水のコラム

カビやヌメリは健康被害のもと!効果的な除去方法を解説

2021年10月07日  お風呂のお掃除

お風呂場の掃除は体力が必要

立ったりしゃがんだりするお風呂掃除は、家事のなかでも比較的重労働です。
落ちにくいカビやすぐに発生するピンク汚れなどのヌメリがあろうものなら、ゴシゴシと力いっぱい汚れと格闘しなければならず、なおさら厄介です。

お風呂場にはカビやヌメリのほかにも、水垢や皮脂汚れなど、落としにくい汚れが溜まっている場合があります。
今回は、そういったお風呂場の汚れに潜む危険性と、効果的な掃除方法をご紹介します。

カビやヌメリの危険性とは?

カビは温度と湿度、餌がそろっている場所で繁殖するものです。
お風呂場は適度な湿度があり、入浴時には快適な温度にまでなります。
さらに、せっけんカスや皮脂汚れなどの餌も豊富にあるため、カビにとっては非常に居心地の良い環境なのです。

このカビですが、胞子を吸い込むことでアレルギーを引き起こす危険性があるのです。
また、お風呂場によく発生するヌメリですが、ピンク色のものはロドトルラという酵母が繁殖することによって発生します。
ロドトルラ自体は健康に被害をもたらすことはありませんが、このヌメリの中には乾燥から身を守るためにさまざまな雑菌が潜り込んでいることがあるのです。

その中でも、お風呂場で危険性が高いと言われているのがレジオネラ属菌です。
こちらの菌は自然界にもいる身近な菌ですが、屋外の環境では繁殖しにくい菌になります。
お風呂場のような水が一定時間溜まっている環境下では爆発的に増えてしまう特徴があるのです。

このレジオネラ属菌は、シャワーを使用したときの水の勢いで空中に舞い上がり、肺に入ることで高熱などの症状を引き起こします。
特に小さなお子さんや高齢の方にとっては危険ですので、注意が必要です。

カビやヌメリを除去するには?

・カビの除去には重曹とクエン酸が効果的
安全なナチュラルクリーニングアイテムとして人気が高まっている重曹とクエン酸ですが、お風呂場のカビの除去にも効果的です。
掃除の前に重曹を少量の水で溶き、重曹ペーストを作ります。

クエン酸は水200mlに小さじ1杯を溶かしてスプレーボトルに入れてください。
カビの気になる部分に重曹ペーストをブラシなどで塗り付け、上からクエン酸スプレーを吹きかけます。
泡が出てきますので、乾かないようにラップで覆ったまま30分ほど放置してください。

重曹とクエン酸が反応して発生する泡は二酸化炭素ですので、放置時間の間は換気を行ってください。
時間が経ったらラップを外し、ブラシなどでカビを擦り落とします。

換気扇の羽などの取り外しが可能な部品は、外して重曹とクエン酸を粉末のまま振りかけ、40℃ほどのお湯を注ぐ方法でもカビの除去が可能です。
重曹には静菌作用と言って、菌の繁殖を抑える効果がありますので、きれいな状態を保てます。

クエン酸や重曹ではカビが取りきれない、さらにしっかり殺菌がしたいという場合は、カビハイターなどの塩素系漂白剤の使用がおすすめです。
塩素系漂白剤を使う場合は、使用する箇所を乾かす必要があります。
壁などが濡れたままになっていると、漂白剤が薄まってしまい、効果が弱まる可能性があります。

注意点ですが、塩素系漂白剤を使用する際は、酸性洗剤との併用を避けてください。
有害なガスが発生する恐れがあります。
 
 
・ヌメリの除去には重曹が最適
ヌメリを落とすには、先ほど紹介した重曹ペーストの使用がおすすめです。
ヌメリはカビと違い、水に濡らしたスポンジで擦るだけでも簡単に除去ができますが、重曹を使用することでカビと同様に静菌作用で雑菌の繁殖を防げるのです。
ヌメリは比較的速いペースで発生しますので、小まめに掃除をする必要があります。

カビやヌメリを予防するには熱めのお湯がおすすめ

カビやロドトルラは熱に弱いという特徴があります。
そのため、掃除の後に60℃程度のお湯を浴室全体にゆっくりとかけてください。
こうすることで、浴室に残ったカビやヌメリの原因菌を殺菌できます。
この時、熱いお湯で火傷をしないよう注意してください。

お湯をかけ終わったら、今度は冷水をかけ、一気に温度を下げてください。
ピンク汚れは20~30℃の温度でもっとも繁殖しやすくなるため、一気に浴室を冷やすことで繁殖しにくい状態にできるのです。

また、カビや雑菌は乾燥に弱いため、換気扇を回してしっかりとお風呂場を乾燥させることが重要です。
お風呂場の換気扇は入浴後だけでなく、常時つけたままにしておいた方が雑菌の繁殖を抑えられます。

水回りのトラブルはきょうと水道職人へ

きょうと水道職人はお風呂場のほか、トイレ、キッチン、洗面所など、家庭内の水回りで起こるトラブルを解決する水道局指定工事店です。
トイレや排水管の詰まり、水漏れの修理、蛇口の部品交換など、さまざまなトラブルをプロのスタッフが解決します。

京都市北区、南区、山科区のほか、京丹後市、日向市、京田辺市、京丹後市、向日市、綾部市など京都府内の各エリアに出張いたします。
水回りのトラブルにお悩みの際は、ぜひきょうと水道職人にご相談ください。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

きょうと水道職人 0120-492-315

きょうと水道職人 0120-492-315