水のコラム

気温以外の要素も関係あり?水道管が凍結しやすい条件について知ろう!

2021年12月05日  水道管の凍結

寒い地域にお住まいの方なら、水道管が凍結することがあることはご存じかもしれません。しかし、暖かい地域でも、急激に寒波が襲って水道管が凍結し破裂してしまうケースも少なくありません。

実は、水道管は気温以外の原因でも凍結してしまうことがあるのです。凍結しやすい条件や凍結してしまったときの対処法を知っていれば、いざという時に役立ちます。そこで今回は、水道管が凍結してしまう条件と家庭で対処できる方法についてお伝えします。

水道管が凍結しやすい条件について知ろう!

氷ができるのは0度なのは、知っている方も多いでしょう。気温で言うと、マイナス3度程度で水道管が凍結するリスクが高くなります。それよりも気温が下がると完全に凍結します。

しかし、水道管が凍結しやすいのは寒い地域だけのことではありません。実は、気温以外にもさまざまな条件が重なることで、普段は温暖な地域でも水道管が凍結してしまうことがあります。

ここでは水道管が凍結する条件についてみていきましょう。

■ 水道管や蛇口が屋外にある
水道管が外の壁を沿って設置している建物は、意外と多いです。外気に触れることで凍結しやすいリスクが高くなります。

また、影になりやすい場所や北風がよく当たる場所は気温以上に水道管が冷やされてしまうのです。扇風機や冷風にあたり続けると、体が冷えてしまうイメージがわかりやすいでしょうか。

また、標高が高い場所も凍結しやすいです。このような場所では、マイナス1~2度でも水道管の中に氷ができてそれによって水が冷やされ凍結します。

■積雪が続く場合
建物を覆うほどの積雪が続いた場合にも、水道管が凍結することがあります。これは、雪によって冷やされるだけではなく、日に当たらないためです。積雪は、時間が経つと氷のように固まりどんどん気温も下げます。

水道管を凍結させないための工夫

天気予報などから寒波や積雪の予測ができる場合には、対策することで水道管が凍結することから回避させることができます。また、北風が当たりやすい常に日陰にある野外の水道管についても凍結させない工夫を生かすと良いでしょう。

■水を出し続ける
この方法は、最も基本となる水道管凍結防止対策です。寒い地域では、一般的に行われているほどです。水道管に一定の水が流れていることで、凍結しないのです。流れのある川が凍らないのと同じ原理になります。

水を出し続ける量は、鉛筆の芯ほどの太さを目安にしてください。それより少ないと蛇口に氷が付きやすくなり、凍結を誘発しかねません。冷え込みが厳しくなると予測できる夜間に行うと安心です。

■水道管の水抜きをする
水抜きの方法には大きく2種類あります。電動式とハンドル式です。この方式は、住んでいる地域や建物によって異なります。

電動水抜き栓は、キッチンや洗面所などの水回りに操作パネルボタンを押すだけで水道管の水抜きができます。寒い地域や水道管の凍結が予想される地域の新築のマンションなどには、設置されていることが多いです。

ハンドル式の水抜き方法は大きく分けて2つあります。水抜き栓を閉める方法と水道の蛇口を開閉して、水を出す方法です。

それでも水道管が凍結してしまったら?

水道管を凍結させないために対策を行っても、水道管が凍結してしまうことがあります。ここで注意したいのが、対処方法を間違えると水道管が破裂する可能性があることです。対処方法を知って、最悪な事態を回避しましょう。

■力任せに蛇口はひねらない
水道管が凍結して水が出ないと分かっても、力任せに蛇口をひねってはいけません。水道の蛇口にはパッキンというゴムでできた部品があります。無理やりひねると破損してしまう危険があるのです。ゴムパッキンは、破損してしまうと水漏れの原因となるため凍結した状態で蛇口をひねるのは避けましょう。

■熱湯ではなくぬるま湯をつかって氷を溶かす
「水道管や蛇口が凍結した場合にはお湯をかけましょう。」というネットの情報が多いです。氷を溶かすために熱湯の方が良いだろうと、水道管に熱湯をかけると温度差が激しく金属やパイプ破損・破裂する恐れがあります。熱湯ではなく、50度ほどのぬるま湯を使います。

また、直接水道管や蛇口にかけるのではなく、タオルなどで覆った上から少しずつ氷を解かすことがポイントです。

■カイロを使って氷を溶かす
凍結部分をピンポイントで溶かしたい場合には、カイロを使うと効果的です。温度が高くならならないように、タオルなどの布を間に入れ込むことで、水道管の破損の予防になります。場所によって、日中に日が当たる場合や水道をすぐに使用しない場合には、日中気温があがるまで待つのも方法です。

水道管や蛇口が凍結しても焦らず適切に対応することが大切

水道管や蛇口が凍結してしまうと、多くの方は焦って適切な対応ができない場合がほとんどです。凍結させないのも大切ですが、凍結してしまったら適切な対応を取り、水道管を破裂させないようにしましょう。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

きょうと水道職人 0120-492-315

きょうと水道職人 0120-492-315