水のコラム

トイレが臭い!悪臭のタイプ別対応方法を紹介します

2021年09月10日  トイレのメンテナンス

いつもトイレは欠かさずに掃除しているのになぜか臭う、そんな経験はありませんか?そんな場合は、お掃除のときに見落とした部分があるのかもしれません。トイレは毎日使う場所なので、できるだけ快適な空間にしておきたいものです。今回はトイレの臭いのタイプ別に対応方法をまとめました。

アンモニア臭でお悩みの方にお試しいただきたいことは?

尿や尿石がアンモニア臭の原因です。排泄された直後の尿は無臭ですが、時間がたつと空気中の雑菌によってアンモニアに分解され、悪臭を放ちます。

また、尿に含まれるカルシウムが固まったものが尿石です。尿石には雑菌が集まるため、余計にアンモニアが発生します。一度便器にこびりついた尿石は、普段通りのお掃除では落とせません。ですから、アンモニア臭を抑えるには、尿や尿石のこびりつきを予防するしかないのです。尿は思ったよりさまざまな場所に飛散しています。

まずは、便座のふちの裏側です。目で確認しにくく、ブラシも届きにくい場所なので汚れたままになってしまいがちですが、しっかり掃除するようにしましょう。トイレのフチ専用のブラシを使用し、汚れが落ちたかコンパクトミラーなどで確認するのがおすすめです。

男性が立ったまま小用をしたときに汚れやすい場所もあります。尿が便器の中の水に当たって撥ねたものが、蓋の裏や便器と便座のつなぎ目の部分に飛び散るのです。毎回でなくてもよいので、便座や蓋は取り外して尿を拭き取りましょう。

ウォシュレットのノズルも汚れが溜まりやすい部分です。しかし、説明書をよく読んで正しい方法でお掃除しないと、故障の原因となるのでご注意ください。
便器と床の隙間も汚れやすい場所の一つです。とても掃除しにくい場所ですが、隙間を埋めるコーキング材やテープなどもあるので、ぜひお試しください。

また、アンモニアは空気より比重が軽いため、天井の換気扇に付着することがあります。これが臭うこともあるので、どんなに掃除しても悪臭が消えない場合は、天井や換気扇を掃除してみましょう。尿が固まって尿石になった場合は、酸性のトイレ洗剤を使って落としてください。重曹とクエン酸でも同じ効果が期待できます。それでも無理な場合は、業務用の尿石除去剤もあるのでご検討ください。

トイレから下水の臭いがするときはどうすべき?

トイレが下水臭いときは、封水の量を確かめてみましょう。封水とは便器の底に溜まっている水のことで、排水管からの下水の臭いをシャットアウトする役割があります。これが少なくなると、排水管から下水臭が上がってきてしまうのです。長期間トイレを使わないと、封水が蒸発して減ってしまうことがありますが、この場合は封水を増やすことで解決します。

蒸発していないのに封水が減っている場合は、排水管が詰まっている可能性があります。この場合は、自分では解決できない可能性が高いので、水道修理業者に依頼しなければなりません。あまりに臭いがひどい場合は、バケツで水を汲んで便器に入れて応急処置するとよいでしょう。

また、便器と床の間から下水の臭いが漏れている可能性もあります。最悪の場合は、水が漏れてそれが嫌な臭いを発生させているのかもしれません。水が漏れている場合は、そのままにしておくと、床材が傷んで貼り替えなければならなくなります。

2階以上にあるトイレの場合は、階下への水漏れの可能性も否定できません。早急に専門業者を手配するようにしましょう。

トイレがカビ臭いときはどうしたらよいの?

トイレタンクの中は常に水があるため、どうしてもカビが生えやすい環境です。タンク内をまったく掃除していないと、トイレの中にカビの臭いが充満します。便器の黒ずみもこのカビが原因です。

タンクを掃除する際は、まず蓋を外します。手洗い器がついているタイプは、給水ホースも外しましょう。タンクの蓋はスポンジとトイレ用中性洗剤できれいにして、乾燥させます。タンク内は、ブラシでこすればたいていの汚れは落ちます。落ちにくい汚れがある場合は、洗剤できれいにしましょう。このとき、ハイターなどの塩素系漂白剤は使わないでください。タンク内の部品が傷む原因になります。

ここまでするのは面倒だという方におすすめなのが、タンク用の洗浄剤です。手洗い器の穴から洗浄剤を入れるだけで、タンクの中がきれいになります。洗浄剤はドラッグストアなどで簡単にお求めいただけるので、ぜひお試しください。

トイレの悪臭にはいくつかのパターンがあり、その対処方法もそれぞれ異なります。しかし、臭いを予防するには日頃の掃除が大切なのは、すべての場合でいえることです。どうしても臭いが取れない場合は、専門業者へ対応を依頼することも検討してみましょう。ご自分では対応しきれないトイレの臭いが解消されます。忙しくて本格的な掃除をしている暇がない方にもおすすめです。

臭い、詰まりなどの水トラブルはきょうと水道職人にお電話ください

きょうと水道職人は京都市を中心とした八幡市、京田辺市、宇治市、船井郡、亀岡市、舞鶴市など京都府全域でお客さまの水トラブルを解決しています。水トラブルでお困りの際はぜひきょうと水道職人にご一報ください。すぐに水回りのプロがお客さまのところに駆け付けます。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

きょうと水道職人 0120-492-315

きょうと水道職人 0120-492-315