうと水道職人にお問い合わせください。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

きょうと水道職人 0120-492-315

きょうと水道職人 0120-492-315