水のコラム

洗面所の排水溝を詰まらせないために~原因といざというときの対処法~

2021年07月11日  洗面所のトラブル

洗面所の排水溝はなぜ詰まるのか?

手や顔を洗い、歯を磨いた時に水の流れが悪いことがあるでしょう。
この時、すでに排水溝では大なり小なり詰まりが発生しているのです。

では、詰まりを引き起こしている原因が何かというと、髪の毛の場合がほとんどです。
ハンドシャワー付きの洗面台でシャンプーをし、整髪剤を使って髪をセットする方もいるでしょう。

また、ドライヤーで髪を乾かす場合はもっとも髪の毛が抜けやすいのです。
そうこうして知らぬ間に髪の毛は抜け落ちていくので、ヘアキャッチャーに絡みついてしまうだけでなく、さらに奥の排水溝に蓄積することもあります。

そして、歯磨き粉や洗顔料のカス・石鹸カスなどが溜まっていくとぬめりが発生し、そこに髪の毛が付着すると詰まりの原因は大きくなっていきます。
同様に排水トラップ内に水垢が蓄積すると、排水溝が詰まります。
水垢は、元々皮脂汚れなどにより雑菌が繁殖したものから、水分が蒸発して残ったものです。

そのため、石鹸カスなどと同様に、皮脂汚れも蓄積させないことが詰まりを起こさないためのポイントとなります。
場合によっては、ヘアピンやアクセサリーといった固形物を落として詰まることもあるでしょう。

どこで詰まりが起きているかを確認する

詰まりの原因がわかったら、次にどの部分が詰まっているのかを確認しましょう。
なぜなら、それによって詰まりの直し方が変わるからです。
具体的には、ヘアキャッチャーや排水トラップなどの上部部分か、排水管や排水升といった確認しづらい部分に分かれます。

・ヘアキャッチャーや排水トラップに原因がある場合
水の流れが悪く感じたら、まずヘアキャッチャーを取り出し、汚れの状態を確認しましょう。
髪の毛やぬめりが付着していたら取り除き、歯ブラシなどで磨き洗いをします。

これで改善しなければ、排水トラップを確認してください。
パイプユニッシュなどの液体パイプクリーナーを使って、水の流れが良くなるようであればここに問題があったと判断できます。

もし、排水トラップを分解できるようであれば、しっかりと内部の掃除をするのも良いでしょう。
ほかにもパイプ内の詰まり解消法はあるので、後半で詳しくご紹介いたします。
 
 
・排水管や排水升に原因がある場合
床下の排水管の様子はどうしてもわからないものですが、排水トラップがきれいであっても流れが悪い場合は排水管に問題があるかもしれません。
経年劣化のよるトラブルや異物が入り込んでしまっている可能性があるでしょう。

また、家の外にある排水升という部分に汚れが溜まっている場合も、水の流れが悪くなります。
排水升に原因があれば、トイレだけでなくキッチンやお風呂などさまざまな場所からも排水に問題が生じるので、他の場所よりも気付きやすいかもしれません。

おすすめの掃除・詰まり解消法

詰まりの予防を兼ねて、手軽なことから掃除を始めましょう。
ヘアキャッチャーに絡まった髪の毛などは手で取り除き、細かい汚れは重曹とクエン酸と振りかけて発生した泡を使って歯ブラシで磨きます。

この時、分解したヘアキャッチャーだけでなく、排水口部分にも重曹とクエン酸をかけて一定時間放置するのがおすすめです。
水で洗い流す際も、熱湯に水を加えて40~50℃程度を目安にしましょう。

ヘアキャッチャーのすぐ下辺りに汚れが溜まっている場合は、ストローの先端を斜めに切り、その上辺りに切り込みを入れたものを用意します。
これでワイヤーブラシのように、付着した汚れを引っ掛けて掻き出す方法です。
重曹とクエン酸の組み合わせやパイプユニッシュを使っても流れが悪い場合は、ぜひお試しください。

なお、あまりにも改善する様子が見えない場合は、ラバーカップを試すのも良いでしょう。
ただし、固形物を落としていない場合に限ります。

ラバーカップをお持ちでない場合は、ペットボトルで代用することも可能です。
ヘアキャッチャーなどを取り外し、排水溝がむき出しの状態で、ペットボトルの飲み口部分を排水口に差し込みます。
隙間ができないようにし、そのままペットボトルを凹ませて一気に引き抜くことで、ラバーカップと同様の原理となるのです。

何度か繰り返して改善しない場合は、排水トラップを分解するなどの作業が必要になる場合があります。
そのような作業が難しい方は無理せず、専門業者へ相談しましょう。

業者へ依頼した場合の料金目安について

自宅でできる解消法を試しても改善しない場合は、状態を悪化させないためにも早めに専門業者へ依頼することをおすすめします。
気になる料金ですが、単なる詰まりの解消だけであれば、おおよそ10,000~20,000円以内が目安でしょう。

しかし、排水トラップの交換などが必要となる場合は、25,000円程度かかることもあり、ほかの部分のトラブルも併発していれば50,000円以上となるケースもあります。
これらが作業料金と呼ばれる分で、別途基本料金や出張料金などがかかる業者もあります。
このように意外と料金がかかるため、専門業者を検討する際は、事前にできる限りのことを試した方が良いでしょう。

洗面所のトラブルはきょうと水道職人へお電話ください

きょうと水道職人は京都市、宇治市、亀岡市、舞鶴市、京丹後市、宮津市、長岡京市など京都府全般で水回りのトラブルを専門に解決するプロです。
ご連絡を頂いたらすぐに現場へ駆け付け、まずは無料で見積もりを出します。

専門知識のあるスタッフが状況をしっかり把握し、問題改善まで責任を持って対応いたします。
洗面所やお風呂、キッチン、トイレなど、水回りのトラブルでお困りの際は、ぜひ気軽にきょうと水道職人へご相談ください。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

きょうと水道職人 0120-492-315

きょうと水道職人 0120-492-315