水のコラム

トイレの排水管から水漏れ!原因は何?

2021年08月26日  トイレのトラブル

「トイレの水漏れ」と聞くと、床が水浸しになる状態を思い浮かべる方が多いと思いますが、実際の症状はさまざまです。タンクの中の部品の不良で水漏れしている場合は、ちょろちょろという水の流れる音が続きます。給水管と止水栓のつなぎ目から水漏れしている場合も、ポタポタ水滴が落ちていることがほとんどです。

ウォシュレットからの水漏れの場合も、ノズルや温水タンクやウォシュレット横からポタポタと少量の水が落ちることが多いです。また、物をぶつけて上に乗ったりすると、過剰にストレスを与えると便器がヒビ割れ底から水が染み出ることもあります。大規模な水漏れでないからと、対処を先送りにしてはいけません。

小さな水滴が漏れていることは、どこかしらに不具合が発生しているわけで、家中水浸しになるほどの水漏れにつながる可能性は大いにあります。また、水滴がゆっくり落ちるほどの水漏れも、毎日続けばバケツ何杯分もの水量になるため、水道使用料は通常時の何倍にも膨れ上がって請求されるケースが少なくありません。

多くの場合、ナットの締め直しやパッキンの交換や部品の修理などで対処は可能ですので、速やかに部品を取り寄せ対処しましょう。ヒビ割れなどの場合は、補修のテープなどで応急処置は可能です。しかし、目で確認できない便器の下の排水管から、水漏れしていることもあります。排水管からの水漏れには、どのように対処すればよいでしょうか。

排水管の詰まりによる水漏れ

トイレの排水管が原因の場合、便器と床の間から水が染み出たり、レバーを引いて水を流すと水が逆流したりという症状が起こります。排水管の水漏れ原因の一つに、排水管内の詰まりがあります。水を流した後、便器内の水位が高くなる、水を流した後ゴボゴボという異音がするなどの前兆はありませんでしたか?トイレの詰まりはさまざまなことが原因で起こります。

まず、一番起こりやすいのはトイレットペーパーや便による詰まりです。水に溶けるものでなぜ詰まりが起きるのか、疑問に思われる方も多いかと思いますが、大量にペーパーを流して、タンク内にペットボトルや瓶を入れるなどして流す水量を少なくする節水法を行ってしまうと、排水管の内部に滞留してしまいます。

トイレットペーパーが詰まってしまった場合は、40℃から60℃のぬるま湯をバケツ1杯程度流し込めば解決することがほとんどです。それでも解決しない場合、重曹とお酢を加えて炭酸水を作り、その発砲の効果で汚れを浮き上がらせましょう。方法はいたって簡単で、重曹とお酢を1対2の割合で便器の中に注ぎ1時間ほど時間を置いた後、バケツの水を流し込むだけです。家庭にあるもので刺激臭などのリスクもなく行えるので、小さなお子さんやペットがいらっしゃるご家庭にもおすすめの方法になります。

詰まりの原因は、トイレットペーパー以外にも食べ残しや吐しゃ物を流したために油汚れがたまったり、ティッシュペーパーやおしり拭きなど、水に溶けないサニタリー用品を流したために起こったりとさまざまです。また、トイレに流せるペット用の砂やウエットシートも、流す際の水量が少なく大量に流してしまうと詰まりの原因になり得るため注意が必要です。

詰まりの原因でよく見られるのが、誤ってプラスチック製や布製のものを落としてしまったというケースでしょう。スマートフォンやガラケーなどの携帯電話や鍵、アクセサリーや胸ポケットやおしりのポケットに入れたハンカチやペンなどを落としてしまったというお声は非常に多いです。また、小さなお子さんがレゴブロックやトミカなどのおもちゃを投げ込んでしまったという事故も見られます。

もし物を落としてすぐ、目で見える場所に落ちているならば、気が引けるかもしれませんが決してレバーを引かずゴム手袋をして落としたものを取り出してください。届かないようなら無理に手で取り出そうとせず、ラバーカップを使用して吸引しましょう。それでも取り出すことが不可能ならば、排水管の先に流れてしまった可能性が高く、個人で取り出すことはほとんど不可能ですから、水道修理業者へ対応を依頼してください。

排水管の破損や施工不良による水漏れ

排水管内の詰まりに原因がなく、排水管が老朽化し損傷し、水漏れが生じている可能性があるので、水道修理業者へ速やかに連絡をしてください。賃貸住宅や集合住宅の場合は、指定の業者がいる場合や、修理費用や手配が管理会社の負担とされていることもあるため、大家さんや管理会社へ連絡をしましょう。

また、新築やリフォームして間もないご家庭の場合は、排水管と便器の接続がうまくいかず、水漏れにつながっている可能性があります。その場合は施工した業者に連絡しましょう。

トイレの水漏れはきょうと水道職人までお電話ください

ご自身での作業が不安な方、業者選びにお悩みの方はぜひ、きょうと水道職人におまかせください。私たちは、京都市、宇治市、亀岡市、舞鶴市、長岡京市、福知山市、城陽市など京都府全般で地域の皆様に密着し、水回りのトラブルの改善に携わってきた水道のエキスパート集団です。まずはお気軽にお見積もりやご相談だけでもご連絡ください。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

きょうと水道職人 0120-492-315

きょうと水道職人 0120-492-315