水のコラム

トイレ掃除の大敵は頑固な汚れ!効果的な掃除方法は?

2021年10月07日  トイレ

できればしたくないトイレ掃除

毎日使用する頻度が高いトイレ掃除ですが、掃除が大変な場所でもあります。
黒ずみや黄ばみ汚れ、嫌な臭いなど、油断するとすぐに出てくる汚れに、ため息が止まらないという方も多いことでしょう。

使用頻度が高いため、トイレの汚れは放置すればするほどより頑固になっていきます。
今回は、そんなトイレの汚れの正体と、効果的な掃除方法をご紹介します。

トイレの汚れの原因は?

・黒ずみ汚れはカビや水垢
さぼったリングと呼ばれるトイレの便器内に発生する黒ずみは、一度できてしまうと非常に落としにくい汚れです。
この黒ずみの正体は、カビや水垢、埃、雑菌などが合わさった汚れです。

カビの胞子は通常空気中を漂って湿気の多い場所に根を張り、埃や汚れなどから栄養分を吸い取って成長していきます。
そのため、便器の内側はまさにカビにとっては住み心地の良い環境なのです。

水垢や埃、カビなどが一緒くたになったこの黒ずみ汚れは、放置すればどんどん根を張り、少し擦っただけでは除去できなくなってしまいます。
 
 
・トイレの黄ばみは尿石が原因
ふち裏などに溜まるトイレの黄ばみの正体は、跳ね返った尿が固まってできる尿石です。
尿石も黒ずみと同じく放置すればするほど硬くなり、簡単には落とせなくなってしまいます。

また、尿石の厄介なところは便器の中だけでなく、便座の裏や壁、床などにも飛び散っている可能性がある点です。
特に、男性が立ったままトイレを使用するとかなり広範囲に尿が飛びますので、拭き残した尿が固まって黄ばみ汚れになってしまうというケースも考えられます。
 
 
・臭いの元はアンモニアやカビ
トイレの黄ばみや黒ずみを徹底的に掃除したのに、嫌な臭いが取れないことがあります。
実は、この臭いの原因は便器と床の接合部分にある場合があるのです。

便器と床の接合部分は、構造上どうしてもわずかな隙間が開いてしまいます。
そこに飛び散った尿やカビの胞子が入り込むことで臭いの原因となるのです。

便器の接合部分はどうしても手が届きにくいため、見落としてしまいがちです。
臭いが気になると感じた時は、念入りな掃除を行う必要があります。

トイレの汚れを効果的に落とすには?

・トイレの黒ずみを落とすには重曹を使用
カビや水垢が原因となってできる黒ずみには、重曹を使用した掃除がおすすめです。
重曹はナチュラル掃除で一躍有名になった掃除アイテムです。

ベーキングパウダーなどにも含まれているものですので、口に入っても安全なため、強い洗剤は使いたくないという方や小さなお子さんがいる家庭でも安心してご使用いただけます。

重曹を粉末のまま、黒ずみの気になる部分に振りかけ、一晩置いてからブラシで掃除をしてください。
重曹が汚れを中和するため、軽度な黒ずみであれば簡単に落とせます。
 
 
・尿石の除去にはクエン酸と重曹がおすすめ
尿石による黄ばみには、重曹とクエン酸を使った掃除が効果的です。
掃除の前に、まずはクエン酸スプレーを作ります。

作り方は水200mlにクエン酸小さじ1杯を溶かし、スプレーボトルに詰めるだけです。
このクエン酸スプレーを吹きかけ、上から粉末の重曹を振りかけてください。
クエン酸と重曹が反応し、二酸化炭素の泡が出ます。
換気をしながら30分時間を置き、ブラシで擦ることで尿石を除去できるのです。
 
 
・臭いの除去には重曹が効果的
便器の接合部分から漂う臭いには、重曹を少量の水で溶き、ペースト状にしたものを使用します。
使い古した歯ブラシなどに重曹ペーストを付けて磨くことで、汚れがきれいに落ちます。

また、重曹には臭いを抑える効果があるため、嫌な臭いにも効果的です。
壁や床の臭いには、重曹スプレーがおすすめです。
水200mlに重曹を小さじ2杯溶かし、壁や床に吹きかけてから雑巾などで拭き取ってください。

頑固な黒ずみや尿石でもサンドペーパーは危険

なかなか落ちないほど固まった黒ずみや尿石は、耐水性のサンドペーパーで磨くときれいになると言われることがありますが、誤って力を入れ過ぎてしまうと、汚れだけでなく便器の表面を削ってしまう可能性があります。

この場合、陶器の傷に雑菌が繁殖する可能性がありますし、便器の破損になりかねません。
サンドペーパーほどではありませんが、クレンザーの使用もトイレを傷つけてしまう可能性がありますので、おすすめできません。
便器についた傷にカビが繁殖すると傷の内部にまでカビが根を張るため、かえって汚れを落としにくくしてしまうケースもあるのです。

頑固な黒ずみや尿石はなかなか落ちないと感じるかもしれませんが、繰り返し浸け置きをすることで徐々に汚れがやわらかくなり、落としやすくなります。

トイレのトラブルはきょうと水道職人へ

尿石などの汚れが便器内に溜まっていくとトイレの詰まりを引き起こしてしまうことがあります。
トイレの詰まりや排水管の破損、タンクの水漏れトラブルなどが起こった場合は、きょうと水道職人にお任せください。
きょうと水道職人は、トイレのほかにもキッチンやお風呂場など、水回りのトラブルを解決する専門業者です。

京都市中京区、山科区、西京区を始め、亀岡市、木津川市、南丹市、相楽郡精華町、和束町、与謝郡与謝野町、伊根町など京都府内各地に出張いたします。
お困りの際は、ぜひきょうと水道職人にご相談ください。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

きょうと水道職人 0120-492-315

きょうと水道職人 0120-492-315