電話して相談する

水のコラム

蛇口を閉めても水漏れが止まらないのはなぜ?原因と対処法を解説!

2021年06月09日  水漏れトラブル

ちゃんと蛇口を閉めたはずなのに、どこからかポタポタ水が漏れていることがありませんか?水道トラブルの中でも多いのが、蛇口周辺の水漏れです。蛇口の水漏れをそのまま放置しておくと床まで水が漏れてしまい、床が水浸しになることもあるため、早めの処置が必要です。

今回は、蛇口の水漏れトラブルの解決法について紹介します。

まずは応急処置から

蛇口から水漏れが止まらない場合は、すぐに応急処置を行います。まずは止水栓を閉めます。キッチンであればシンク下の棚の中に、トイレであればタンク横のパイプといったように、蛇口周辺に必ず止水栓が設置されています。止水栓のタイプによっては、ドライバーが必要になることもあるので、事前に用意しておきましょう。

止水栓が見つからない場合は、屋外に設置されている水道の元栓を止めます。水道の元栓は水道メーター横に設置されていることが多いため、水道メーターボックスなどを確認してみましょう。止水栓や元栓を止めても、給水管や蛇口に残った水が漏れてくることもあるので、蛇口にタオルを巻いて、これ以上水が漏れないよう対処してください。

蛇口の種類を確認する

キッチンやお風呂、洗濯機用などでそれぞれ蛇口の形は異なりますが、分類すると単水栓と混合栓の2種類に分けられます。蛇口の種類によって水漏れの原因が異なるため、トラブルを起こしている蛇口の形を確認しましょう。

・単水栓
ハンドルが取り付けられている水栓で、ひとつの吐水口から水、またはお湯のどちらかだけを流します。吐水口が動かない横水栓や、洗面台などで使用される立水栓、パイプが左右に動く自在水栓、洗濯機用水栓など、さまざまな種類があります。

・混合栓
ひとつの蛇口から、水とお湯の両方が出るタイプの水栓です。水栓金具内で水とお湯を混合させ、自動的に温度や流量の調整ができます。

水とお湯のハンドルが付いているツーハンドル混合栓や、ひとつのハンドルで操作ができるシングルレバー混合栓、お風呂場で使用されることの多いサーモスタット混合栓などがあります。

蛇口の水漏れ原因と対処法

水漏れは発生している箇所によって、その原因と対処法が異なります。

・ハンドル
(原因)

ハンドル式の付け根部分が水漏れしている場合、三角パッキンの劣化が原因と考えられます。

(対処法)
水栓上部のパッキンを交換することで、水漏れが改善される場合もあります。ハンドル上部のビスをモンキーレンチなどで外し、ハンドルを取り外します。ナットを外して三角パッキンとワッシャーを交換し、逆手順で元に戻せば完了です。

・レバー
(原因)

シングルレバー混合栓の場合、レバーハンドル下のバルブカートリッジの劣化などによるトラブルで水漏れが発生するケースが多いようです。メーカーや製品ごとにカートリッジは異なるため、使用している蛇口の型番などを確認しておきましょう。

(対処法)
レバーハンドルに取り付けられているキャップを外し、止めネジを六角レンチで取り外します。レバーを外し、外カバーを取り外します。フライヤーなどでブッシングを外し、カートリッジを交換します。逆手順でブッシングやレバーなどを元に戻せば、完了です。

・吐水口
(原因)

ハンドル式の吐水口から水漏れする場合は、蛇口内部のケレップ(コマパッキン)が劣化している可能性があります。ケレップは丸ごと交換できますが、ゴムパッキン部分のみを交換することも可能です。

(対処法)
モンキーレンチでビスを取り外し、ハンドルを外します。ナットを外して、ピンセットなどでケレップを取り出し、新しいケレップ、またはパッキンのみ交換します。逆手順で元に戻せば、完了です。混合水栓の場合は、水とお湯のハンドル両方の交換が必要です。

・パイプ(スパウト)
(原因)

ハンドル式のパイプの根元から水漏れが起きている場合、接合部分のナットが緩んでいるかもしれません。ナットを締めても水漏れが改善されない場合は、パイプと本体の接合部分のUパッキンやリングが劣化していることが考えられます。また、スパウトそのものが故障している可能性もあります。レバー式の場合は上記の原因に加え、ナットの下に取り付けられているパルプが故障していることも考えられます。

(対処法)
まずはナットの緩みで水漏れが起きていないか、モンキーレンチなどでナットを強く締めます。ナットを締めても水漏れが起きる場合、ハンドル式はUパッキンとリングを交換します。ナットを緩めてパイプを外し、Uパッキンとリングを取り外します。新しいUパッキンとリングに交換し、逆手順で元に戻せば完了です。レバー式の場合、ナットを締めても改善されなければパルプを交換してみてください。

蛇口の水漏れトラブルが改善されない場合

蛇口から水漏れが起きている場合、該当箇所のパーツを交換することで改善される場合がほとんどですが、水栓自体に問題が起きている場合は、水道修理業者に依頼して本体を交換しなくてはなりません。

蛇口の水漏れなどの水道トラブルを解消したい場合は、きょうと水道職人にお任せください。京都市や宇治市、亀岡市や福知山市など、京都府全域をサポートしているので、気軽にお問い合わせください。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

きょうと水道職人 0120-492-315

きょうと水道職人 0120-492-315