電話して相談する

水のコラム

トイレの床が濡れている原因と対策

2021年06月04日  トイレのトラブル

トイレの床が水浸しになっていたら一瞬パニックになるかもしれませんが、原因と対策をよく知っておけば焦らずに済みます。便器自体やタンクにヒビが入っているなどで漏水している事もなくはないものの、陶器製の便器やタンクが破損するのは大きめの地震があった時や、何か硬い物を強く当てた時くらいです。

多くは、便器から床下排水管へつながる結合部の水漏れに起因していると考えられます。チェックすべき箇所に関する正しい知識と情報を紹介していくとしましょう。

漏水箇所と原因、その対処

・トイレタンク
床を濡らしている水が透明できれいなら上水のはずですから、タンク内から水が漏れ出ているのかもしれません。まずは水が伝った形跡を探します。もし跡があればタンクのフタを上げて中を観察してみる必要があるのですが、ボールタップや浮きゴムと手洗い管がつながっている構造だと垂直方向に持ち上げて外せないので、メーカーや専門業者へ修理を依頼しましょう。

フタをうまく外せたら、内部の各パーツが適正な位置にあって、正しく動いているかどうかの確認と点検をします。タンク内の水面から出ているオーバーフロー管に記載がある水位線を目安として、実際の貯水量が少なければどこかに不具合があって水が漏れているはずです。

ボールタップ、浮きゴム、ハンドルレバーに異常があり、オーバーフロー管そのものが折れている事もあります。目で見てはっきりと異常が分かり、部品交換やナットの緩みを閉めるだけでどうにかできそうなら、自力によるDIY修理も一つの方法であり、そのための工具を事前に購入して、日頃から手入れできていれば心強いところです。

とはいえ、普段まったく目にしない、特殊な部品で組み上げられた機構なので、素人判断や慣れない作業がより大きなトラブルを招く可能性もあり「タンクの水漏れに見える」と伝えたうえで業者を呼ぶことが最良の手段ともなります。

・結露
寒暖差によって生じる結露が大量となって床が濡れてしまうケースもあり得ます。床が気温と差のある高温状態なパターンは少なく、タンク内の水に比べてトイレの室温が高い時などにタンク周りで発生した水滴が滴り落ちて溜まるのです。どこかに不具合が生じて、パーツが壊れているわけではないため、タオルなどで水滴を拭き取ればひとまず解決となるものの、結露は高湿度が生む結果ですから、環境の改善が必要となってきます。

何度も結露が生じる状態はカビが増殖しやすく、さまざまに悪影響を及ぼしますので、換気を心がけ、温度差の生じにくいトイレへ変えていく普段からの心がけが肝要です。最近のタンクは断熱材を使った防露仕様である物も多く、タンクを丸ごと交換するのも根本的解決の一つになります。

・給水パイプ、排水パイプ
配管接続部から水が漏れ出ているなら、劣化したパッキンの交換が奏功するでしょう。
DIYで対応する際は、マイナスドライバーや硬貨で必ず止水栓を閉めてから作業していきます。

・温水洗浄便座
トイレ空間の中で最も機械的な箇所ですが、チェックの基本は同じです。配管接続部からの漏水ならパッキンの交換だけで済む場合もあります。本体が故障していると思われる時は、メーカーや代理店に問い合わせてみましょう。

・便器から床下排水管へつながる結合部
実際の発生頻度として、最も多い漏水箇所です。ここまでに見てきたポイントで異常がなければ、この結合部こそ原因である可能性が高いといえます。着色した水を便器内の水たまり部へ入れて寝る前に流しておき、翌朝その色の水で床が濡れていたら、ほぼ間違いなく排水管不具合による浸水です。

古い住宅なら排水管の経年劣化、まだ年数の経っていない物件なら施工不良ですが、いずれであれ、重量物である便器を外したうえでの点検修理作業となるので、とても自力では不可能です。そのままにしておくと、床下でのカビ繁殖、高湿度による腐食、漏水規模の拡大、集合住宅なら階下住民への浸水被害事故などが生じますから、すぐに専門業者を呼びましょう。

修理依頼費用

部品の交換だけだったり、軽微な修理だったりするなら数千円で済みます。便器を取り外しての点検や、配管の総合チェックなどが必要な状態となっていれば、2万円強がかかると考えてください。漏水浸水が甚大なら床の貼り替えも必要となるはずです。面積によるものの修理代と別に2万~4万円かかります。

賃貸住宅なら管理会社や大家さんの承諾が事前に必要な事は言うまでもありません。相応の出費にはなりますが、さらに大きな問題となるかもしれない芽を摘み、今後の生活の質を向上させるコストであると理解できれば、決して高いものとは言えないでしょう。

きょうと水道職人は京都市、亀岡市、城陽市、福知山市、木津川市、京丹後市、綾部市、宮津市など京都府全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。トイレや浴室や洗面所、キッチンでのつまりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にきょうと水道職人にお問い合わせください。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

きょうと水道職人 0120-492-315

きょうと水道職人 0120-492-315