水のコラム

排水栓とは?その仕組みと清掃や交換手順についても解説

2022年11月30日  水回り

排水栓には汚れが蓄積されやすいので流れが悪くなりがちです。時間がたつとパーツも老朽化するので、新しく購入したものに取り替えたいと考えている人も多いでしょう。

洗面所の排水栓には2つのタイプがあり、それぞれに適した手法でおこないます。
そこで、今回は洗面所の排水栓の仕組みや清掃方法、排水栓の取り替え方法についても解説します。

排水栓の仕組み

洗面所の排水栓を取り替える前に、その仕組みについて知っておくことは大事です。排水栓の成り立ちとつくりを把握することで、どのようなパーツがあり、どのような構造になっているのかを知れるでしょう。そこで、排水栓の仕組みをご説明します。

排水栓のタイプ
排水栓には、2つのタイプがあります。ゴム栓スタイルの排水栓とポップアップスタイル排水栓です。以下、それぞれ解説していきます。

まず、ゴム栓スタイルの排水栓です。ゴム栓スタイルの排水栓は、名称どおり鎖の付いたゴム栓で封をするタイプの排水栓となります。排水管本体は、パッキンというリングや締めつけるためのナットネジでひとつに連なっている仕組みです。洗面台の下部にあるナットネジを緩めることで、栓を引き離すことが可能です。

次に、ポップアップスタイル排水栓は、カランに付属するレバー部分を動かすことで水を止められるニュータイプの水栓です。水を止めるためのフタの下部には、網目式のヘアキャッチャーがあるので、毛髪や細かなゴミ汚れを捕らえられます。

排水栓の構造
ポップアップスタイル排水栓は、洗面台下部から直線的に伸びる排水栓の横側から、ワイヤーが伸びている仕組みになっています。ワイヤーはカランの側にあるレバーと通じており、関連して動きます。

レバー部分を押したり引いたりして、ワイヤーを通じて水を止めるための栓を開閉できるのです。よってゴム栓スタイルの排水栓のように、手動で排水口に栓をはめる必要がありません。

排水栓の清掃方法

ポップアップスタイル排水栓は、栓の裏面にゴミ汚れが蓄積しやすいです。くわえて、網目タイプのヘアキャッチャーには毛髪もたまるので、こまめに清掃をしてきれいにしておきましょう。そこで、以下清掃手順をご紹介します。

・水栓上部の栓を引き抜く
・栓を歯ブラシでこすり洗いする
・排水口内部にたまった毛髪を取り除く
・排水口付近のゴミ汚れを、スポンジや歯ブラシでこすり洗いする
・汚れをすすぎ洗いして流す
・上部の栓を排水口にはめる

栓をはめるときは、洗面台の排水栓の中央部にある突起に、確実にはめましょう。もしななめにはまっていると、レバー部分を動かしたときにスムーズに閉まらないことがあるのです。したがって、ピタッと音がするまで奥深くはめるようにしましょう。

交換する際の排水栓の選び方

洗面台の排水栓を取り替えるときは、ご自宅の洗面台の規格に合う種類の製品を選ぶことがポイントです。というのも、適してないものを選ぶと取りつけができないためです。そこで、以下に取り替える排水栓の選び方を説明します。

排水栓サイズを確認
排水口の穴のサイズを事前にチェックしてから、同じサイズの製品を選びましょう。取り替え前に使用していたものと同じ製品メーカー、あるいは同タイプの製品を選ぶほうが、大きさやタイプが合わなくなる不安がないのです。

したがって、事前に穴の直径を測っておきましょう。排水栓は、オンラインショップやホームセンターで購入できます。

ただし、ゴム栓スタイルの排水栓からポップアップスタイルの排水栓に取り替えるときには、洗面台下部にある排水専用のパイプ取り替えも必要です。ゴム栓スタイルの排水栓は、排水口から直線的にパイプが伸びています。

一方、ポップアップスタイルの排水栓のケースでは、パイプからレバー部分とつながっているパイプが突き出ているのです。したがって、排水専用のパイプも同時に取り替えましょう。

取り付け対応可能か確認
洗面台によっては、仕様のちがう排水栓の取り付けに対応していないことがあります。ゴム栓スタイルのケースでは、穴サイズさえ間違わなければ取り付けできますが、ポップアップスタイル排水栓のケースでは、洗面台やカランが対応していないと取り付けできません。

よって、ゴム栓スタイル排水栓からポップアップスタイル排水栓に取り替えるときは、あらかじめ洗面台が仕様対応しているのか排水栓についてリサーチしておきましょう。

排水栓の交換手順

昨今の住宅に多くあるポップアップスタイル排水栓は、毛髪やゴミを捕まえるなどの便利機能をもっています。ただし、それだけこまめに清掃してきれいに維持しなければ、毛髪や異物がつまって水の流れが悪くなるのです。

くわえて、パーツが老朽化してくると、栓を閉めても水が漏れ流れることがあります。経年により傷んできたときは、新品のものと取り替えましょう。以下では、ポップアップスタイル排水栓の交換方法について解説します。

ポップアップスタイル排水栓は、排水専用のパイプだけでなくカラン周辺についているワイヤーとレバー部分も外さなければなりません。レバー部分を取り外すためにはカランを取り外す必要があります。カランはかなり固く手で直接外すのが難しいので、モンキーレンチを使って外しましょう。

また、作業する前には、水があふれることを防止するために止水栓を停止しておきます。止水栓はネジをひねって締めるタイプがあるので、ドライバーも準備しておくことをおすすめします。道具が準備できたら、作業がスタートできます。

ここからはポップアップスタイル排水栓の交換方法を解説します。

・水があふれないよう止水栓を閉める
・排水栓の直下で、レバー部分とつながっているワイヤーのジョイント金具を取り外す
・洗面台下部についているナットネジをゆるめて外す
・カラン本体をひねって取り外す
・カランの下部から出ているワイヤーを、右回りにひねって取り外す
・新品のポップアップスタイルの水栓を洗面台に設置する
・新しいワイヤーをカランに差し込む
・ワイヤー先端部分についている金属パーツを、ホップアップ型水栓のジョイント部分に装着する

取り替え作業が終了したら、一旦レバー部分を押したり引いたりして、排水栓のフタが開閉するかをチェックしてみましょう。問題なく動作すれば、作業は終了です。

取り替えても水漏れをするときは、栓のすぐ真下にシルバー色のリングがついているかを確認しましょう。もしシルバーのリングが確認できなければ、再度分解して、シルバーのリングが洗面台の表面上に見えるよう取り付けます。

それでも水漏れするときは、専門業者に依頼することをおすすめします。

お風呂の排水栓はワンプッシュ式もある
ここまで、洗面所の排水栓について解説してきました。排水栓はお風呂にもあり、昨今その方式はワンプッシュ式のものが多いです。

その仕組みは浴槽のヘリ部分に排水ボタンが設置されており、そのボタンを押すことで浴槽の底部にある栓から排水されるというものです。

操作がワンタッチで済むので、簡単です。ただ長期的に使っていると排水栓部分に髪の毛などの汚れが溜まってくるので、こまめに排水栓を外して裏側を清掃したり、排水栓についているパッキンもお湯漏れを防ぐために洗う必要があるでしょう。

また排水口箇所にも髪の毛やゴミ汚れがたまるので、綿棒や小型歯ブラシ、スポンジで清掃します。その後、排水栓をとった状態で排水口箇所に向けてシャワーで水を流しながら排水ボタンを10回ほど押して、排水口内部のシャフト(排水栓を押し上げるパーツ)が円滑に動作するまで繰り返します。

シャフトは上げておき、そのシャフトに排水栓をまっすぐはめて完了です。この習慣をつけておくと常に浴槽の排水をスムーズにしておくことができます。

まとめ

この記事では、排水栓の仕組みと清掃方法、交換の手順について解説してきました。洗面台の排水栓は2種類で、それぞれの適した手入れの仕方があります。

各排水栓の機能をしっかり把握して清掃することが大切です。ぜひご自宅にある排水栓の定期メンテナンスの参考にしてみてください。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

きょうと水道職人 0120-492-315

きょうと水道職人 0120-492-315