水のコラム

トイレの排水管から水が漏れる?原因はトイレの詰まり

2021年10月07日  トイレのつまり

トイレの排水管から水漏れが?

トイレの便器と床の接合部分や壁などから水が染み出すように溢れてくる場合、排水管が破損している可能性があります。
排水管が破損してしまうと、下水道に流れるはずの水が室内に漏れてしまうため、衛生的によくありません。
また、排水管が破損してしまうと水が建材を傷め、腐らせてしまうケースもあるのです。

今回は、トイレの排水管が破損してしまう原因と対処法をご紹介します。

排水管が破損する原因は?

・排水管の老朽化による破損
排水管や給水管は劣化により、サビやパイプの接合部分にゆがみが生じる場合があります。
こういった劣化の影響で、自然にひび割れなどの破損が起こり、水が漏れてしまうケースがあるのです。

このような経年劣化によって起こる排水管の破損は、防ぎようがありません。
水道管の耐用年数は素材にもよりますが、40年程となります。
そのため、設置から長い年月が経っている場合は自然と破損してしまうこともあるのです。
 
 
・トイレの詰まりによって排水管が破損する場合
トイレはさまざまな原因によって詰まりが発生する場所です。
トイレが詰まってしまうことで排水管に負荷がかかり、破損してしまうことがあります。
詰まりの原因としてもっとも多いトイレットペーパーなどの紙類による詰まりであれば、排水管に与えるダメージはそれほど高くありません。

しかし、女性の生理用ナプキンやおむつ類、ペットのトイレ砂などがトイレに流れ込んでしまうと吸水ポリマーが水を吸うため、排水管の内側から圧迫されてしまうことがあります。
この圧力で排水管が破損するケースや、接合部分がズレてしまって水漏れすることがあるのです。
 
 
・詰まりを解消しようとした結果排水管にダメージが加わることも
トイレを使用した際にポケットに入れたままになっていたスマホや鍵、財布などが便器に落ちてしまい、そのまま排水管の中で詰まることがあります。

ビジネスシーンであれば、胸のポケットに入れておいたボールペンや印鑑などの場合もあります。
こういった固形物がトイレに落ちてしまったとき、無理に取りそうとするのは危険です。
ラバーカップなどの使用により、かえって詰まりの原因である固形物が便器から奥の排水管に移動してしまうことがあるためです。

特に、鍵やボールペンなどの先が尖った物は排水管の内部に引っかかった状態で圧力がかかると、排水管を傷つけやすいためご注意ください。

排水管が破損したらどうなる?

排水管が破損した場合、漏れ出した水は床下に流れ出ることがほとんどです。
そのため、床と便器接合部分の隙間から徐々に染み出すケースや、壁から水が出ることもあります。

マンションやアパートの上階に住んでいた場合、自宅のトイレには何の影響も出なかったのに、階下の部屋に水が漏れてしまったことも考えられます。

階下の部屋で壁紙や家財、家電などに被害が出てしまった場合、損害賠償を請求されてしまうというケースもありますので、注意が必要です。

排水管の劣化によって漏水が起こった場合は火災保険の適用対象になる可能性がありますが、固形物の詰まりによる漏水の場合、保険の対象とならない場合もあるのです。

また、排水管が破損してしまうと、床下を通る排水管を取り出して交換するという大掛かりな工事が必要になります。
そのため、排水管の破損はご家庭で修理することはできません。
水漏れに気付いたときはそれ以上水が流れてしまわないように止水栓を閉め、すぐに業者を手配してください。

業者についての注意点ですが、排水管などの水道管を交換する工事はお住まいの地域の水道局指定工事店でのみ請け負えるものです。

水道管が傷ついているとハッキリわかっている場合、水道局の指定がない業者に依頼をしても対応ができないのでご注意ください。

排水管の交換にかかる費用はどのくらい?

排水管の交換工事を行う場合、材料費や施工費用に加え、交換した排水管1mにつき1万~2万円の費用がかかります。
そのため交換した排水管が長くなればなるほど、金額が加算されていくのです。
破損箇所が広いほど多額の出費になりますので、トイレの詰まりには注意が必要です。

トイレが詰まってしまったとき、確実に紙による詰まりだと判断できる場合は排水管が破損するほどのダメージはかかりません。

紙が原因であればご家庭で対処ができますが、もしも固形物が落ちたとわかっている場合や何が詰まっているかわからないという場合は、無理に対処しようとするより業者を頼った方が結果的に安く済むこともあります。

トイレのトラブルは専門業者へ

トイレの詰まり、タンクや水道管からの水漏れなど、トラブルの際はきょうと水道職人にお任せください。
きょうと水道職人は、トイレのほかにもキッチンやお風呂場など、水回りのトラブルに対処する水道局指定工事店です。

福知山市、京田辺市、木津川市、宇治田原町、宮津市、南丹市、綾部市などさまざまなエリアに出張し、トラブルを解決いたします。
お困りの際は、ぜひきょうと水道職人にご相談ください。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

きょうと水道職人 0120-492-315

きょうと水道職人 0120-492-315