水のコラム

トイレのつまりの原因は何?つまる原因と解決方法をご紹介!

2021年08月26日  トイレのつまり

トイレはつまる可能性がある

トイレを使用する日はない人がほとんどでしょう。それほどまでに、トイレは私たちの生活と密接に関わっています。しかし、毎日の使用の中でつまりが生じてしまうこともあります。トイレのつまりはさまざまな影響をもたらすため軽視してはいけません。

そこで今回は、原因やつまってしまったときの対処法をご紹介していきます。万が一の際の参考にしてみてください。

・トイレがつまると生活に支障をきたす
トイレは私たちの生活に密接に関わっていることから、つまりが発生しトイレが使用できなくなってしまうと生活に大きな支障をきたします。トイレが使用できないからといって、使わずに済むものではありません。トラブルの心配をしなくても済むように、いつでも快適に使用できる環境を整えておく必要があります。

トイレがつまる原因を紹介

トイレのつまりにはいくつかの原因が考えられます。部品の経年劣化によってつまってしまうとこともありますが、ほとんどの原因は個人の注意不足が原因です。しかし、中には知らず知らずのうちにつまりの原因となる行動をしてしまうこともあります。つまりのリスクを少しでも避けるために、以下に紹介する行動は避けるべきです。

・トイレットペーパーを流しすぎる
一度に多量のトイレットペーパーを流すとつまりの原因になります。トイレが一度に流せる量には限界があるため、いくら水に溶けやすいトイレットペーパーであっても流しすぎてしまうとつまりを発生させてしまいます。流す際はできるだけ小まめに流すようにしましょう。

・異物を流してしまう
異物を流すことによってつまりが起きてしまいます。誤って携帯電話やライター、ハンカチなどを落としてしまい、そのまま流してしまうことによりつまりが発生するのです。トイレットペーパー以外のものは絶対に流してはいけません。仮に水に流せるティッシュペーパーであっても、小まめに流すようにしましょう。

つまりが発生したときは放置してはいけない

普段から気を遣っていたとしても、トイレにつまりが生じることがあります。万が一トイレのつまりが発生したときは、決して放置してはいけません。何故なら、つまりを放置すると二次災害に発展する可能性があるからです。大きなトラブルに発展することもあるため、適切な対処が求められます。

・故障につながる
トイレのつまりを放置してしまうと、トイレ自体の故障に発展します。つまりの除去だけであれば、ほとんどの場合大きな工事は必要としません。しかし、トイレ自体が故障してしまうと、修理や交換に大掛かりな工事が必要となります。大掛かりな工事はその分費用も大きくなるため、不要な出費を防ぐためにも放置は避けるべきです。

・床上浸水する可能性がある
つまりを放置すると、トイレの水が溢れ出る可能性があります。トイレのつまりの発生は、うまく排水できていないことを意味するため、排水できない水が行き場をなくし便器外に溢れてしまうのです。汚水が溢れてしまうこともあり、そのような場合は掃除にも大きな労力を要します。衛生的にも好ましくないため床上浸水は注意が必要です。

・下の階に浸透してしまう
床上浸水した水が床に染み込むことで、下の階に浸透してしまう可能性があります。集合住宅などで下の階に住人がいる場合、下階の部屋の天井に漏れた水が滲み出てしまうことがあるのです。そのような状況では、他人の家具や家電を傷めてしまう可能性もあり、賠償問題に発展しかねません。不要なリスクを避けるためにも水漏れに警戒しましょう。

つまりが発生した際の対処法

トイレにつまりが生じたときは、絶対に追加で流してはいけません。排水ができていない状況でさらに水を流してしまうと、便器から水が溢れ出てしまいます。まずはつまりを取り除くことを最優先に行動しましょう。

・スッポンを使用する
スッポンを使用することでつまりが解消される可能性があります。トイレットペーパーのつまりなど、軽度なものであればスッポンで対応可能です。ホームセンターなどで簡単に入手できるため、万が一に備えて常備しておくのもおすすめです。

・専門業者に依頼する
スッポンを使用してもつまりが解消されないときは、迷わず専門業者に連絡しましょう。二次災害に発展してからでは手遅れになってしまうため、できるだけ早急な対応が必要になります。

修理や交換が必要な場合もある

つまりの原因によっては、部品の修理や交換が必要になります。工事が必要な場合は見積もりの作成を依頼しましょう。複数の業者に見積もり作成を依頼し、比較検討するのもおすすめです。

水回りでお悩みの際はきょうと水道職人にお電話ください

きょうと水道職人では、京都市の他、宇治市、亀岡市、舞鶴市、城陽市、南丹市、宮津市など京都府全域で水回りのトラブルの解消をお手伝いしています。24 時間 365 日年中無休でお電話を受け付けております。原因に応じて専門のスタッフが適切に対応しています。水回りでお困りであれば、お気軽にお電話ください。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

きょうと水道職人 0120-492-315

きょうと水道職人 0120-492-315