水のコラム

台所(キッチン)にぬめりが?掃除して清潔にしておこう!

2021年06月09日  キッチンのメンテナンス

キッチンは毎日使用するものですが、ちょっとお掃除をさぼってしまうと知らないうちに排水口などにぬめりが発生してしまいます。あのぬめりの正体はいったい何なのでしょうか。ぬめりだけでなく、臭いが発生することもあります。食材を扱う場所ですから、きれいにしておきたいですよね。

ぬめりの正体は!

台所(キッチン)のゴミ受けや、排水口まわりは、ちょっと放っておくといつのまにかぬめりが発生しています。ぬめりの具合によっては、かなりの悪臭となっていることもあるのではないでしょうか。他の水回りとは異なり、油を使うこともあるので、油が原因では?と考えるかもしれませんが、実は油ではなく、雑菌が繁殖しているのです。

キッチンの特性上食材を扱うので、どうしてもそのカスが出てしまいます。大きなものはそのまま生ゴミとして捨てられますが、小さなカスは排水口からゴミ受けに流れたり、場合によってはそのままゴミ受けに流してしまうこともあるでしょう。このゴミ受けにたまった食材のカスから雑菌が繁殖し、ぬめりや悪臭の原因となっているのです。

ぬめりがあることでキッチンが使えなくなることはありませんが、そのままにしておくとカビも繁殖してしまいます。衛生上よくないので、しっかりとぬめりやカビを洗い落としてしまいましょう。湿度の高いキッチンだと、2~3日放ってくだけでぬめりが発生し、カビも繁殖してしまうのです。

ぬめりを取って排水口をきれいに

まずは、排水口にあるゴミ受けの中にたまっている食材のカスなどのゴミを捨てましょう。これを日々行うようにしておけば、本格的な掃除が必要になるほど汚れはたまりません。理想としては、料理が終わった段階ですぐに捨てるのがよいです。

次に、排水口にある排水トラップなどの部品を取り外します。外した部品は、中性洗剤をつけたスポンジ等できれいに洗います。ゴミ受けが網目状になっている場合は、歯ブラシのような細かいブラシを使用してしっかりと洗いましょう。ぬめりは中性洗剤を使用すれば、きれいに落とすことができます。また、部品を外した後の排水穴もきれいにしておきましょう。この部分にも雑菌が付着し、ぬめりが発生しています。

また、ぬめり取り用の塩素系の漂白剤を使用した洗剤も市販されていますので、上手に使用すれば手軽にお掃除することができます。食材のカスなどは取り除かなければなりませんが、ぬめりのある場所にスプレーしてしばらく放置し、水で洗い流すだけでぬめりを取り、除菌も行ってくれる便利なものです。こすり洗いの必要もないですし、漂白力があるので、かなりきれいになるでしょう。外した部品にスプレーし、そのあと掃除をすれば、消臭効果や抗菌力もアップします。

安心できる掃除方法

シンクは食材を扱うところですから、使用する洗剤にも気を使いますよね。できれば安心できる洗剤を使用したいという方も多いのではないでしょうか。そんな場合は、重曹とクエン酸を使って掃除をしましょう。重曹もクエン酸も料理で使うこともあるものですから、口に入っても安全なのです。

使い方は、基本的には洗剤を使った掃除の方法と同じです。ごみを捨て、部品を外します。外した部品に重曹を振りかけます。ここではしっかりと重曹を振りかけておきましょう。とくに、ゴミ受けの網目や部品の細かな部分などに、重点的に振りかけておきます。

重曹を振りかけた個所に、水にクエン酸を溶かしたクエン酸水をかけます。重曹とクエン酸が反応して炭酸ガスが発生し、汚れを浮き上がらせてくれるので、30分ほどおいておけば、ほとんどの汚れは浮き上がってきます。あとは、水を流して部品を元に戻せば完了です。

このとき水ではなくお湯を使えば、より効果的に汚れを落とすことができます。ただし、熱湯はシンクや排水周りを痛めてしまうことがあるので、使用しないようにしましょう。重曹とクエン酸は100円ショップで購入できるので、費用もそれほどかかりません。

排水口が詰まったら

ぬめりとは直接関係ありませんが、ぬめりが発生するような状況を放っておくと、詰まりが発生することもあります。多くの場合、ゴミ受けの網目が詰まることが原因となりますが、まれにゴミ受けから先で詰まってしまうこともあります。分解できる箇所であれば、外して掃除をすれば詰まりは解消されます。

しかし、キッチンは油などが流れるため、排水パイプなどで詰まりが発生してしまうこともあります。パイプ洗浄剤等を使用することで詰まりが解消される場合もありますが、自分で対処してもうまくいかないときは専門の業者に依頼するのがおすすめです。こうした事態を防ぐにためにも、日ごろから排水周りをきれいに掃除しておきましょう。ぬめりはもちろん、詰まりの予防にもなるのです。

対処できないトラブルは業者に依頼しよう

台所(キッチン)など、水回りのトラブルは簡単なものであれば自分で修理や交換などの対処が可能です。しかし、原因がわからない、また、自分では対処できないトラブルもあります。そのような場合は、すぐに水回りの専門業者に相談しましょう。

きょうと水道職人は京都市、宇治市、長岡京市など、京都府内全域で水回りのトラブルのサポートを行っています。年中無休で24時間受付可能ですから、京都府での水回りのトラブルは、きょうと水道職人にご相談ください。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

きょうと水道職人 0120-492-315

きょうと水道職人 0120-492-315