水のコラム

床の水漏れはすぐに対処しよう!

2021年10月30日  水漏れトラブル

床の水漏れにはさまざまな原因がありますが、放っておくと二次被害が発生してしまいます。
ですから、早急に原因を見つけ、対処をしなければなりません。

マンションなどの集合住宅の場合、階下の部屋など、近所に迷惑をかけてしまうと大変なことになってしまいます。

水漏れしている箇所はどこ?

床の水漏れの原因は、大きく分けて3つあります。
給水部分である蛇口のトラブルと、排水管などの詰まりによるもの、さらには雨漏りといったところです。

雨漏りの場合、自分で対処することは難しいので、すぐに専門の業者に依頼することになりますが、火災保険が適用されることもあるので、費用をかけずに修理をすることも可能です。

まずは、どこから水漏れが起きているのか、その場所を探し、どういった対処が必要なのかを考えることになります。
小さな水漏れであっても、放っておくと室内の湿度が上がり、カビやダニ、雑菌などが繁殖しやすくなりますし、フローリングの床材が腐ってしまうこともあります。

床材が腐ってしまうと張り替えも必要になってくるので、水漏れの対処に加えてフローリングの修復費用が必要になることもあるでしょう。
湿度が高くなると、シロアリのリスクも高まりますし、水漏れ箇所で漏電が発生してしまうと、より危険な状態となってしまいます。

コンクリート床の場合、水を通さないイメージがありますが、まったく通さないわけではなく、水漏れの原因箇所とは異なる場所から水漏れが発生することがあるので、原因の究明が難しい場合もあります。

蛇口から水漏れが起きていたら

蛇口の水漏れの場合は、どこから水漏れが起きているのか目視することができるので、簡単に見つけられる場合も多いです。
蛇口も使用していると劣化が進んでくるので、蛇口自体に問題がある場合は、交換も必要になります。
一般的には、蛇口の部品同士の接続箇所から漏れていることが多いので、接続箇所を確認しましょう。

多くの場合、パッキンの劣化によって、そこから水が漏れてきます。
パッキンはゴム製なので、寿命は10年ほどですから、劣化してくると硬くなって割れたり、ひびが入ったりして密閉できなくなってしまいます。
この場合は、パッキンを交換すれば、水漏れが解消されます。

パッキンが正常であっても、水が漏れている場合がありますが、その場合は、部品同士の接続がしっかり行われていないことが原因です。
部品の取り付けにナットが使用されているので、このナットを閉め直せば水漏れは収まります。

金属製の部品なので、そう簡単に緩むことはありませんが、水道にはかなりの水圧がかかっているので、年数が経つと緩んでくることもあるのです。

排水管の詰まりが原因の場合

対処が少し厄介なのが、排水管の詰まりによる水漏れです。
詰まっている箇所から水が漏れているのであれば、当然ながら原因箇所はすぐに特定できます。

しかし、例えばシンク下の床で水漏れが起きている場合、シンク下の排水トラップ、排水ホースあたりが原因であることが考えられますが、さらにそれより先が原因の場合もあるのです。

一般的に水漏れが発生している場合、キッチンや洗面所、また、トイレやお風呂場といったように場所は限定されやすいので、その周辺を調べてみましょう。

詰まりが原因であれば、水漏れはその周辺のつなぎ目で起こっていることが多いので、つなぎ目を確認してみてください。
水が漏れているつなぎ目が見つかれば、その先で詰まりが発生していることになります。

シンク下や洗面所の下であれば、排水トラップや排水ホースなどを確認し、そこが詰まっているのであれば、自分で対処が可能になります。

簡単に取り除ける異物やごみであれば取り除いて清掃しておきましょう。
詰まりの発生している場所によってはラバーカップを使用することもできますが、重曹とお酢で汚れを浮かしたり、市販のパイプクリーナーで汚れを溶かして詰まりを解消できることもあります。

自分でできない場所はどうする?

詰まっている場所が分かったとしても、手の届かない場所で、ラバーカップやパイプクリーナーで対処できない場合は、自分ではどうすることもできません。
場合によっては、床を剥がせば対処ができることもありますが、専門的な知識や技術がなければ、なかなか対処できないでしょう。

高圧洗浄機を使用するという方法もありますが、そのためだけに準備するのもどうかと思います。
実際に機器と専用のノズルを購入する場合、業者に修理を依頼する方が費用は安くつくことも多いのです。

ですから、無理せずできるところは自分で対処を行い、無理そうだと思ったら、すぐに業者に連絡して対処をお願いしましょう。
状況が悪くなってからの修理や自分で無理をした後の修理だと、費用もより高額になってしまうこともあります。

専門業者ならすぐに対処が可能

水回りの専門業者であれば、水漏れの状況を見るだけで、トラブル箇所の予想がつくため、原因の究明も対処も早いです。
さらに年中無休で24時間受付を行っているところも多いです。

きょうと水道職人は舞鶴市、城陽市、八幡市、向日市、綾部市、南丹市、宮津市など京都府で水回りのトラブル対応を行っている業者です。
深夜も受付を行っているので素早い対処が可能です。
水回りでお困りのさいは、きょうと水道職人にご相談ください。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

きょうと水道職人 0120-492-315

きょうと水道職人 0120-492-315