水のコラム

お風呂の水漏れ修理にかかる費用相場

2021年09月02日  お風呂のトラブル

ある日突然起こる水漏れ。お風呂場で水漏れしている場合には、部品劣化や破損が原因の可能性があります。
自分で修理をする方もいますが、業者に依頼をするのが安心かつ確実です。

しかし業者に依頼する際に気になるのは修理費用です。
お風呂場の水漏れの修理費用は、修理箇所により異なります。

そこで今回は水漏れの費用相場を、修理箇所として多い3パターンに分けてご紹介します。
業者により修理費用は異なるため、目安として参考にしてください。

お風呂で水漏れが起きる原因

お風呂で水漏れが起きる原因として多いのは経年劣化です。
浴槽や蛇口、シャワーとこれらの部品には耐久年数があります。
浴槽の耐久年数は約20〜30年、部品は10〜15年です。

しかし日頃の手入れにより早く破損することも少なくありません。
それぞれの状態を見て水漏れが発生する前に、部品の交換や買い替えを検討することが大切です。

例えばシャワーや蛇口などの金属部分にサビがある場合は、サビ止めで擦ってみましょう。
サビが取れない場合は、金属の深くまで到達している可能性が高いため修理または買い替えが必要と判断できます。

また、排水溝から悪臭がする場合は、排水溝の破損または劣化が考えられます。
排水溝の破損は水漏れの原因となるだけではなく、雑菌の繁殖による健康被害の恐れもあります。
日頃からこまめに掃除をしているにもかかわらず悪臭がする場合は、専門の業者に見てもらった方がいいでしょう。
 

お風呂で起こる水漏れの費用相場①シャワー

シャワーヘッドから水漏れしている場合は、バルブやシャワーヘッドの破損、シャワーホースの付け根の破損が原因と考えられます。

バルブやシャワーヘッドが破損していた場合は、本体を取り替える修理をします。
バルブやシャワーヘッド本体の費用は約3,000〜8,000円です。
本体価格にさらに修理費用と、業者によっては出張費もかかるため、シャワーヘッド交換の修理費用の相場は約13,000円です。

シャワーホース本体の付け根が破損していた場合には、内部のパッキンの劣化が考えられます。
パッキンの劣化はパッキンの交換修理をします。
パッキン本体は約1,000円前後で購入できます。
修理費と出張費を合わせて約8,000円が費用相場です。
 

お風呂で起こる水漏れの費用相場②蛇口

蛇口が原因となっている場合は、蛇口のパッキンの交換または蛇口本体の交換を行います。
蛇口の付け根の接続部分が破損している場合は、シャワーヘッド同様パッキンの交換で水漏れが改善する可能性があります。
パッキンの交換のみの修理の費用相場は約8,000円です。

パッキンを交換したにもかかわらず水漏れが改善しない場合には、蛇口本体が劣化している可能性が高いです。
この場合蛇口本体を交換しなくてはなりません。
蛇口本体を交換する場合は修理費と出張費に加え、蛇口本体の費用が発生します。
蛇口は複数の種類があり、価格が異なります。

お風呂で使用されている蛇口のほとんどは、2ハンドル混合水栓かサーモスタット式水栓です。
2ハンドル混合水栓の本体価格の相場は約1万2,000円〜約1万5,000円、サーモスタット式水栓の本体価格の相場は約2万円〜約3万5,000円です。
 

お風呂で起こる水漏れの費用相場③排水トラップ

排水トラップが原因となっている場合は、排水トラップ内に溜まった汚れを洗浄することで改善します。
しかし水漏れするということは汚れがかなり溜まっており、こびりついていることが考えられ、簡単には取り除けません。
高圧洗浄機で取り除けない場合は、排水トラップ本体の交換修理を行います。

高圧洗浄機の費用相場は約3,000〜10,000円、排水トラップの交換にかかる費用相場は約5,000〜15,000円です。
高圧洗浄機には出張費、排水トラップの交換修理には修理費と出張費が加算されます。
 

水漏れ修理の費用相場よりも高くなる原因

上記でご紹介した費用相場はあくまでも目安です。
しかし費用相場よりも高くなることも。
その主な原因は「本体価格が高い」「悪徳業者だった」ことが考えられます。

蛇口やシャワー本体を取り替える場合、本体の種類により修理費用が大きく変わります。
本体価格が高い高機能なものを購入すると、その分費用が高くなります。

現在、水漏れの修理業者は数多くあります。
中には修理後に見積もりよりも高額な修理費用を請求する悪徳業者もいます。
特に基本料金しか提示していない業者には注意が必要です。
必ず見積もり書を詳細に記載しており、追加料金が発生する場合は事前に確認してくれる業者を選ぶようにしましょう。

業者の口コミやホームページなどからこれまでの実績を事前に確認しておくことで、悪徳業者への依頼を防げます。
 

作業前に見積もりを提示してくれる業者なら安心

業者に依頼をする際は、見積もり書を詳細に記載しており、追加オプションが発生した場合は事前に提示してくれる業者を選ぶようにしましょう。

水漏れ修理は、最初に提示してもらった見積もり書通りに修理が進むとは限りません。
破損箇所が著しい場合は、部品の交換修理から本体の交換修理に変更になることもあります。
この際必ず施工前に金額を提示してもらうことで、「修理後に見積もり書と費用が全く違った」などのトラブルを防げます。

また、見積もりを依頼する際は無料の業者がおすすめです。
中には有料の業者もあるため、ホームページなどで確認しておきましょう。
 

きょうと水道職人ならお伺いからお見積りまで無料!

京都府で水漏れ修理業者をお探しの方は、「きょうと水道職人」にお任せください。
「きょうと水道職人」は、幅広い水まわりのトラブルに対応しています。

24時間365日受付、見積もりは無料です。
京都市、福知山市、舞鶴市、宇治市など、京都府内であれば多くのエリアに対応しております。
見積もりや対応エリアについての問い合わせなど、まずはお気軽にお電話ください。
 

お電話一本ですぐに駆けつけます!

きょうと水道職人 0120-492-315

きょうと水道職人 0120-492-315