水のコラム

黒ずみや水垢汚れは自力で落とせる?トイレ掃除の基本を紹介!

2021年08月25日  トイレのメンテナンス

トイレに汚れがついたまま放置していると、さらに汚れが付着してしまい、便器が黒ずんだり黄ばんでくることがあります。
トイレ掃除をしっかりしていないと自力で汚れを落とせなくなることもあるので、普段からのお手入れが重要になります。

そこで今回は、正しいトイレ掃除の方法について紹介します。

トイレ汚れの種類

トイレの汚れは大きく分類すると、以下の3つに分けられます。

・ピンク汚れ
カビと間違えられることの多いピンク汚れですが、増殖すると赤い色素を生成する酵母菌の一種で、石鹸カスや皮脂汚れなどを栄養素とするバクテリアです。
カビと同様に温度が20度以上の湿度の高い場所で活発になりやすく、ほかの雑菌に比べ増殖スピードも早いとされています。

スポンジなどでこすると簡単に除去できますが、そのまま放置していると細かい部分に入り込んでシミの原因となるため、こまめな掃除が必要です。
 
 
・黄ばみ汚れ
便器や便座が黄ばんでいるように見えた場合、もしかして尿石が付着して黄ばみ汚れになっているかもしれません。
人間の尿にはタンパク質やカルシウムが含まれており、便器などに付着して頑固な尿石になることもあります。

最初は気付かない程度の汚れですが、気が付いたときは便器にこびりついているため、簡単に汚れを落とすことができません。
尿石は便器を黄ばませるだけでなく、ニオイの原因にもなります。

また、壁や床などに散った尿も時間が経過すると黄ばみ汚れの原因になります。
 
 
・黒ずみ汚れ
便器にこびりついた黒ずみ汚れは、カビが原因です。
ピンク汚れと同じように温度や湿度、汚れが原因で増殖し、便器や便器のフチなどに発生します。
カビはピンク汚れと違い根付いてしまうので、見かけたらすぐに対処しましょう。
掃除をしてもカビの根元が残っているとすぐに繁殖するため、徹底的に掃除することが必要です。

トイレ掃除の前準備

便器や便座などの掃除を始める前に、まずは以下の事前準備をしておきましょう。

・トイレの小物を全て取り出す
トイレにゴミ箱や掃除用具、インテリアなどの小物を飾っている場合は、いったん全てトイレの外に出しましょう。
トイレの壁や換気扇を掃除する際に、大量のホコリが出ることが考えられます。
ごみ箱や小物などにホコリがついている場合は、雑巾などで拭いてキレイにします。
 
 
・トイレ内のホコリを取り除く
トイレの天井や換気扇、壁などのホコリを取り払います。
天井や壁などにはホコリが付着していることが多いため、便器掃除をする前にキレイにしておきましょう。

ホコリを拭かないまま掃除すると、便器の掃除後にホコリが落ちてしまい、再度汚れが発生する原因となります。
換気扇はオフにして外蓋を外し、プロペラまでキレイに拭いてください。

トイレ掃除の手順

トイレ掃除は汚れた場所を徹底して掃除することも必要ですが、流れを踏まえたうえで順番に掃除していくことも大切です。
掃除の順番を間違えると二度手間になったり、汚れが残ってしまうこともあるため、必ず手順どおりに掃除するようにしましょう。
トイレ掃除は上から下、奥から手前に掃除するのが基本です。

・手洗いボウルを掃除する
トイレの手洗いボウルはホコリや水垢がたまりやすい場所です。
壁や天井のホコリを拭いたあとに、キレイに拭いていきましょう。
水垢がひどい場合は酸性洗剤を吹きかけ、ブラシなどを使用してキレイにしてください。
 
 
・便器の表面と便座を掃除する
便座の表面にはホコリが、裏面や便器の表面には尿の飛び散りによる汚れがついている可能性があります。
ホコリ汚れがひどい場合は乾いたタオルなどで軽く拭き取り、そのあとに濡れタオルで汚れを拭き取ります。
汚れがひどい場合は中性洗剤などを吹きかけ、濡れタオルでキレイに拭き取りましょう。
 
 
・便器の内部を掃除する
便器の内部は尿石やカビ、ピンク汚れなどのさまざまな汚れが付着しています。
スポンジやブラシなどを使用し、まずは軽く汚れを取り除きます。
黒ずみなどの汚れが取れない場合は、除菌クリーナーや中性洗剤などを吹きかけ、しばらく放置してブラシでこすってみてください。
便器内部がキレイになったら、乾いたタオルや雑巾などで便器全体をキレイに拭いて水気を取ります。
 
 
・扉や床を拭く
トイレの床や扉も汚れているため、便器を掃除したあとは床や扉をキレイに拭きます。
濡れた雑巾で拭いたあと、できれば乾いたタオルで乾拭きをするようにしましょう。
また、便座カバーやトイレマット、スリッパなどもキレイなものに交換してください。

トイレの汚れを自力で解消できない場合はプロの業者にご相談を

頑固な汚れでない限り、トイレの汚れは自力で簡単に解消することができます。
しかし、汚れがひどくなったまま放置していた場合、自分で掃除しても汚れが取れない場合もあります。

きょうと水道職人は京都市や舞鶴市、福知山市や宇治市、木津川市、八幡市、京田辺市、京丹後市など、京都全域で水回りのトラブルに対応しています。
トイレの頑固な汚れはもちろん、キッチンや洗面所などの汚れなどでお困りの際は、お気軽にきょうと水道職人にお問い合わせください。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

きょうと水道職人 0120-492-315

きょうと水道職人 0120-492-315