水のコラム

洗面台の汚れは自力で掃除できる!水垢・黒ずみをピカピカにしよう!

2021年10月30日  洗面所のメンテナンス

毎日家族が利用する洗面台は汚れがたまりやすく、気が付いたときには水垢や黒ずみ汚れが蓄積しています。

汚れが軽い場合は中性洗剤やスポンジなどで簡単に掃除できますが、汚れがひどくなると自力で掃除することをあきらめてしまう人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、洗面台を自力で掃除する方法について紹介します。

洗面台の汚れの原因

洗面台に白っぽいうろこ状の汚れがついたり、黒ずみなどが発生してしまう原因は一体何でしょう。

・黒ずみ
洗面ボウルや蛇口のフチに黒カビが発生し、洗面台が黒ずんでしまうこともありますが、ほかにもホコリが蓄積して黒ずみ汚れになる場合もあります。

また、手垢が洗面台につくことで汚れがたまり、黒ずんでしまうこともあれば、石鹸や洗剤を使用した際に水垢に汚れが付着し、さらに頑固な汚れとなって黒ずむこともあります。

水道水にはカルシウムやシリカなどの成分が含まれており、水分が蒸発した際に残った成分が黒ずみとなる場合もあります。
 
 
・水垢
水道水にはカルシウムやマグネシウム、ケイ素などのミネラルが含まれており、洗面台に残った水分が蒸発するとミネラルが空気中の二酸化炭素や酸素に反応し、白いうろこ状のかたまりを作り水垢が発生します。
 
 
・ピンクヌメリ
排水口周辺や蛇口周辺にピンク色の汚れを見かけた場合、ピンクヌメリが発生しています。
ピンクヌメリは赤カビとも呼ばれますが、実際はロドトルラという酵母菌です。

水気を大変好む性質のため、水分が残りやすい箇所に発生しやすいのが特徴です。
繁殖スピードがとても速いですが、メラミンスポンジなどで簡単に落とすことができます。

ただし、放置したままにしておくと黒カビの原因になる可能性があるため、早めの対処が必要です。

最初はメラミンスポンジで掃除してみよう

汚れがそれほどひどくない場合は、メラミンスポンジを使用して掃除します。
メラミンスポンジを水に含ませ、軽く絞った状態で汚れた部分にあて、こすり洗いします。
汚れが落ちたら水で洗い流し、乾いたぞうきんでふき取ったら完了です。

メラミンスポンジは樹脂を泡状に発泡させて作っているため、内部に細かな網状の空洞ができており、網目が汚れを削り取る仕組みになっています。

水だけで汚れを落とすことができますが、その性質上、洗面台の素材を傷つける可能性もあるので、利用する前にメラミンスポンジを使用できるかどうか確認しておきましょう。

洗面台の汚れがひどい場合の掃除方法

洗面台の汚れが目立ってきたら、以下のアイテムで掃除をしてみましょう。

・クエン酸
水垢や石鹸カスはアルカリ性のため、汚れを中和する酸性のクエン酸を使用して掃除してみましょう。
スプレーボトルに水200ml、クエン酸小さじ1を入れてよく混ぜ合わせます。

黒ずんだ箇所や水垢にクエン酸スプレーを吹きかけ、しばらくそのまま放置します。
メラミンスポンジなどで汚れをこすり落とし、最後に水洗いして乾いたぞうきんでふき取れば完了です。
クエン酸は酸性のため、塩素系漂白剤と同時に利用しないよう注意が必要です。
 
 
・中性洗剤・クリームクレンザー
まずメラミンスポンジで汚れをこすり洗いします。
スポンジに中性洗剤をつけ、落ちない汚れ部分をこすり洗いします。

中性洗剤を使用しても汚れが落ちない場合は、クリームクレンザーをぞうきんにつけ、汚れのひどい場所をこすり洗いします。
円を描くようにクルクルと回しながらこすり洗いすると、少しずつ汚れを削り落とせます。
最後に水で洗い流し、乾いたぞうきんでふき取れば完了です。
 
 
・塩素系漂白剤
黒ずみがひどい場合は、塩素系漂白剤を使用して汚れを落としましょう。
液体状や泡状のものがありますが、泡タイプのほうが汚れを包み込んでくれるため、簡単に掃除できます。

洗面ボウルや蛇口の黒ずみ部分に塩素系漂白剤を直接吹きかけ、そのまま10分以上放置します。
汚れの度合いによっては、30分以上放置してください。

汚れが落ちていない場合は不要な歯ブラシなどでこすり洗いし、汚れを落とします。
最後に水で洗い流し、乾いたぞうきんで拭き取れば完了です。

黒ずみがひどくて簡単に落ちない場合は、最初に洗面ボウル全体を乾いたぞうきんで拭いて水気を取り、塩素系漂白剤を吹きかけます。
キッチンペーパーを貼り付け、そのうえからさらにラップを貼り付けて1時間ほど放置してから掃除してみてください。

こびりついた洗面台の汚れは専門業者へ相談を

洗面所の汚れは上記で紹介した方法でキレイにすることも可能ですが、あまりにも汚れがひどい場合は、プロの業者に依頼したほうが良いでしょう。

きょうと水道職人は京都市をはじめ、福知山市や舞鶴市、亀岡市、長岡京市、城陽市など、京都府全般で水回りのサポートを行っているプロの水道修理業者です。

24時間受付が可能のため、深夜の水回りのトラブルにも対応が可能です。
水回りのことでお困りなら、お気軽にきょうと水道職人にお問い合わせください。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

きょうと水道職人 0120-492-315

きょうと水道職人 0120-492-315