水のコラム

気付いたら床が水浸し!どうする?洗面所の排水溝からの水漏れ

2021年09月10日  洗面所のトラブル

油汚れや食材カスなどさまざまなごみが排出されるキッチンや、家族全員が一日の汚れを落とす浴室に比べて、洗面所はサニタリースペースの中でトラブルが少ない場所とお考えの方は多いのではないでしょうか。

しかし、朝の洗顔や歯磨きや髭剃りなどの身支度、帰宅後の手洗いやうがい、入浴後のドライヤーやスキンケアなど、使用頻度の高い洗面所はとても汚れやすく、こまめに手入れが必要な場所なのです。洗面所で起こるトラブルの中で、最も避けたいものは間違いなく水漏れでしょう。

床が水浸しになり、クッションフロアの下の床材にまで被害が及んでしまったら、木材が腐食することによるカビやシロアリの被害が懸念されます。そうなってしまったら、大規模な床下の木材の張り替えが必要になるため高額な修繕費用が必要になるかもしれません。

また、マンションやアパートなどの集合住宅にお住まいの方は、階下への被害も心配になります。別世帯の家財や建物に損害を与えてしまったら、当然のことながら賠償する責任が発生します。このように厄介ごとしか運んでこない水漏れはなぜ起きてしまうのでしょうか?

蛇口や洗濯機に問題がなければ洗面台の下を見てみましょう

洗面所の床が水浸しになる原因は、蛇口やシャワーヘッドなどの水栓周辺か、排水口、洗濯機のいずれかです。蛇口からのポタポタという音や洗濯機の防水バンの水溜まりなど異常がなければ、排水口に異常がある可能性が高いです。

洗面台の下に収納しているものを取り出して、パイプや排水管を見てみましょう。水漏れの箇所を特定するために、蛇口を捻り水を出してみてください。ポタポタと水が落ちるところがあれば、そこが水漏れの原因となる箇所です。

具体的に水漏れが起きやすい箇所と、その対処法と合わせてご紹介しましょう。実は、ほとんどのケースはご自分で解決することが可能なのです。

洗面台下からの水漏れ

まず、給水管や止水栓の周りをチェックしましょう。接続されている箇所のナットが緩んでそこから水が漏れていませんか?緩んでいるならモンキーレンチなどを使用してしっかりと締め直します。

ナットがしっかりと締まっているなら、内部のパッキンに劣化がないかを確認し、あるようなら交換します。パッキンはホームセンターやネットショップで安価で購入できますが、すぐに用意できない場合、輪ゴムを代わりにグルグルと巻いて応急処置をしてください。

次に、床下の排水管から排水パイプ、もしくは排水ホースが外れていないかをチェックしてください。まさかと思うかもしれませんが、物を詰めこむ、無理矢理引っ張り出すなどの物理的な力を与えることによって外れてしまうケースは多いのです。この場合、防臭ゴムや防臭カバーとともに差し込み直せば症状は改善します。

また、排水パイプや排水ホース自体に亀裂や穴あきが生じており、そこから水が漏れているという可能性もあります。塩化ビニール製の排水パイプは劣化の影響を受けやすいため、非常にトラブルが起きやすい場所です。パイプを交換する必要がありますが、スペアのパイプの用意がなく交換がすぐできない状況なら補修用のテープやパテで損傷している場所を一時的に塞いでください。

また、ぐにゃりとカーブしたS字トラップも、独特な形状からトラブルが起きやすい場所となっています。他の箇所と同様に接続部のナットやパッキンに異常がないかをチェックしましょう。

接続部に異常が化ければ、トラップやパイプの中に詰まりが生じていて、水がうまく流れず溢れ出ているかもしれません。洗面所の排水トラップは、髪の毛や石鹸カスや皮脂垢だけでなく、誤って落としたヘアピンやお子さんのおもちゃなどで詰まるリスクが高い場所です。

この場合、解決する方法は三つあります。一つ目は、ラバーカップや真空式パイプクリーナーなどで直接詰まりを吸引する方法です。カップを排水口に押し付け、半分浸かるくらいに洗面ボウルに水を溜めて、垂直に押し引きすることで、中に真空状態が生まれるため、強力な力で吸い上げられます。手元に道具がなければ、半分に切ったペットボトルでも代用できます。

もう一つは、パイプユニッシュなどの強力な詰まり専用の薬剤を使用するなどして詰まりを溶かし流す方法です。とても強力な作用ですが、その分皮膚や洋服に付着すると危険です。しっかりと換気し、手袋やエプロンやマスクを着用して使用するようにしましょう。

最後に、ラップを分解して、直接汚れを掻き出す方法があります。その際はトラップの下にバケツを置き止水栓を閉めてから作業しましょう。その際パイプを塩素系漂白剤に浸け置くと、細かい汚れもきれいに落とせます。

洗面所のお悩みはきょうと水道職人におまかせください!

どうしても原因が分からない場合やすぐに解決したいという方は、プロの手にぜひ委ねてください!私たちきょうと水道職人は、京都市、宇治市、亀岡市、舞鶴市、城陽市、南丹市、宮津市、久世郡など、京都府の多くの地域で水回りのトラブルを、豊富な実績と確かな技術で解決してまいりました。どうぞお気軽にお問い合わせください。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

きょうと水道職人 0120-492-315

きょうと水道職人 0120-492-315