水のコラム

ちょろちょろ音が止まらない?タンクからの水漏れのサインです!

2021年08月26日  トイレのトラブル

トイレの水漏れというと床に水たまりができてびしゃびしゃの状態を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。実は、水漏れというのは目に見えない形でも起こり得るのです。トイレの中で排水が終わった後もちょろちょろと水が流れる音がする場合は、タンクの内部で水漏れが起こっている可能性がかなり高いです。

少しの水量で実際に被害がないからしばらく放置しても大丈夫、とは決して思わないでください。タンクの不調を放置することで症状が悪化し、ある日トイレが突然流れなくなり、急に大量の水が漏れ浸水の対応に追われるリスクがあるだけではありません。少しの水漏れも1日中続くとかなりの量になるため、通常の何倍もの水道料金を請求される可能性が高まります。

そこで今回は、トイレタンク内部の水漏れが起こる原因や、対処法や予防策についてお話しましょう。

タンクの中をのぞいたことはありますか?

トイレのタンクの蓋を開けたことはありますか?ない方は1年に1回は開け掃除するようにしましょう。常に水が張っていて湿度が高いタンク内部にはカビが発生しやすいため、定期的なメンテナンスを行うことが望ましいのです。

タンクの内部には、大切な部品が3つあります。1つ目はレバーにチェーンでつながれた、タンクの下部にあるフロートバルブという部品で、タンクの水を便器の内部に流す際に穴をあけたり閉めたりする水門の役割を果たしています。2つ目はオーバーフロー管という部品で、タンク内の水が増えたときに水を排出する役割を果たしている管で、正常な水位が分かるためのラインが横に記されています。

最後に、ボールタップという給水管につながれた水位を調節する部品があり、先に丸い浮き球が接続されており、それが水面を浮いたり下がったりすることで水の量を調整しています。タンク内の水漏れは、この3つのいずれかに不良があるために起こっていることがほとんどです。

水漏れの原因を特定しましょう

まずはトイレの壁についている止水栓を閉め、水がこれ以上漏れることを防ぎます。そしてオーバーフロー管に記されているラインを見て、水位を確認しましょう。通常のラインより水位が低い場合、フロートバルブに原因があり、水が過剰に排出されている可能性があります。フロートバルブにつながっているチェーンを見てみましょう。

絡まったり、他の部品に引っかかったりしてはいないでしょうか。節水のためにタンクにペットボトルを入れているご家庭では、特にチェーンの不良が起こりやすくなっています。無理な節水は詰まりの原因にもなりますから、行っている方は速やかにやめてください。

チェーンに問題がない場合は、フロートバルブのゴムの部分をチェックしましょう。経年劣化によるひび割れや縮みで、隙間が生じているかもしれません。確認できた場合は新しい部品を購入し、交換をしましょう。

オーバーフロー管のラインより高い場合は、ボールタップに問題があり給水が余剰に行われていると考えられます。浮き球を持ち上げても給水が止まらない場合は、ボールタップ本体が故障しています。ホームセンターなどで新しいものを購入し、交換しましょう。

また、ちょろちょろという水漏れでなく、タンクの上部から水が溢れている場合は、オーバーフロー管が詰まっている可能性も考えられます。汚れがひどいようなら取り出して、塩素系漂白剤に浸け置き、汚れを浮かび上がらせましょう。オーバーフロー管も、他の部品と接触して破損しているケースもありますので、その場合はホームセンターなどで部品を購入して新しいものに交換しましょう。

タンクの水漏れ予防のために

やはり、定期的な掃除を行い汚れの蓄積を行わないことと、異物を入れないことが一番の予防法です。また、タンク内の部品の耐用年数は10年から15年と言われており、特にゴムを使用しているパッキンやバルブは、硬化やひび割れが起こりやすくなっています。使用されている年数が長い方は、一度部品交換を行った方がいいでしょう。

節水を行うには専用の節水器を設置し、正しい方法で行ってください。先述したようにタンクに物を入れる方法だと、部品を傷つけるだけでなく、流す水量を単純に減らすだけなので詰まりや悪臭などのトラブルがとても多くなるのです。節水器ロスカットなどの部品だと流す水量はそのままで、バルブの閉まるタイミングを早める効果があるために、安全に節水を行えます。

トイレのお悩みはきょうと水道職人までご連絡ください

タンクの水漏れだけでなく、臭いや詰まりや尿石による汚れなど、とにかく尽きないトイレ回りのお悩みは、ぜひ一度私たちにご相談ください。きょうと水道職人は京都市、長岡京市、木津川市、八幡市、京丹後市、綾部市など京都府全般で地域の皆様に密着し、水回りのトラブルの改善に携わってまいりました。朝や深夜や祝日も、いつでも駆け付けますので、まずはお気軽にご連絡ください。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

きょうと水道職人 0120-492-315

きょうと水道職人 0120-492-315